公開日:2016/3/29

最終更新日:2019/3/26

カニンヘンダックスフンドのお迎えの方法って?!里親?ブリーダー?

    ダックスフンドの中で1番小さな“カニンヘンダックスフンド”

    ダックスの中で1番小さくて超小型犬なカニンヘンダックスフンド。やんちゃで遊び好きな性格から、誰からも愛されるワンちゃんです。そんなカニンヘンダックスフンドをお迎えしたい!と思った時、どこで探せばいいの?と思いますよね。「まずはペットショップかな?」と思われる方がほとんどかと思いますが、せっかくなら自分の希望にピッタリの子を見つけたいですよね。そんなあなたに、どんな探し方がピッタリなのかご紹介したいと思います。

    さまざまなお迎えの仕方

    「カニンヘンダックスフンドを飼いたい!」あなたへ

    photo by Amy

    カニンヘンダックスフンドを飼いたい!購入したい!お迎えしたい!と思っている方は、まずどこでカニンヘンダックスフンドを探しますか。探し方は人によってさまざまですが、ワンちゃんの入手方法は下記のようなところで可能です。


    【ワンちゃんのお迎え方法】
    ・ペットショップ
    ・里親、愛護団体
    ・ブリーダー
    など

     

    お迎えの方法について

    それぞれに良さがあって欠点もある<メリット&デメリット>

    カニンヘンダックスフンドをお迎えするにあたって、それぞれのお迎え方法についてのメリット&デメリットについてご紹介します。


    ●ペットショップ
    さまざまな種類の動物たちを仕入れて販売している店舗。比較的身近な存在でもあるため、敷居が低い。

    【メリット】
    ・直接目にすることができる
    ・実際触れ合うことも可能
    ・どんな犬種がいるのか見てから検討しやすい
    ・飼育に必要なペット用品やグッズを合わせて購入ができる
    ・店舗によってペット保険に加入することができる

    【デメリット】
    ・金額は店舗ごとによってさまざま
    ・血統書(親の情報)を見せてもらえる店舗が少ない
    ・不衛生な店舗の場合、感染症や病気を患っていることもある
    ・健全性を考慮していない繁殖場で仕入れをしている場合がある
    ・しつけがされていないため、人慣れしていないワンちゃんもいる
    ・知識不足の販売員がいる場合もある


    ●里親
    何らかの事情で飼い主さんが飼えなくなってしまったワンちゃんを、新たな飼い主さんが引き取ること。
    個人を始め、動物愛護センターや民間の動物愛護団体、保健所などで保護されていることが多い。

    【メリット】
    ・費用があまりかからない
    ・行き場のないワンちゃんを助けることができる
    ・成長後の体の大きさや性格が予測しやすく、飼育環境を整えやすい

    【デメリット】
    ・持病やケガをしている場合がある
    ・人に対して警戒心や不信感を抱いている場合がある
    ・既に成長している子も多いため、一緒に過ごす時間が短い


    近年、インターネット上でも里親を募集しているサイトも増えています。
    『ペットの命』犬猫ペット里親募集情報では、毎日のように情報を掲載。ご興味のある方は参考になさってみてはいかがでしょうか。


    ●ブリーダー
    犬を繁殖しているブリーダーから直接購入することができる。既に飼いたい犬種や性別、予算などがハッキリと決まっている場合はオススメの方法。

    【メリット】
    ・血統書の良い子犬を購入することができる
    ・ペットショップより安価で購入ができる(ブリーダーが直接金額を決めるため)
    ・購入者が直接ブリーダーに対して交渉することができる
    ・ペットショップでは取り扱っていない犬種を購入することができる
    ・ある程度の人慣れや社会性がある子犬が多い
    ・どのような環境で生まれ育ったのか確認ができる
    ・繁殖している犬種のことをよく知っている、知識が豊富

    【デメリット】
    ・よいブリーダーを探すのが難しい
    ・欲しい犬種を扱うブリーダーさんが近場にいない可能性がある
    ・出会える場所が少ない
    ・ドッグショーなどで賞を受賞した親を持っている子犬は高額
    ・販売に関する条件が多いブリーダーもいるため、場合によっては購入を断られることもある
    ・ローン可が少なく、一括購入が原則の場合が多い


    ワンちゃんをどこで購入するとしても、必ずメリットとデメリットはつきものです。それぞれの購入先についてよく調べた上で、自分に1番合っている飼い方を選ぶとよいでしょう。

    なかなか決められない…と悩む方へ

    ワンちゃんを購入するならば“ブリーダー”からが安心

    photo by Tam Tam

    結局どこで購入すればよいのかわからない!とお悩みの方は、ブリーダーからワンちゃんをお迎えするのが1番安心です。

    その理由は、ワンちゃんが生まれた環境でお迎えまで過ごすことができるので、ストレス負荷がかからないからです。のびのびと安心して過ごすワンちゃんは心身ともに健康な子が多く、ワンちゃんが身に付けなくてはいけない「社会性」を学ぶこともできますので、お迎え後のしつけもスムーズに行うことができます。

    ブリーダーはその犬種のプロである

    ブリーダーは、ワンちゃんの性格や特徴などを全て知り尽くしたプロでもあります。そのため、購入時のアドバイスはもちろんのこと、購入後のしつけ方やごはんの与え方、気を付けなければいけない点などをわかりやすく丁寧に説明してくれます。

    また、ブリーダーは愛情と責任を持ってワンちゃんを育てています。そのため、きちんとしたしつけや社会性をある程度身に着けさせてから飼い主さんのもとへお渡ししていますし、生後49日を超えた健康な子のみの引き渡しを厳守していますので、安心してお迎えができます。

    まとめ

    photo by harperlauren

    ワンちゃんを購入することは新しい家族が増えるとともに、楽しい生活もスタートします。ときにはしつけなどで苦労することがあるかもしれませんが、毎日笑顔が溢れる生活になるのは間違いないかと思います!

    でも、どこでお迎えするべきか悩むことも多いはず。そんなときは購入先のペットショップ、里親、ブリーダーのメリットとデメリットをよく参考にして、ワンちゃんをお迎えしてください。そのとき決して「安いから」という理由だけで決めるのではなく、購入先の信頼度をよく確かめることを心掛けてくださいね。

    ブリーダーナビは安心のできるブリーダーさんが多数登録しています!

    「ワンちゃんをブリーダーさんでお迎えしたいけど、どこでブリーダーさんを探せばいいの?」とお悩みの方もおおいはず!そんなときはぜひ“ブリーダーナビ”を検索してみてください。ブリーダーナビでは全国の優良ブリーダーさんが多数登録していますので、安心してお目当ての犬種を探すことができます。気になることや不安なことがあればブリーダーさんに質問ができますし、直接会ってワンちゃんに触れてから決めることができるので安心ですよ。ぜひ子犬をお探しの方はブリーダーナビにアクセスしてくださいね!

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる