公開日:2016/2/19

最終更新日:2019/3/6

ポメラニアンは飼いやすい性格?!実際の性格と飼いやすさについて

    日本でも人気が高い“ポメラニアン”

    ポメラニアン

    “ポメ”という愛称で愛されているポメラニアン。ふわふわで真ん丸としたフォルムに、愛らしい顔立ちがなんとも癒されますよね。実はポメラニアンって、見た目のかわいさから打って変わって勇敢でたくましいワンちゃんだったのはご存知でしたか?また、オスとメスでは若干性格も異なるようです。
    今回はそんなポメラニアンの性格についてご紹介していきます!

    ポメラニアンの性格が知りたい!どんな子が多いの?

    ポメラニアン

    ●抱っこが大好きな甘えん坊さん♪
    頭や体を撫でられたり、抱っこをされたりするのが大好きなポメラニアン。飼い主さんやご家族の方に対しても、たくさんの愛情表現を見せてくれます。いつも明るいので家のムードメーカーとしても大活躍してくれます。

    ●好奇心旺盛で元気いっぱい!
    楽しいことを探して見つけるのがうまいポメラニアン。いつも元気いっぱいで遊ぶことが大好きです。「遊ぼう!」と嬉しそうな顔をして来るので、たくさん遊んであげてくださいね。

    ●お家を守る番犬として大活躍!
    ポメラニアンの基となったジャーマンスピッツという犬種は、牧羊犬として羊を外敵から守る役割をしていました。その血筋を引くポメラニアンは気が強く、怪しいと感じた相手に対してはどんな相手でも勇敢に立ち向かっていきます。

    ●警戒心が強い
    ポメラニアンはとても警戒心が強く、ちょっとしたことでも敏感に感じ取ってしまいます。そのため、吠えることもあるので無駄吠え対策をする必要があります。吠え癖が付かないように、子犬の頃からいろいろな経験としつけをしていきましょう。

    ●頭の回転が早くて賢い!
    頭がよくて物覚えもよいので、とてもしつけがしやすい犬種といえます。ただし、甘やかしすぎてしまうと「1番偉いのは僕だ!」と、わがままになってしまいますので、メリハリのあるしつけを行っていきましょう。

    ●感受性が高くて“飼い主さんLove”
    ポメラニアンは飼い主さんが大好き。長く一緒にいると、感受性の高いポメラニアンは飼い主さんのちょっとした変化にも敏感に反応します。そのため飼い主さんがお疲れ気味だったり、悲しいことがあったりすると「いつもと違うな」と瞬時に察知して、そっと寄り添ってくれるやさしい心の持ち主です。

    オスとメスでは性格は違うの?

    ポメラニアン
    photo by Alexandratx

    私たち人でも男性と女性で性格の違いがあるように、ワンちゃんたちも同様に違いが見受けられます。


    【オス(男の子)の場合】
    メスと比べて活発でわんぱくな子が多いといわれています。またとっても甘えん坊な一面もあるので、いつまでも子ども心を忘れないところは、人間の男性と少し似ているかもしれませんね。

    警戒心が強く、縄張り意識も強いことから攻撃的な態度を取ることもしばしばあるため、きちんとしつけを行う必要性があります。


    【メス(女の子)の場合】
    比較的おとなしめの子が多く、人懐っこさがあります。そのため、オスに比べて神経質で臆病な子もいたりしますが、友好的なので攻撃性はそれほどありません。

    またオスよりもしつけがしやすいといわれますが、発情期に入ると情緒不安定になりがちなので、落ち着きがなくなったり吠えたりしてしまいがちですので、問題行動には注意しましょう。

    1 2

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる