愛犬の散歩後の汚れやケガの対策!おすすめのお手入れグッズもご紹介

散歩から帰宅後、愛犬のお手入れは?

散歩中のスピッツ犬
photo by pasja1000

お散歩は、ワンちゃんにとって大切な日課であり、ストレスや運動不足を解消するためにも欠かせません。
しかし、散歩そのもの以上に、散歩から帰って来た後のワンちゃんのお手入れもとても重要です。中でも、特に気を付けたいのは肉球と被毛のケア。散歩中にどんなことに気を付けて、帰って来てからどんなお手入れをすればいいのでしょうか?

やっぱり気になるのは足元の汚れ!

これで完璧?足拭きの手順

散歩中の犬
photo by MabelAmber

ワンちゃんの中には、皮膚が弱く皮膚炎などの皮膚病になりやすい子も少なくありません。
そのため、散歩などの外出から帰ってきた後の足拭きは、足を洗うだけでなく洗った後の水気を切るところまで、丁寧にやっておく必要があります。

まず、外から帰ってきたら、足の指や肉球の間、爪の際など、汚れやすい部分は特に丁寧に水洗いしてあげましょう。また、直接地面と接することのない足の甲側も、意外と汚れていることがあるので、水できれいに洗い流してください。

一通り洗い終えたら、水気をタオルで拭いてあげます。この時使うタオルは、吸水性が高く一度に水気を拭き取れる物がいいでしょう。あまりゴシゴシと拭いてしまうと、ワンちゃんの皮膚に余計な刺激を与えることになり、良くありません。

タオルで水気を拭き取ったら、ドライヤーを使って生乾きの状態の被毛を乾かしていきましょう。この時の設定は温風ではなく冷風にしてください。温風は乾くのが早くなるものの、風が熱すぎて嫌がる子も少なくありません。「面倒だから」といって、ワンちゃんがドライヤーを嫌うようになっては問題です。とはいえ、自然乾燥だと乾くの遅いため、身体が冷えて風邪になったり、湿った状態で菌の繁殖を促すことになったりしてしまいます。

ここまで解説してきた洗い方は、あくまで皮膚の弱い子を対象とした例です。
皮膚に問題がないワンちゃんであれば、もう少し大雑把にしても問題はないでしょう。晴れた日は濡れタオルで雨の日は水洗いなど、天候や状況によってやり方を変えれば、手間だけでなくワンちゃんの負担も減らすことができます。

タオルやウェットシートを使おう

次に、具体的なワンちゃんの足の拭き方について説明していきます。
ここでは、いくつかある中でも代表的なものと、そのやり方を紹介するので、ぜひ参考にしてください。
天候が良く晴れている日であれば、散歩に行ってもそれほど足が汚れることもないでしょう。特に市街であれば舗装されている道がほとんどなので、水洗いする必要があるほど汚れることはありません。
そのため、室内犬であれば毎日の散歩から帰って来たら、乾いたタオルで足を拭いてあげる程度で十分でしょう。「もう少しどうにかしたい」というのであれば、床ぶき用ドライシートなどがおすすめです。全身を拭いてあげると花粉なども落せるので、アレルギー持ちのワンちゃんにはいいかもしれませんね。

<濡れたタオルで拭く場合>
多くの飼い主さんが実践していると思われる、最も基本的な方法です。特別な道具も準備も必要ないので、誰でも簡単にできます。舗装された道を散歩するだけなら、これで十分と考えている人も多いのではないでしょうか?
ただし、拭いた後に濡れたまま放置していると、指の間などの乾きにくい部分が湿ったままになり不衛生なので、濡れタオルで拭いた後に改めて水気を拭き取ってあげてください。

<ウェットシートで拭く場合>
上の2つとは違い、こちらは専用の道具を使います。ウェットシートにも様々な種類がありますが、ワンちゃん用の足拭きシートがあるのでそちらを使うといいでしょう。人間の手拭き用のものだとアルコールが入っていることがあるので、ワンちゃん用にはおすすめできません。ワンちゃん用のシートであれば、成分的に舐めても問題ないので、安心して使えますね。
このようにメリットが多いウェットシートですが、皮膚が弱いワンちゃんだと肉球がカサつくことがあるので、合わないようなら使用を止めましょう。また、商品自体は安いとはいえ、消耗品なので使い続けていればそれなりのコストがかかります。小型犬なら1枚ですむところ、大型犬だと足一本につき1枚=4枚使うことになるので、ワンちゃんの大きさで消費量も変わってきます。

