唐川由香子ブリーダーインタビュー | 佐賀県佐賀市 | マルチーズ、トイプードル

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。今回は佐賀県佐賀市にお住いの「唐川由香子ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての心構えなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
唐川由香子ブリーダー
犬舎
佐賀県佐賀市
取扱犬種
マルチーズ、トイプードル

唐川由香子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

唐川由香子ブリーダーの子犬を探す !

    ただ繁殖させて販売するだけではなく、犬種の向上に力を入れています

    唐川ブリーダー(ナビ)2

    ―開業して30年で、佐賀市内で一番の老舗と担当者から伺っておりますが、この業界で働き始めたきっかけというのは何だったんでしょうか?

    唐川ブリーダー:小さいころにマルチーズをペットとして飼っていて、自分で耳掃除やブラッシングなど、できる限りのお世話をしていたのですが、ペットショップでトリミングをしてもらった時、「ワンちゃんを綺麗にお手入れできるトリマーさんってすごいな」と思うようになりました。

    ―トリマーという仕事に、憧れを持たれていたのですね!

    唐川ブリーダー:そうですね。しかし、当時はトリミングの専門学校が少なく、「トリマーって特別な人じゃないとできない仕事なんだな」と思い込んで別の仕事についていたんですが、たまたま私の母がいつも愛犬のトリミングをしてもらっていたペットショップのオーナーさんと知り合いで、そのペットショップの手伝いで修業させてもらえることになり、それまで勤めていた会社を辞め、そのオーナーさんのペットショップで何年かの修業を経て独立し、現在に至ります。

    ―学校ではなく、直接ショップで修業を開始とは、かなりハードですね!

    唐川ブリーダー:先ほども話しましたが、当時は専門学校が少なかったため、そうしてショップで修業してトリマーやブリーダーとして独立する人も多かったのです。私はショップがある佐賀に住んでいたので通いで修業していましたが、県外から住み込みで修業をしている人もいました。

    ―今でいう全寮制の動物専門学校みたいな感じだったんですね!

    唐川ブリーダー:そうですね。そのショップではトリミングなどの美容系のスキルはもちろん、出産や繁殖などの知識や技術も身に付けることができて、さらに様々な犬種を扱っていたこともあり、総合的にワンちゃんのことを学ぶことができました。あとは、オーナーさんがドッグショーの審査員の資格を持っていたおかげで、ドッグショーについても知識を深めることができました。

    ―本当に様々なことを学ばれていたんですね!では、ブリーダーとして活動していく上でコンセプトにしている部分はどういったところになりますか?

    唐川ブリーダー:専門犬種でブリーディングしているので、ただ繁殖させて販売するだけではなく、犬種の向上に力を入れています。ワンちゃんは犬種によって様々な個性や特徴がありますが、それら全てを良くしていきたいと考え、ドッグショーへの出場にも力を入れています。審査員の方々から評価をいただき、その評価を元にしてより良いワンちゃんを育てて一般の飼い主さんにお届けしています。

    ―ドッグショーで選ばれるという事は、それだけ飼いやすいワンちゃんだという事ですものね!

    唐川ブリーダー:そうですね。そしてショーで選ばれなかった子も、ペットとして可愛がっていただけるようにしっかりと育成しています。そのため、繁殖のみを目的とした業者の方などには子犬をお渡しはせず、あくまでも一般の飼い主さんにお渡しすることを目的としています。

    唐川ブリーダー(ナビ)2

  • 日本だけではなく、海外からもお問い合わせをいただきます

    唐川ブリーダー(ナビ)1

    ―現在で、どれくらいのワンちゃんをお世話されているのですか?

    唐川ブリーダー:マルチーズをメインに、トイプードルもお世話しています。数にすると全て合わせて大体30頭前後になります。

    ―そうなんですね!では、お世話されてるワンちゃんの魅力とは、どういったところになりますか?

    唐川ブリーダー:マルチーズもトイプードルも基本的には愛玩犬ですので可愛らしさはもちろん、人間と一緒に暮らしやすいところが魅力だと思っています。マルチーズは長毛な犬種ですので、フルコートにしてお姫様のような優雅さを出すことが出来ますし、トイプードルはカットの種類が豊富なので、トリミング次第で様々な姿を楽しむことが出来るところも魅力です。

    ―どちらも毛並みを利用して色んな姿が見られるのですね!では、お客さんからの人気が高いのはどちらの犬種になりますか?

    唐川ブリーダー:やはり専門的にやっているためマルチーズのお問い合わせが多いですが、トイプードルもチャンピオン犬がいたり、うちから送り出した子が海外のドッグショーに出場したりしているため、海外からお問い合わせがかなり来ます。

    ―日本のみならず、海外の方とも取引されているのですね!

    唐川ブリーダー:主に中国や韓国など、アジア地域の方と多く取引しています。日本のプードルは世界的に見てもレベルが高いので、送り出したワンちゃんがアメリカのドックショーに出場したりすることもあります。

    ―なるほど!そういった海外の方には、どうやってワンちゃんをお渡しされているのですか?

    唐川ブリーダー:直接来日したお客さんにお渡しすることもあれば、私がワンちゃんを現地に連れて行ってお渡しすることもあります。お客さんによってお渡しする方法の希望が違うので、その希望にお応えしてワンちゃんをお渡ししています。

    唐川ブリーダー(ナビ)1

  • 自分と他のブリーダーさんの技術を競い合わせるのが楽しいです

    唐川ブリーダー(HP)2

    唐川ブリーダーが経営するペットショップ「ワンワンランドYOU 佐賀店」のHPより引用

    ―ドッグショーなどにも積極的に参加しているとのことですが、ショーに参加することの魅力などを教えてください。

    唐川ブリーダー:審査員の方に評価してもらい、賞をいただくことで勝ち負けが存在し、スポーツみたいな空気があるので、そこで自分と他のブリーダーさんの技術を競い合わせるのが楽しいです。特にマルチーズはお手入れが難しく、専門でやっている方でなければショーには出場してこないので、そういった方たちにまじって自分の育てたマルチーズがどういった評価を受けるのかを見るのが楽しみになっています。

    ―まさに自分と他のブリーダーさんとの腕の競い合いですね!

    唐川ブリーダー:そうですね。それと、同じ犬種同士だけではなく他の犬種と総合的に競う場面もありますので、そこで自分が育てた子たちがどこまで高みに登れるかを見るのも楽しみです。それと、私はハンドラーとしても活動し、ブリーディングからハンドリングまですべて自分で行っているので、自分が身に付けた技術がショーでどこまで通用するのか試したいという気持ちもあります。

    ―マルチに活動してらっしゃるのですね!しかし、そうなると他の方よりもかなりプレッシャーを感じるのではないですか?

    唐川ブリーダー:自分で育てた子をハンドリングするときはそうでもないんですが、うちから子犬を迎えた飼い主さんの育てた子を、ハンドリングする際はすごくプレッシャーがかかります。生まれたときからお世話して、飼い主さんに勧めたのは自分で、なおかつハンドリングでその魅力を引き出さねばならないので。しかし、そういったプレッシャーを乗り越えて、賞を獲得したときの喜びは何よりも大きいので、ドッグショーに出ることはやめられません。

    ―賞を獲得したときの達成感は、何にも代えがたいですよね!では、ブリーダーとして活動する上で目指している夢や目標などは何かありますか?

    唐川ブリーダー:海外のショーでも通用するようなワンちゃんを育てたいと思っています。自分の犬舎にいる子だけで繁殖させると、血統が尻すぼみになってしまいますので、海外から自分の目で見て本当に良いと思えるワンちゃんを迎えて、より良い子犬を繁殖させたいと思っています。そしてゆくゆくは、アメリカのような規模の大きいドッグショーでも賞を獲得できるワンちゃんを育てたいです。

    唐川ブリーダー(HP)2

    唐川ブリーダーが経営するペットショップ「ワンワンランドYOU 佐賀店」のHPより引用

  • 子犬をお渡しした飼い主さんとは、ワンちゃんが最期の時を迎えるまで、長くお付き合いをさせていただいています。

    唐川ブリーダー(HP)3

    唐川ブリーダーが経営するペットショップ「ワンワンランドYOU 佐賀店」のHPより引用

    ―ブリーダーとして活動していく中で、やりがいを感じる瞬間はありますか?

    唐川ブリーダー:以前うちからワンちゃんを迎えてくださった飼い主さんから、「またこちらの店舗からワンちゃんを迎えたい」と言って訪れてくれる時は嬉しくなります。最近、うちから迎えて18年間一緒に過ごしたワンちゃんとお別れした飼い主さんが、どうしてもまた私のところからワンちゃんを迎えたいと言って、わざわざタクシーでいらしてワンちゃんを迎えてくれたのですが、その時は「この仕事をやっていて本当に良かった」と思いました。

    ―自分のワンちゃんにかけた愛情が、飼い主さんにも伝わっているという事ですものね!では、ワンちゃんをお渡しした飼い主さんとはその後も交流が続いているんですか?

    唐川ブリーダー:長く続いています。店舗の方も経営していますので、うちからワンちゃんを迎えた飼い主さんが遊びに来てくれたり、メールなどで近況を伝えてくれたりしています。そうしてお渡ししたワンちゃんが最期の時を迎えるまで、長くお付き合いをさせていただいています。

    ―素敵なお話ありがとうございます!それでは最後に、ブリーダーからワンちゃんを買おうと思っている方へメッセージがあればお願いします。

    唐川ブリーダー:迎えたその日から最期を迎える瞬間まで、責任をもってお世話してください。今はワンちゃんの寿命も延び、迎えた日から10数年、または20年近く一緒に過ごすこともあります。ですので、きちんと家族の一員として迎え、良いことと悪いことをしっかりと教えて、愛情をもって接してあげてください。

    唐川ブリーダー(HP)3

    唐川ブリーダーが経営するペットショップ「ワンワンランドYOU 佐賀店」のHPより引用

編集後記

自分のブリーディングにこだわりを持つ唐川ブリーダー。
ワンちゃんのブリーディングの全てを楽しみ、ドッグショーに出場して自分の腕を磨き続けている情熱をもった素敵な方でした!
唐川ブリーダー、ご協力ありがとうございました!

唐川由香子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

唐川由香子ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー