マルチーズが食糞をしてしまう理由とは!?原因と対策について

あんなにかわいいのに…どうして!?


photo by Pezibear

マルチーズは飼い主のことが大好き!いつも一緒にいたいと思っています。そんなマルチーズの姿を見る度に癒されている飼い主も多いのではないでしょうか。

そんなマルチーズ、隅の方で何かを食べているようです。「あれ?さっきごはん食べたばかりなのに…」と近付いたらなんと!自分のうんちを食べていたのです!これにはビックリ!ショックを受けてしまった方も多いのではないでしょうか。

「あんなにかわいいのに…どうして?」と思うと同時に「なんとかしてこの行為を止めさせたい!」と思うことでしょう。

では、そもそもなぜうんちを食べるようになってしまったのでしょうか。その原因と止めさせる対策について一緒に見ていきましょう。

うんちを食べてしまう理由とは?

子犬と成犬で理由が違う!?

マルチーズがうんちを食べてしまう原因は、子犬と成犬で理由が違うようです。


●子犬の場合
子犬の頃は、見るもの全てが目新しいものばかりなので興味津々。そのため、うんちを見た時に「この変なニオイのものはなんだ?」と調べてみたいがために、口に入れてしまいます。よく人間の赤ちゃんも口の中に何でも入れたがりますよね。それと同じ行為です。

子犬の頃の食糞は、成長と共に改善するので神経質になることはありませんが、習慣化してしまうと成犬になってもその行為が続いてしまいます。そのため、適切な対応をする必要があります。


●成犬の場合
成犬の場合では、母犬かそうでないかで理由が異なってきます。
母犬の場合は、自身の子どものうんちを食べることがあります。これは、子どものうんちを食べることでその存在を消し、外敵から身を守るためにする行為です。子どもが成長するにつれてこの行為はなくなります。
母犬以外の犬の場合は下記のような原因が考えられます。

・ごはんの量が足りない
・ビタミン不足
・ストレス解消
・消化器形の異常
・認知症
・飼い主に叱られたくないために隠す行為
など

食糞をする代表的な問題と理由について

成犬がうんちを食べてしまう理由の中で特に多い「健康問題」「ごはん問題」「かまってほしい」「暇つぶし」の4つについて原因と対策をご紹介します。


●健康問題
毎日食べているドッグフードが体に合っていないのかもしれません。
体に合わないと消化不良を始め、食物アレルギーなどを起こしてしまう可能性があります。また、便の状態がよくない日が続いている場合は、体に何かしらの異常をきたしている場合がありますので、一度かかりつけの動物病院を受診していただくことをおすすめします。その際、食糞をしてしまう理由と合わせて相談をしましょう。


●ごはん問題
そもそもごはんの量が少なくてお腹を空かしている、または今のごはんに飽きてしまっている可能性があります。食事の量や回数を増やしてあげたり、別のドッグフードを与えてみたりして様子を見てみることをおすすめします。このとき、ドッグフードをヘルシータイプのものにして量を増やしてあげると、満足感を得られやすいので、一度試してみるのもよいかもしれません。


●かまってほしい
マルチーズはとても甘えん坊な性格をしているため、常に飼い主の目線を独り占めしたいと考えています。そのため、飼い主の気を引こうとしてうんちを食べたり、キャンキャンと鳴いたりすることがあります。
とにかくかまってほしい、飼い主からの愛情がほしいと訴えていますので、たくさんコミュニケーションを取ってあげてくださいね。


●暇つぶし
何もすることがなく、暇を持て余している時にふとうんちが目に付いて食べてしまうことがあるようです。マルチーズがうんちをしたら、すぐに後片づけをするようにしましょう。

食糞行為を止めさせたい!

大切な5つのポイント


photo by Rich Moffitt

具体的に食糞行動を改善したい場合はどうすればよいのでしょうか。


①愛犬がうんちをしたらすぐに片付けよう!
愛犬がうんちをするタイミングをよく観察し、うんちをしたらすぐに片付けるようにしましょう。そうすることで、食糞行為を防ぐことは十分可能です。


②ドッグフードを変えてみよう!
うんちを食べる理由は「僕は、このごはんが好きじゃありません」「私のお口に合わないわ!」と、このごはんは好きではないと無言の訴えを起こしている可能性があります。

またドッグフードの中には犬が消化吸収できない粗悪な商品もあり、食いつきをよくするため香料を多く含んでいるものもあります。そのため、うんちに消化吸収できなかった栄養や香料がそのまま出されるため、食糞をしてしまうことがあります。

これらの原因が懸念されますので、穀物の割合が少なく、主原料が質の良い動物性たんぱく質が含まれているものを選んであげしょう。またビタミンを豊富に含まれているドッグフードもおすすめです。


③ビタミン不足の場合はサプリメントを活用してみよう!
愛犬がビタミン不足(主にB・K)や消化酵素不足であれば、犬用のサプリメントを与えることで食糞が改善されることもあります。

消化器形や腸内環境が悪化していると、食糞を起こす原因にも繋がりますので、腸内環境を整えてくれる乳酸菌や植物酵素が含まれているサプリメントを与えてあげると効果的です。


④食糞防止アイテムを使ってみよう!
飼い主の気を引きたくてうんちを食べる行動をしているのであれば、食糞対策用のシロップが効果的です。
シロップにはうんちにかけるものから、ごはんにかけて食べさせるものまで様々な商品が販売されています。
これらは、うんちの味を変えることで「まずい」「これは食べるものではない」と認識させるために使うアイテムです。


⑤しつけを徹底づけよう!
うんちのニオイを嗅いだり、食べようとしたりした時すぐに「ダメ!」「いけません!」「NO!」と短い言葉で、そして大きな声で叱りましょう。そして、止めたら大げさに褒めてあげてうんちを素早く片付けましょう。そうすることで「これは食べてはいけない」「悪いこと」と認識してくれるようになります。


しつけは何度も繰り返しが大切です。根気が必要ですが、マルチーズは賢いワンちゃんですので何度も繰り返し覚えさせていきましょう。

まとめ


photo by Pezibear

あんなにかわいい顔しているのに、顔はうんちだらけで口臭もクサイ・・・そうなるとすごく悲しいですよね。うんちを食べる行為は癖になりやすいので、マルチーズがうんちをしたらすぐに片付けるようにしてください。
また、愛犬がなぜ食糞行為に走ってしまったのかその原因を考え、できる対策から1つひとつ試してみてくださいね。


ブリーダーナビではマルチーズの子犬を始め、人気犬種の子犬を多くご紹介しています。
「ワンちゃんをお迎えしたい」「安心のできる場所でワンちゃんを見つけたい」とお考えの方にはピッタリのサイトですので、ご興味のある方は下記のリンクからアクセスしてみてくださいね。

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。