汚れが気になる時じは、足だけ水洗いしてあげよう

散歩から帰って来て毎回水洗いしていたのでは、例え皮膚に問題を抱えていないワンちゃんであっても、負担をかけてしまうでしょう。そのため、雨の日の散歩など汚れが気になる場合は、足だけでも水洗いで汚れを落してあげると安心できると思います。

ワンちゃんの足を洗う際注意したいのは、汚れを残さないことはもちろん、洗い終わったら良く乾かすことです。せっかくキレイに汚れを落しても、湿った状態で放置しておくと雑菌が繁殖しやすくなるので、衛生的によくありません。
つまり、洗うことと乾かすことはワンセットで考えるべきなのです。これは、洗った時だけでなくワンちゃんが濡れた時全般にいえることなので、憶えておくといいでしょう。

ワンちゃんの足を洗うのは、靴を脱いで家に上がる日本では特に重要かもしれません。
室内でも屋外でも、基本的に裸足ですごすワンちゃんは、人間でいえば靴のまま家に上がるのと同じだから気になりますよね。

人間とワンちゃんでは、感じる温度に差があります。そのため足を洗う際は少し温いと感じるくらいの水温に調節しましょう。特に汚れが溜まりやすい指の間や肉球の間、爪の際は念入りに洗ってください。汚れが気になる時はシャンプーを使いますが、使いすぎると皮膚に負担がかかるので注意が必要です。汚れを落すこと以上に、シャンプーのすすぎには気を付けてください。
洗い終わったら、タオルで水気を飛ばして冷風のドライヤーで被毛を乾かしていきましょう。シャンプーのすすぎと同様、濡れた被毛を乾かすことは洗うこと以上に重要です。

足だけとはいえ、多くのワンちゃんにとってシャンプーは負担となります。そのため、普段はタオルで拭くだけにとどめ、雨の日など汚れが気になる時だけ洗うようにしましょう。

実は大切な肉球ケア

散歩中の子犬
photo by HeungSoon

プニプニとした独特な触感と愛らしい形でファンも多い肉球ですが、当のワンちゃんにとっても大切な部位であることをご存知でしょうか?
肉球は、足先の感覚器官であると同時に、衝撃を吸収するクッションの役割も果たします。そのため、何かを踏んでケガをしたり、乾燥してヒビ割れてしまっては一大事。常に健康な状態でいられるように、日頃からケアしてあげましょう。

肉球に傷はついていない?

肉球は、ワンちゃんにとって非常に重要な部分です。それでありながら、再生能力が低くケガが治りにくい場所でもあります。
だからこそ、ほかの部分以上に気を付けて守ってあげる必要があるのです。

日常生活や毎日の散歩であっても、足元には何が落ちているか分かりません。
常に裸足のワンちゃんは、尖った石やプスチック片など、何か思わぬ物を踏んでしまう危険があります。それでなくとも、真夏の直射日光に照らされ続けたアスファルトは熱く灼けており、肉球を火傷するかもしれません。

飼い主によっては、犬専用の靴を履かせる飼い主さんもいるほど。それだけワンちゃんの肉球は傷める危険性があり、私たち人間が考えている以上にダメージを受けているものなのです。

毎日のケアの一環として、愛犬の肉球をマッサージしながら、健康状態をチェックしてあげるといいでしょう。

肉球のケアには肉球クリームもおすすめ

肉球の保護には、肉球クリームがおすすめです。
肉球クリームは、デリケートなワンちゃんの肉球を保湿したりケアしたりするためのクリームで、散歩前に塗っておけば汚れにくくなるなどの効果も期待できます。

肉球は乾燥してしまうとひび割れを起こすこともあり、完治に時間がかかってしまいます。予防のためにも、散歩から帰って来てタオルなどでしっかりと足を拭いたら、肉球クリームを塗ってあげてください。クリームを塗る際は、揉み解すようにマッサージして上げれば、効果が上がります。
肉球の間の毛を定期的にバリカンで刈っておけば、ケアが楽になるのでおすすめです。

肉球にこんなものがこびりついたときは

道端にはどんな物が落ちているか分かりません。
釘やささくれた木片など、踏めば間違いなくケガをしてしまうような物が落ちていることも珍しくないでしょう。ケガとまではいかなくても、例えばガムを踏んでしまい肉球にこびりついてしまったら…。完全に固まっていれば大事にはなりませんが、まだ柔らかい状態だったら足の毛を巻き込んで肉球にべっとり、なんてことになってしまいます。

では、散歩中にワンちゃんがガムを踏んでしまったら、どう対処すればいいのでしょうか?
無理に剥がそうとしても、上手にいくとは限りません。
毛に付着した場合は、バリカンやハサミで毛ごと取り除いていきましょう。
ガムのベタベタがどうしても残ってしまった場合は、どこの自宅にでもある油分を含んだ食材などを使ってください。油で揉み解せば溶けていくので、その後食器用の洗剤で洗い流すことができます。もしもワンちゃんの肌が弱くて心配なら、洗剤の代わりにシャンプーで洗ってあげてください。

