愛犬マルチーズと沢山コミュニケーションをとって関係性を深めよう!

大好きで大切な気持ちを伝えよう!


photo by kitty.green66

子犬の頃、マルチーズのワンちゃんがどのように過ごしてきたかにより、成犬になってからの性格や行動に大きな違いが出るといわれています。

生後3ヶ月頃までにしつけを覚えさせることはとても大切ですが、日頃飼い主とどのように過ごしてきたのか、どのように愛情を注がれてきたかによっても変化が現れます。

愛情をたっぷり注がれたワンちゃんは、聞き分けが良く表情もとても穏やかな顔をしています。しかし、愛情を注がれず放置されていたワンちゃんは問題行動ばかり起こし、表情も強張ってしまいます。

ワンちゃんも私たち人間と同じで心を持っています。たくさんの愛情を伝えることで、ワンちゃんからもたくさんの愛情を受け取ることができるのです。

今回は、ワンちゃんとの上手なコミュニケーションの取り方について詳しく見ていきたいと思います。

マルチーズのワンちゃんとのコミュニケーションの取り方

たくさん話し掛けてあげて


photo by tiarescott

ワンちゃんは人が話す単語を覚えます。自分の名前はもちろんのこと、飼い主の呼び名やお散歩、おすわり、まてなどの単語も覚えていきます。

これらの単語を覚えさせるのに1番効果的なのは、ワンちゃんによく話し掛けることです。覚えさせたい単語を声に出してあげることで、ワンちゃんも自然と覚えていきます。またワンちゃんはたくさん話し掛けられ、遊んでもらうと表情が豊かになりますし、情緒が安定した子に育っていきます。

たとえ飼い主が何を話しているのかわからなくても、なんとなく言っていることは声のトーンや顔の表情などを見て理解することができます。そして話し掛けてあげることでワンちゃんの心の安定にも繋がりますので、たくさん話し掛けてあげてくださいね。

たくさん褒めてあげよう

マルチーズのワンちゃんは、私たち人間のように言葉に出してコミュニケーションを取ることができません。そのためどんなに一生懸命説明しても「ん?何を言っているのだろう…?」と理解できません。何が良いことで、何が悪いことなのかを教えるためには、明確に分かりやすく説明する必要があるのです。

マルチーズのワンちゃんは、とにかく飼い主のことが大好きです。また、楽しいことが大好きな犬種でもあります。そのため、飼い主が満面の笑みで喜んでくれた時のことは鮮明に覚えています。

例えば飼い主が「おすわり」や「まて」と言った際、その指示にきちんと従った時や、「持ってきて」と言われたものを持ってきた時など、日頃何気なくしている行動をたくさん喜んであげると、ワンちゃん自身も嬉しくなって飼い主の望むことをもっとしてあげようと思うようになるのです。

ワンちゃんは飼い主の喜ぶ顔、そして嬉しいことを覚えることが大好きな動物です。何気ない生活の中でたくさんの嬉しい瞬間を見つけてあげることがとても大切です。

お散歩でもコミュニケーションを取ろう

日本でのお散歩に対する意識は、ワンちゃんのうんちやおしっこをさせる為や運動不足の解消といった目的でされている方が多いですが、ペット先進国のヨーロッパではお散歩に対する意識が違います。

ヨーロッパでは、お散歩時に名前を呼びながら話し掛けたり、おやつをあげたりしてコミュニケーションを取るそうです。そうすることでワンちゃんにとっての楽しいアクティビティにもなるからです。

ワンちゃんとのお散歩は業務的にするのではなく、声を掛けながら楽しくお散歩をすることがとても大切です。

撫でたり抱っこしたりしてスキンシップを取ろう

ワンちゃんは飼い主やその家族、信頼できる人から撫でてもらったり、抱っこされたりするのが大好きです。心が落ち着き安らぎを覚えることはもちろんのこと、血圧や心拍数も落ち着くといわれています。また、私たち人間もワンちゃんに触れることで癒しを得られますし、血圧や心拍数も安定すると証明されています。

近年では「セラピードッグ」と呼ばれるワンちゃんたちが活躍しています。セラピードッグとは、高齢者や障がいのある方、病気の治療を必要とする人たちの心身の機能回復を補助する活動をしています。
ワンちゃんとふれあうことで記憶を取り戻したり、動かなかった手足が動くようになったりと効果が期待されているのです。

ワンちゃんとふれあうことはワンちゃんにも、そして私たち人間にも相乗効果が期待できるのです。

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。