トイプードルの健康と長生きの秘訣は食事にあった!必要な栄養素とは

犬ならではの栄養バランス


photo by Yasuhiko Ito

トイプードルを始め、犬に必要な栄養の摂取量は私たち人間が必要とする栄養の摂取量と異なります。例えば、犬とって必要なタンパク質は体重1kg当たりで人の約1.3~2.8倍といわれています。また、私たち人間には栄養が高い食べ物であっても、犬にとっては危険な食べ物も多くあります。そのため、どんな食材が犬にとって必要なのかをきちんと知ることが大切なのです。
今回は犬に必要な栄養素について詳しく解説していきたいと思います。

犬も人間も年齢問わず必要な栄養素

6大栄養素をバランスよく取ろう!

メスのトイプードル
photo by harvey117

基本、犬も人間も必要な栄養素は変わりません。また、年齢問わず6大栄養素をバランスよく摂取することが大切です。では、6大栄養素とはどんなものが挙げられるのでしょうか。

●炭水化物・糖質
体のエネルギーを供給してホルモンや脳神経の細胞膜をつくる糖質と、腸内環境を整える繊維質の2種類に分けられます。犬の場合、人間と違って炭水化物を食べなくても生きていくことはできるといわれています。

主な食材:
糖質では…穀物(米・小麦など)、イモ類など
繊維質では…野菜、豆類、海藻など


●タンパク質
主に体づくりや生命維持をする栄養素です。毛髪、皮膚、筋肉、臓器、血液など体の大部分はタンパク質でつくられています。

主な食材:肉類、魚介類、卵類、乳製品、大豆製品など


●脂質
体のエネルギー源として働きを持つほかに、体の中でつくることができない必須脂肪酸が含まれているので、体の細胞膜の成分やホルモン材料にもなっています。また、脂質は油脂に溶ける脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・Kなど)の吸収にも役立っています。

主な食材:
肉類、魚介類、油脂、乳製品など


●ビタミン
体内の代謝を調整する役割をする栄養素です。免疫力を高め、病気を防いでくれます。もしビタミンが不足してしまうと、健康にも大きな影響を及ぼします。

主な食材:
レバー、緑黄色野菜など


●ミネラル(無機質)
ミネラルはビタミンと同じで体の機能維持や調節に欠かせない役割を持つ栄養素です。骨や歯を作ったり、代謝を調整したりする機能を持っています。また、タンパク質と結合することで酸素になります。

主な食材:
肉類、魚介類、卵類、乳製品、ナッツ類など


●水分
私たち人間の体は成人男性で約60%、女性では約50%が水分だといわれています。犬の場合も成犬で約60~70%を水分が占めていますので、動物たちは体の半分以上は水で出来ているといえます。
犬は、体から約10%の水分が失われると死んでしまうため、いつでも新鮮な水を飲めるようにしておくことがとても大切です。

主な摂取方法:
飲み水、肉や野菜などの水分など

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。