関東でウェルシュコーギーペンブロークの子犬を探す

ペットショップを介さず直接ブリーダーから子犬を迎えたいあなたを、ブリーダーナビがサポート!
犬種はもちろん、お住まいの地域や、毛色、ご予算など、希望に応じてぴったりのワンちゃんを検索してみてくださいね。
気になるワンちゃんを見つけたら、見学に行ってみましょう!(※価格は全て税込みです)

直接ブリーダーから子犬を迎えたいあなたを、ブリーダーナビがサポート!希望のワンちゃんを探してみてくださいね。(※価格は全て税込みです)

検索結果2

並び順

お選びいただいた都道府県以外で子犬が見つかりました

お選びいただいた犬種を取り扱っているブリーダー

お選びいただいた犬種の出産予定がないか、ブリーダーにお問い合わせいただくことも可能です。
※繁殖はブリーダーやワンちゃんの状況に左右されるため、必ずしも出産予定があるとは限りません。ご了承ください。

ブリーダーをもっと見る

サイズ別で子犬を探す

  • 超小型犬の子犬
  • 小型犬の子犬
  • 中型犬の子犬
  • 大型犬の子犬

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー

ウェルシュコーギーペンブロークをお迎えしたお客様の声(口コミ・評価)

  • 2021-04-25 ご成約 テンさん(40代)茨城県
    お迎えしたワンちゃん:ID123571(ウェルシュコーギーペンブローク) ワンちゃんの名前:レモンちゃん
    ブリーダーについて
    何度か見学させてもらいましたが、その都度親切に対応して頂きまして大変感謝しています。トイレトレーニングや名前で呼んでもらえていたことで、うちに来てからもスムーズに反応してくれます。
    お迎えしたワンちゃんについて
    先代コーギーが亡くなってからもうすぐ1年。やっぱりまたコーギーが欲しいと思っていたところ、県内にコーギー専門のブリーダーさんがあることを知ってすぐに問い合わせしました。
    現在のワンちゃんの様子やブリーダーとのやり取りについて
    初日から、前からうちの子?と思うくらい耳ペタでじゃれていました。性格も可愛い子です。ブリーダーさんとは今後もトリミング等でお世話になると思います。
    ワンちゃんのお写真
  • 2021-05-02 ご成約 キキ&ジジさん(50代)新潟県
    お迎えしたワンちゃん:ID126541(ウェルシュコーギーペンブローク) ワンちゃんの名前:ジジくん
    ブリーダーについて
    問い合わせには迅速に対応頂き最後まで安心して取引きが出来ました?
    お迎えしたワンちゃんについて
    先住犬と同じ犬種で色違いの男の子を探して希望通りの可愛い子と出会う事が出来ました。
    現在のワンちゃんの様子やブリーダーとのやり取りについて
    元気に先住犬とも相性はそさそうで遊びたがっています。
    今日引取にしたばかりですが何かあれば相談して下さいと言って頂きましたので問題ないです。
    ワンちゃんのお写真
  • 2021-05-01 ご成約 ぺちちさん(20代)茨城県
    お迎えしたワンちゃん:ID123569(ウェルシュコーギーペンブローク) ワンちゃんの名前:ぺちちゃん
    ブリーダーについて
    兄妹、両親がいる環境で育つ事の大切さを教えていただき、この仔の将来の事を考えるとブリーダーさんの所でお迎えまでの間をお願いしたいと思いました。
    お迎えまでは、急に会いに行く事をお願いすることもありましたが対応していただいたり、成長の事も丁寧に伝えてもらいとても嬉しかったです!
    お迎えしたワンちゃんについて
    コーギーが飼いたくて探していました!
    初めて会って可愛いなと思ったものの迷いもありましたが、家に帰って写真を見返してとても飼いたくなって翌日この仔に決めました!
    現在のワンちゃんの様子やブリーダーとのやり取りについて
    元気に過ごしてます!
    分からないこととか不安な事も連絡してその都度教えていただいてて安心してます!
    ワンちゃんのお写真

お客様の声をもっと見る

コーギーを飼う前に知っておきたい3つのこと

Things to know


コーギー画像

人なつこさ

4.0

活発さ

3.0

人見知り度

2.0

しつけやすさ

5.0

お手入れ

1.0

人気度

5.0

 コーギーは本来、農家の牧畜犬として飼われていました。ペットとして親しまれるようになってからは、社交的な性質や見た目の愛嬌から安定した人気を保っています。毛が生え変わる時期は大量の抜け毛が発生するため、週に一度はブラッシングしてあげましょう。

コーギーの基本情報1

カーディガン・ペンブローク・フラッフィー お好みはどれ?

 コーギーというと、胴が長く短足で尻尾を短くカットしている姿がよく知られていますが、実は大きく2種類に分けられます。
 1つめは「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」です。イギリス・ペンブロークシャー地方で生まれた犬種で、元々は牧畜犬として使われていました。牧畜犬時代の風習から子犬のうちに尻尾をカットしてしまうのがスタンダードとされています。毛色はレッド&ホワイト、セーブル、トライカラーの3種類が一般的です。
 2つめは「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」です。イギリス・カーディガンシャー地方で、こちらも牧畜犬として飼われてきた犬種です。体格はベンブロークよりも大きめで、尻尾はカットしません。毛色はレッド&ホワイト、セーブル。トライカラーなどに加えて、ブラックやブリンドルなどもあります。
 そして例外として、「フラッフィー」と呼ばれるコーギーがいます。コーギーは普通被毛の長さはあまり長くありませんが、稀に長毛のコーギーが生まれます。これがフラッフィーです。長毛は劣性遺伝子ですので、誕生するのは稀です。
 それぞれの違いを認識した上で、自分に合ったコーギーを選びましょう。

コーギーの基本情報2

コーギーのチャームポイント”おしり”秘密は短い尻尾?!

 コーギーの歩いている姿を見ると、なんとも愛嬌があると感じる人が多いのではないでしょうか。胴が長く足が短いので、歩き方もまるでダックスフンドのようで、後ろから見るとモコモコとした丸いお尻が、歩くたびにプリプリと動いてとてもかわいいです。一般的によく見るコーギーは、生まれてすぐに尻尾を切断しているため、尻尾がありません。そのため、まるで人間の赤ちゃんのお尻のようにプリッとしたお尻をしているのです。
 コーギーは元々牧畜犬として作られ、牧畜犬として働くのには尻尾が邪魔だという理由から尻尾を切断する風習が生まれました。今でも尻尾を切断することはスタンダードとされています。ただし、この尻尾の切断は子犬の頃にするといっても、痛みが全く無い訳ではありません。中には切断された時の痛みを覚えていて、情緒が不安定になったり神経質になったりするコーギーもいます。そのため、ドッグショーなどへの出場などを全く考えていない場合には、敢えて尻尾を切らずに残すという選択も可能です。プリプリとしたお尻に特にこだわらないのでしたら、ブリーダーに「尻尾を切らないでほしい」と事前にお願いして譲ってもらうのも良いでしょう。

コーギーの基本情報3

賢く忠実!こんなに魅力的なコーギーの性格

 コーギーは元々牧畜犬として活躍していたことからもわかるように、非常に知能が高く飼い主に忠実な犬だと言われています。飼い主の様子をよく観察しているため、飼い主は常にリーダーシップをとることが大切です。なぜなら、頼りない面ばかり見せていると、コーギーは自分の方が優位だと感じ、主従関係が逆転していまい、飼い主の言うことを全く聞かなくなってしまう場合があるからです。
 また、コーギーはスタミナがありとても活動的です。遊ぶのが大好きなので、室内などで飼われているとストレスを溜めてしまうことがあります。毎日かかさず散歩に行き、できることならドッグランなどで自由に走り回らせてあげましょう。牧畜犬時代に、牛を追い集める仕事をしていたため、本能的に大声で吠えてしまうコーギーもいます。子犬のうちから無駄吠えをした場合にはきちんと叱り、しっかりとしつけることが大切です。
 思う存分遊んであげる時間と体力がある人にこそ、コーギーはぴったりの犬種です。コーギーを飼う前に、しっかりとそのことを理解しておくようにしましょう。

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません

メインメニュー

閉じる