公開日:2016/6/29

最終更新日:2019/4/15

ポメラニアンの食糞は大丈夫なの?食糞の原因や危険性・対処法は?

    1.なぜうんちを食べるの?食糞をする理由

    ポメラニアン

    ワンちゃんが自分のうんちや他の犬のうんち、さらには猫のうんちなどを食べてしまう行為を「食糞」といいます。実はこの食糞、イヌ科の動物においては自然なことで、ポメラニアン以外にも、食糞をするワンちゃんは意外と多いのです。

    しかし、飼い主からすればなぜ?と疑問ばかりが頭に浮かびますよね。自然の行為ではありますが、この食糞には原因があるのです。

    2.食糞の原因

    ポメラニアン

    食糞はある日突然はじまります。はじめは偶然だと思っていた飼い主も、繰り返される食糞に不安を覚えるでしょう。しかし、その食糞は飼い主に原因があることも。

    留守番が多い(退屈)

    母犬と早い時期に離され、ペットショップのケージで長い時間を過ごしている子や、留守番することが多い子、運動や遊びが足りていない子など、いわゆる退屈を持て余している子が食糞を行うケースは多いです。
    退屈がゆえに食糞で気を紛らわす、一種のストレスサインともいえます。

    ご飯が足りない(空腹)

    中にはご飯が足りず、空腹から食糞するケースも。
    食欲旺盛な子や、薬の副作用で食欲が増している子、栄養バランスの偏った食事をしている子、こうしたワンちゃんは足りないカロリーや栄養素を補おうと、食糞をすることがあります。

    うんちをしたときに飼い主が嫌な顔をする

    愛犬のポメラニアンがうんちをしたときに嫌な顔で片付けをした、外出から帰ったらうんちがあり臭いに嫌な顔をしたなど、そんな経験ありませんか?

    ワンちゃんはいつでも飼い主の表情や行動を観察しています。自分がうんちをしたことで飼い主が嫌な思いをしていると認識した子は、そうさせないよう食糞をしてうんちの存在を消そうとします。飼い主のことを思っての食糞という訳です。

    うんちをして叱られた経験がある

    ポメラニアン5
    photo by Kullerkeks

    例えば、愛犬がトイレではない場所でうんちをしたときに、叱ったことはありませんか?「もお~」などと怒った声を出しながら片付けをしていませんか?

    うんちをして叱られた経験のあるポメラニアンは、叱られないようにと食糞をしてごまかすこともあります。

    うんちをしたときに飼い主が騒がしくリアクションをとる

    食糞をしたときに「〇〇ちゃん、うんち食べたな~!」などと大きなリアクションをとっていませんか?食糞に対して飼い主が騒ぎ立てると、その様子を喜んでいる、楽しそうだ、などと勘違いするため、飼い主の感心を引こうと食糞が習慣化することがあります。

    うんちを美味しいと感じている

    子犬のうちは消化機能が未発達なために、うんちに未消化の食材が混ざることがあります。そのため、子犬の食糞は「美味しい」と感じて行っているケースも多いです。

    また、成犬にも美味しいと感じて食糞するケースがあり、美味しいと噂の猫のうんちを食べる子は、特にこの疑いが高いです。すべて残さず食べる子も、美味しいと感じているのかもしれません。

    母性本能によるもの

    母犬は子犬がうんちをしたときに、うんちを舐めてお尻を綺麗にしてあげる習慣があります。出産経験のあるワンちゃんは、母性本能により食糞をしているというケースも考えられるでしょう。

    病気

    消化器官系に異常があり、栄養の吸収がうまくいかない子や、寄生虫がいる場合などは、足りない栄養素を補おうとするため、食糞を行うケースがあります。

    何か気になることやおかしいところがあれば、早めに動物病院を受診しましょう。

    1 2

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる