2015/7/26 21:46:46

カニンヘンダックスフンドがかかりやすい病気トップ3を徹底解説!

    【椎間板ヘルニア】

    ◆症状

    足がもつれたりしてうまく歩けないなど、足の神経が麻痺して起こる症状が一般的です。麻痺の症状は後ろ足だけに起こるわけではなく、前足にみられることもあります。また、抱き上げたときに痛そうに鳴いたり、散歩の途中で歩くのを止めてしまったりする症状がみられることもあります。

     

    ◆原因

    加齢と外傷の2つの要因が考えられます。いづれも背骨の脊髄が圧迫されることで神経に異常が起き麻痺や痛みがでる病気で、カニンヘンダックスフンドはその体型から腰や背骨に負担がかかりやすい犬種です。日常の無理な生活の繰り返しが腰への負担となることもあります。 外傷に関しては年齢関係なく若い子にも見られます。

     

    ◆治療法
    軽度の場合は非ステロイド系の薬や抗炎症薬の投与で経過をみます。重症の場合は外科手術が必要になります。

     

    ◆予防法
    きちんと筋肉をつければ背骨を保護できます。また肥満も同じように体の重みが腰への負担になるので肥満にならないように注意しましょう。それからソファーの上り下りやフローリングも体への負担が大きいですので補助具を使ったり、カーペットを敷くなと対策をしましょう。

    【白内障】

    ◆症状

    白内障は痛みなどの症状がないことや濁りが水晶体の真ん中からではなくフチの部分から起こるので初期の段階では飼い主でもなかなか気付くことができません。片方の目から発症し徐々に症状が両目に広がる場合もあります。白濁が進むにつれて歩き方がぎこちなくなったり、物にぶつかるようになる、階段などの段差につまづくようになる、などの様子が見られるようになります。

    ◆原因

    白内障には、先天性白内障、若年性白内障、老齢性白内障の3種類あります。先天性は生まれつき水晶体がにごっており生後2ヶ月頃から症状がみられます。6歳以前に表れる白内障を若年性白内障と呼び、加齢に伴う老いにより水晶体に青みがかった濁りが発生するのが老齢性白内障です。カニンヘンダックスフンドはこの他に糖尿病が原因の場合もあります。

    ◆治療法

    白内障は治療をしても完治することはなく、点眼薬などを使って進行を遅らせるというのが一般的です。

    ◆予防法

    白内障の予防法はまだ分かっていませんが、日頃から愛犬をよく観察し早めに発見することが大切です。

    【胃腸捻転】

    ◆症状

    食後2~6時間くらいの間に嘔吐しようとするが何も吐かない、腹痛(背中を丸めて落ち着きがないように見える)、腸内ガス、ショック様症状(過度の息切れ、青色の歯茎と舌、崩れなど)このような症状が現れたら直ちに動物病院へ連れて行きましょう。

    ◆原因

    原因は様々な理由が積み重なって胃が膨張してしまうというものです。ほかの臓器を圧迫するためにうまく動作しなかったり場合によっては破裂してしまうこともあります。

    ◆治療法

    まず胃にチューブを挿入するなどの方法でガスを排出させる処置を行い、早急に外科手術を行います。発見が遅れると治療がむずかしくなり命に関わる可能性が高くなります。

    ◆予防法

    食後は30分~1時間程度は運動は避けてゆっくり休息すること。一日2~3回に分けて少量の食べ物を与えましょう。食べた直後は、犬にたくさんの水を飲ませないでください。

    photo by Andy Ramdin

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

子犬を探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
毛色
地域
地域選択する
価格
性別
生後
販売
状況
動画

保存した検索条件(子犬)

保存している検索条件はありません

ブリーダーを探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
地域
地域を選択する

メインメニュー

閉じる