公開日:2016/5/12

最終更新日:2019/3/1

チワワのお迎えや購入方法って?!里親?ブリーダー?

    世界一小さいメキシコ原産の“チワワ”

    メキシコにある「チワワ」という町名から名づけられた犬種“チワワ”。とっても小さくてかわいいワンちゃんでもあることから、老若男女問わず人気ですよね。

    そんなチワワを飼いたい!お迎えしたい!となった時、どこで購入しようとお考えですか。気軽に見に行けるペットショップ?引き取り手を探している里親から?プロから直接購入ができるブリーダー?色々な手段がありますよね。

    でも、そのなかで自分にベストな子と出会うにはどうしたらいいのか悩みもの…今回はそんな購入先のメリットとデメリットをご紹介します!

     

    どこでお迎えしよう?

    「チワワを家族の一員にしたい!」あなたへ

    photo by kenichi nobusue

    かわいいチワワと出会うには、またお迎えするにはどんな場所で探しますか。探し方はそれぞれ色々な方法がありますが、ワンちゃんの入手方法は下記のような場所があります。


    【チワワをお迎えできる場所】
    ・里親、愛護団体
    ・ペットショップ
    ・ブリーダー
    など…


    もっともポピュラーなお迎え方法がこの3つに分けられます。

    購入先のメリットとデメリット

    自分に合った場所を選ぼう!

    チワワをお迎えするにあたり、それぞれの購入場所のメリットとデメリットをご紹介します。

    ●ペットショップ
    多くの種類の動物たちを仕入れ、販売している店舗。比較的身近な存在でもあるため、敷居が低い。

    【メリット】
    ・直接目にすることができ、触ることもできる
    ・どんな犬種がいるのか見てから検討できる
    ・店舗によっては、購入時にペット保険の加入ができる
    ・ペット用品やグッズを合わせて購入することができる

    【デメリット】
    ・価格は店舗ごとによって異なる
    ・血統書(親の情報)が見られる店舗が少ない
    ・しつけがされていないため、人慣れしていない場合もある
    ・健全性を考慮していない繁殖場で仕入れをしていることもある
    ・不衛生な店舗の場合、感染症や病気を患っている可能性がある
    ・知識不足の販売員の接客を受けることもある


    ●里親
    何らかの事情により、飼い主さんが飼えなくなったワンちゃんを新たな飼い主さんが引き取ること。
    また個人を始め、民間の動物愛護団体や動物愛護センター、保健所などで保護されていることも多い。

    【メリット】
    ・行き場のないワンちゃんを助けられる
    ・費用があまり発生しない(予防方法や避妊・去勢代金のみの場合などもある)
    ・ワンちゃんの様子や性格など詳しく話しを伺うことができるので、飼育環境を整えやすい

    【デメリット】
    ・人に対し、警戒心や不信感を抱いている場合がある
    ・持病やケガを患っている場合がある
    ・すでに成長している子も多いため、小さい子犬から育てることができない


    近年、インターネット上で里親を募集しているサイトも増えてきています。
    『ペットの命』犬猫ペット里親募集情報では、毎日のように情報を掲載しているので、ご興味のある方はこちらも1つの手段として検討してみてはいかがでしょうか。


    ●ブリーダー
    ワンちゃんを繁殖しているブリーダーさんから直接購入ができる。すでに飼いたい犬種や性別、予算などが明確な人にはオススメ。

    【メリット】
    ・ペットショップより安価で購入することができる(ブリーダーさんが直接金額を決めるため)
    ・直接ブリーダーさんに交渉することができる
    ・どのような環境下で育ったのか確認することができる
    ・血統書の良い子犬を選ぶことができる
    ・ある程度の人慣れや社会性を身に着けた子犬が多い
    ・ペットショップでは取り扱っていない犬種をお迎えできる
    ・知識豊富なブリーダーさんによるきめ細かなサービスや相談が受けられる

    【デメリット】
    ・ドッグショーなどで賞を取った親の子犬は高額
    ・自分に合ったよいブリーダーさんを探すのが難しい
    ・欲しい犬種を扱うブリーダーさんが県外の場合がある
    ・出会える場所がペットショップより少ない
    ・販売に関する条件が多いブリーダーさんもいるため、場合によっては購入を断られることもある
    ・原則一括購入をしないといけない場合が多い(分割支払いは不可など)


    どの購入方法でも、必ずメリットとデメリットはつきものです。それぞれの購入先についてよく調べ、検討した上でフィーリングの合ったワンちゃんを飼うのがベストといえるでしょう。

    1 2

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる