公開日:2016/2/19

最終更新日:2019/4/2

食事が大好きなポメラニアンの適正体重と食事管理について

    小柄だけど食欲旺盛なポメラニアン

    ポメラニアン

    ふわふわの被毛が魅力的なポメラニアン。日本だけではなく、世界中で人気の高い犬種でもあります。
    そんなポメラニアンは食欲旺盛で元気な子たちが多いため、飼い主が食事管理をしてあげないと肥満になりやすく、いろいろな疾患の原因を招いてしまうことがあります。

    ついつい、かわいくておやつを多くあげすぎてしまうこともあるかと思いますが、甘やかしは禁物!大切な愛犬のためにも飼い主がきちんと食事をコントロールしてあげる必要があります。
    ここでは、ポメラニアンの食事管理方法について詳しく説明していきたいと思います。

    ポメラニアンの適正体重って何kg?

    個体によって異なる場合がある

    ポメラニアン

    北方に住むサモエドという犬種を品種改良して小型化されたポメラニアン。個体によって体格や体重に差が大きく出る犬種でもあります。
    一般社団法人ジャパンケネルクラブ(通称:JKC)で理想とされる体重は1.8~2.3kgとされていますが、なかには10kgを超えるポメラニアンのワンちゃんも存在します。
    また「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンにより、ポメラニアンのオスはメスよりも体が大きく、体重も重くなります。

    年齢別の適正体重について

    ポメラニアンの子犬期から成犬期にかけて理想とされる体重推移はどれぐらいなのでしょうか。


    【体重推移】
    生後0日頃:約70~130g
    生後10日頃:約200g
    生後20日頃:約350g
    生後30日頃(1ヶ月):約600g
    生後40日頃:約700g
    生後50日頃:約800~820g
    生後60日頃(2ヶ月):約900g
    生後70日頃:約1.2kg
    生後80日頃:約1.4kg
    生後90日頃(3ヶ月):約1.0~2.0kg


    10日ごとに100~150gほど増加していくことがわかります。体重の推移はばらつきがあるため、上記よりも軽い重いがありますが特に問題はありません。

    生後8~9ヶ月頃になると体ができあがり、成犬の体型になっていくため推移は落ち着きます。ただし、食事や運動量によってはそれ以降も体重が増加したり減量したりすることがあるので注意が必要です。

    肥満度のチェック方法ってあるの?

    「うちのワンちゃん肥満なのかしら…」とお悩みの方もいるはず。愛犬が肥満かどうか確かめるためには、体重測定以外にも実際触ってみて肥満かどうかチェックしてみましょう。

    指の腹全体でわき腹を軽く触れ、あばら骨がどのように指に感じられるかチェックします。このとき、かすかにあばら骨が感じる程度が「適正」といえるでしょう。もし、あばら骨を感じられなかった場合は太めの体型で肥満の恐れもありますので、体重を落とす必要があるかもしれません。

    また、お腹の肉を見ることで太っているかを確認することもできます。横や下から見た際、お肉が垂れ下がっている場合は肥満体型といえます。逆にへこんでいるような場合は痩せすぎなので注意しましょう。

    1 2 3

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる