マルチーズを留守番上手にするには?しつけ方法や準備をご紹介

1.マルチーズを留守番上手にするには

お利口に待っていてほしい


photo by kitty.green66

仕事や出張、旅行など様々な事情によりマルチーズを留守番させることがあるでしょう。

しかし、マルチーズは甘えん坊で遊び好きな性格をしているため、飼い主と離れ離れになってしまう留守番が苦手です。さらに、ワンちゃんは元々群れで生活していた動物で、孤独な状況には慣れていません。

そのため、マルチーズに留守番させるのであれば事前にしつけを済ませておきましょう。

マルチーズの生活環境を見直そう

留守番をさせる前に、まずは愛犬の生活環境を見直してみましょう。

例えば、マルチーズは体が小さいから運動や散歩をしない、仕事で忙しいから触れ合う時間が少ないなど、マルチーズにとって良いとはいえない状況になっていませんか?

十分な運動量も与えられない、飼い主があまり構ってくれないなど不満だらけの環境におかれ、さらには1人で大人しく待っていなさいと要求するのは酷な話です。

飼い主の都合で留守番させるわけですから、最低限マルチーズが快適に過ごせる生活環境を作ってあげましょう。

マルチーズの留守番を成功させるコツ

マルチーズの留守番を成功させるには、行動ニーズを理解して満たしてあげることが大切です。行動ニーズとはワンちゃんの欲求行動のことで、人間でいうところの「食欲」や「睡眠欲」などと同じです。

そんなワンちゃんの行動ニーズは、大きく分けて3つあります。

①常に動き回る事のできる空間的自由
②探索行動の欲求(噛む、嗅ぐなどのワンちゃん本来のしぐさ)
③社会的刺激

上記3つは、散歩で満たすことができます。運動量はさほど多くないマルチーズですが、行動ニーズを満たすためにも毎日散歩へ行きましょう。ただし、足腰が強くないマルチーズに長時間の散歩はNGです。15~20分程度にとどめましょう。

散歩で3つの行動ニーズを満たしてあげると、「破壊行動」や「吠え」など留守番中に起こる問題行動を防止できます。愛犬を留守番上手にするには欠かせないポイントです。

2.マルチーズを留守番上手にさせるスキンシップの取り方

過度なスキンシップは留守番の妨げになる

愛犬が可愛いからと、ついつい構いすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、構いすぎるとマルチーズが「分離不安」を起こす恐れがあります。

分離不安とは飼い主への依存性が高いために、ひとりぼっちになると極度のパニック症状を引き起こす心の病です。

分離不安になっている子は飼い主と離れた瞬間から大きな不安を抱え、破壊行動や不適切な場所での排泄、自傷行為などを起こします。留守番させる上では大きな障害となってしまうため、日頃からスキンシップの取り方には注意しましょう。

適度な距離感を意識しよう

マルチーズを留守番上手にさせるためには、適度な距離感が大切です。例えば、同じ家にいても飼い主とマルチーズが1人になれる時間を作る、過剰に構わないなどが挙げられます。

また、子犬の頃から短い留守番を経験させることも大事です。留守番の経験を積み重ねることによって、たとえ1人で放置されたとしても飼い主は必ず帰ってくると理解してくれます。

具体的なスキンシップの取り方については下記リンクをご参考ください。
愛犬マルチーズと沢山コミュニケーションをとって関係性を深めよう!

3.マルチーズを実際に留守番させてみよう

留守番の準備をしよう


photo by Rich Moffitt

まずは、マルチーズの居場所となるサークルやケージに慣れてもらいましょう。そして、サークルやケージ内にベッドやトイレ、おもちゃ、水などを用意して、居心地のいい場所となるように整えます。

また、これから飼い主が外出するということをマルチーズに悟られないよう、淡々と用意をして何食わぬ顔で家から出ましょう。「バイバイ」「行ってくるね」などと声をかけてしまうとマルチーズの不安を煽りますし、留守番が始まる合図にもなります。そのため、無言かつ目を合わせないようにして外出してください。

もし愛犬が後ろをついてくる場合は、おやつやおもちゃを与えて夢中になっている隙に外へ出ましょう。

留守番のしつけ方法

最初はサークルやケージに入る練習から始めます。

このとき、無理やりケージやサークルに押し込めると嫌なイメージが付いてしまうため、マルチーズが好きなおもちゃやおやつを入れて自分から入るように仕向けましょう。そして、「ケージやサークルは自分にとっていい場所だ」と学習してもらいます。

次に、飼い主がいない状況に慣れる練習をします。最初は、マルチーズがいる部屋のドアを閉めて即座に戻るということを繰り返しましょう。何度も繰り返していくうちに、飼い主はいなくなっても必ず戻ってくると覚え始めます。

徐々に飼い主がいなくなる時間を伸ばしていき、最終的に長時間1人で留守番できるようになれば完了です。

留守番中のイタズラは叱らないで

もし留守中に部屋を荒らされていたとしても、マルチーズを叱るのは控えましょう。

なぜなら、イタズラをした後に叱っても、マルチーズは何に対して叱られているか理解できないからです。むしろ理不尽に怒られたと感じ、留守番がより嫌いになってしまう恐れがあります。そのため、部屋を荒らされていたとしても何もいわずに片付けましょう。

まとめ


photo by BWildered01

マルチーズを含め、ワンちゃんは留守番が苦手です。だからこそ、事前準備やしつけ、環境を万全にして少しでもストレスのない留守番をさせてあげましょう。もし留守番に失敗したとしても叱らずに、いいところを伸ばしてあげることが留守番上手への近道ですよ!

マルチーズの子犬をお探しの方には、ブリーダーナビがおすすめ!ブリーダーナビでは優良ブリーダーの元で誕生した子犬のみを掲載。抜群のルックスと性格の良さを兼ね備えた子が揃います。ご興味のある方は、下記リンクからチェックしてみてくださいね。

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。