被毛のお手入れも忘れずに

散歩中の柴犬
photo by ayachiyo

ワンちゃんの被毛は、体温を維持するという機能的な役割があります。また、被毛の美しさは、見た目を決める重要なポイントです。そんな機能的にも見た目的にも重要な被毛のお手入れは、愛犬の健康を維持するためにも、毎日お手入れが欠かせません。

しかし、どれだけ気を遣っていても、時にはトラブルが起きてしまうこともあるでしょう。
では、大事な愛犬の大事な被毛に何かあった時、どのような対処をすればよいのでしょうか?いくつか紹介していきたいと思います。

毛に付着したものはブラッシングで取り除こう

ワンちゃんは、自分の毛を舐めることで清潔さを保っていますが、それだけで十分とはいえません。外を散歩することで付着した埃や花粉のほか、ノミやダニといった寄生虫は、丁寧にブラッシングすることで取り除くことができます。

また、ワンちゃんの体を清潔に保てるだけでなく、スキンシップも兼ねて全身を観察することで、皮膚などの異常にも気付くことができるでしょう。
このほかにもブラッシングの効果として、被毛の流れを整え見た目を良くすることにもつながります。

散歩前のブラッシングスプレーも効果あり!

お散歩に出掛ける前のブラッシングスプレーも、愛犬の被毛を守るための効果が期待できます。静電気防止効果があるので、ざっとブラッシングしておけば、散歩中のゴミがつきにくくなるのでおすすめです。静電気は毛玉の原因でもあるので、スプレーすることで毛玉防止にもなります。もし毛玉ができてしまっても、スプレーしてブラッシングするだけで、簡単に毛玉がほぐれてくれます。

また、毎日のブラッシングの前にスプレーするだけで、ふわりと柔らかい手触りが実感できるでしょう。スプレーしてもブラッシングしている間に乾き、目に入っても安心なので、顔周辺に使うこともできます。

毛がベタベめタするときは…?

毛にベタベタするものが付着したら、どうやって対処したらいいのでしょうか?
目立たない部分であれば、最悪その部分の被毛だけカットしてしまうこともできますが、目立つ部分ですとそうはいきません。

何が付着したかによって対処法は変わりますが、例えば松脂の場合、消毒用のアルコールを使いタオルなどで拭けば、時間はかかるもののキレイに取れるでしょう。花の蜜や樹液は、コーンスターチや片栗粉など、ワンちゃんが口にしても問題ない粉を塗して揉み解し、ブラッシングするという方法があります。粘着性のあるテープやシートも同様に、粉を塗せば粘着力が弱まるので、その後オイルなどをテープに染み込ませてゆっくり剥がしましょう。

足洗いカップ知ってますか?便利なグッズを紹介

お手入れの時間が短縮に期待!

ワンちゃんのケア用品も、実に多種多様で、痒いところに手が届くようなアイテムが販売されています。足洗いカップもそんなアイテムの1つで、散歩から帰ってきた後の足を洗って簡単にキレイにしてくれる便利グッズです。

見た目は、その名の通り縦に長いカップのような形状で、カップにぬるま湯を入れて使用します。その中にワンちゃんの足を一本ずつ入れて、カップの内側に付いた柔らかいシリコン製のブラシで、毛や足に付いた汚れを落していくだけです。所要時間も不通の汚れであれば一本十数秒程度と、手間もかからず使い方も簡単なので毎日使えるのはもちろん、旅行などの外出先でも問題なく使用できます。

「こんな便利なグッズなら私も!」と思うかもしれませんが、ワンちゃんの性格によっては怖がったり嫌がったりするかもしれません。大丈夫なようでも無理強いすることなく、少しずつ慣らしていくなどワンちゃんに合わせて使うようしましょう。

まとめ

散歩と同様に、帰って来てからのお手入れもとても重要です。
特に、ワンちゃんのチャームポイントである肉球はとてもデリケートな部分。傷つかないように丁寧なケアは欠かせません。大切な愛犬の健康を守るためにも可愛さを維持するためにも、日頃から十分な配慮をしてあげてください。

ブリーダーナビは、安心価格と取引保証で、顧客満足度98.9%!
掲載されているワンちゃんの頭数も本最大級の子犬販売サイトです。
子犬をお探しなら、優良ブリーダーが手掛けた子犬をたくさん掲載しているブリーダーナビを、ぜひ一度ご覧ください。

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。