公開日:2016/7/12

最終更新日:2019/5/22

食べることが大好きなコーギーに与えたい必要な栄養素とは?

    いつまでも健康で元気に走り回ってもらいたい

    コーギー

    コーギーをインドア派か、それともアウトドア派かと分けるとしたら、断然「アウトドア派!」と即答できるほど、お散歩や運動をすることが大好きな犬種です。そのため、動いた分だけモリモリとごはんを食べる食欲旺盛な面を持ち合わせています。

    コーギーは他の犬種と比べ、食べ物に対する執着が強いためか肥満になりやすいともいわています。そのため、毎日の運動と栄養バランスの整った食生活が必須といえます。

    「栄養バランスが整った食事って?」「何を与えればいいの?」と、これからコーギーをお迎えする方や現在愛犬のコーギーが肥満気味の方にとってはわからないことだらけかと思います。

    今回はそんなコーギーに対し、どのような食生活をさせれば健康維持を保てるのをご紹介していきたいと思います。

    健康な体をつくる基盤は毎日の食事から

    コーギーにとって必要な栄養素とは?

    コーギー

    コーギーにとって必要な栄養は『6大栄養素』と呼ばれる生き物が生きていくために必要な成分のことを指します。

    【6大栄養素】
    ・タンパク質(アミノ酸)
    ・脂肪(脂肪酸)
    ・炭水化物(食物繊維)
    ・ビタミン
    ・ミネラル
    ・水

    これらの栄養素はそれぞれ異なる役割を持ち、体をつくる基盤となります。しかし、コーギーは自らこれらの栄養素を考えて食事を摂ることができません。そのため、飼い主が愛犬に変わって必要な栄養素をバランスよく適切に与える必要があります。

    コーギーに与えてはいけない食べ物がある!?

    「6大栄養素って人間が必要とするものと変わらないから、人間と同じものを食べさせればドッグフード代も浮くし一石二鳥じゃない!」と思ったそこのあなた!それは大いに間違っています。私たち人間が好む食べものの中には、コーギーを始め、全ての犬種にとって有害なものがあるからです。

    例えば、玉ねぎなどのネギ類。万が一、コーギーに与えてしまうと血液中の赤血球を破壊し、貧血や血尿などを引き起こしてしまい、最悪の場合死に至る場合もあります。それ以外の食べものでも、命に関わるものもありますので、注意が必要です。

    【犬に食べさせてはいけない食べ物を知っておこう!】
    絶対に口にさせてはダメ!犬が食べてはいけない害のある食べ物リスト

    6大栄養素をうまく摂り入れるためには

    ブランケット・サッキング

    では、コーギーにどうやって6大栄養素をバランスよく与えればよいのでしょうか。また、どのようなドッグフードを与えればよいのでしょうか。次の章で詳しく解説していきたいと思います。

    1 2 3

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる