ワンちゃんのハレ舞台!ドッグショーって何をするイベント?

ドッグショーをご存知ですか?

ドッグショー1
photo by Katrina_S

愛犬家の方であれば、「ドッグショー」について一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ドッグショーでは、各地からワンちゃんが集まり、多くの観客の前でその可愛らしい姿を見せてくれます。犬好きならば、一度は会場に足を運びたいものですよね?
では、そもそもドッグショーとは一体どんなイベントなのでしょうか。

ドッグショーって何をする場所?

ドッグショーとは、純血犬種の品評会のこと。出陳犬が、各犬種に定められた「スタンダード(理想像)」にどれだけ当てはまっているかを審査することが目的であり、単純な良し悪しや美しさを競う競技会ではありません。

ドッグショーには、近年自然交配により雑種(ミックス)が増えていく一方で、失われ行く本来の「犬種らしさ」を保存するという意図があります。

出場するのは、どれも図鑑に掲載されているような「いかにも」といったワンちゃんばかり。まさに、純粋犬種の見本展示会です。

ドッグショーの内容とは

純粋犬種の「保護」「育成」「発展」「普及」のために開催されているドッグショーの目的は、純粋犬種を広く周知し、飼育してもらうことです。ドッグショーでは、スタンダードという犬種ごとの理想像が定められており、下記6つのポイントにより審査されます。


【審査のポイント】
・タイプ:犬種ごとの特色
・クオリティ:犬質の充実度や洗練度
・サウンドネス:精神的、肉体的な健全性
・バランス:全体の調和
・コンディション:健康状態、精神状態
・キャラクター:魅力、マナー


まず個体審査(※1)から始まり歩様審査(※2)、比較審査を行います。
審査員が理想とする各犬種のスタンダードと比較して、最もスタンダードに近いと思われるワンちゃんが最優秀犬に選ばれます。

個々のワンちゃんを比較しているわけではないので、まったく別の犬種同士でも審査が可能なのです。


(※1)査員が見る審査、触る審査を行い、頭部・歯・骨格・体形や毛並み、バランス、犬種の特徴が表現されているかなどを順番に審査します。
(※2)リング内をラウンドさせて、出陳犬の総合的な確認をします。犬をコントロールするハンドラーの技術も加わり、その出陳犬の良い部分を最大限に引き出します。

入賞犬の称号

国際畜犬連盟「FCI(Fédération Cynologique Internationale)」のショーには、1,500~2,500頭ものワンちゃんが集められます。ドッグショーによってルールは異なりますが、ショーは基本的に勝ち上がり方式で行われ、入賞したワンちゃんにはそれぞれ特有の称号(呼び方)が与えられます。
一例として、「FCIジャパン インターナショナルドッグショー」での呼び方をご紹介します。


・BOB
「Best of Breed(1犬種の中のベスト)」の頭文字をとったもので、一つの犬種内での審査において、オス・メスそれぞれの最優秀犬。


・G1~G4
BOBだけで行われるグループ選での入賞位。グループ(G)1席、2席、3席、4席とそれぞれ呼ばれます。同一グループ内の審査で、オス・メスそれぞれの席次が決まります。


・KING、QUEEN
上記のグループ1席犬のみで行われる、オス・メス別の最優秀犬。オスのNo.1がKING、メスのNo.1がQUEENとなります。


・BIS
KINGとQUEENのどちらかが選ばれる、そのドッグショーの中での最優秀犬が「BIS(Best In Show)」です。選出されたワンちゃんは、その後のメインイベント「ベストインショー選」への挑戦権を得ます。

入賞のメリットは?

ドッグショー2
photo by monicore

数千ものワンちゃんの中から選ばれるという、大変な栄誉を手にすることになりますが、その一方で入賞しても賞金などはもらえません。それどころか、出陳のために出陳料が必要なので、金銭的にはマイナスです。

では「なんのために出陳するのか」というと、ドッグショーでの審査評価を今後の繁殖に活かすため。つまり、「名誉のため」なのです。

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。