閉じる

ボクサーのブリーダーを探す

ボクサーの特徴

ボクサーはドイツが原産国の犬種。精悍さと愛らしさを併せ持った見た目が特徴。性格は明るく活動的で家族には愛情深い。大きさはオスの体高が57~63cm、メスは53~59cm、体重はオスが30kg以上、メスは25kgが標準。

※性格や大きさには個体差があります。

ブリーダー検索結果7

並び順

地域別でボクサーのブリーダーを探す

他の人気犬種のブリーダーを見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワードブリーダー検索バナー

ボクサーをお迎えしたお客様の声(口コミ・評価)

現在、条件に合致する子犬に関するお客様の声は届いておりません。

ボクサーの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

ボクサーの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

ボクサーの性格

ボクサーは落ち着いており、穏やかで安定した犬種です。

飼い主や家族に対してとても愛情深く忠実で、無邪気に遊ぶことも大好き。見知らぬ人や犬には警戒心を見せるので、番犬としても活躍できるワンちゃんです。

遊び好きな陽気さ、室内での甘えん坊さ、外での警戒心と、さまざまな顔を見せてくれるのがボクサーの魅力のひとつなのです。

ボクサーの大きさや体重

ボクサーは骨太で筋肉質なボディがたくましく、大きさは中型犬と大型犬の間くらいになります。中型と大型どちらに分類されることもありますが、体重だけ見ると25〜35kgほどであり、大型の犬種以上の重さまで成長することが分かります。

上向きの鼻と上顎よりも下顎が長いアンダーショットの口元が特徴的です。

また、国によっては断耳や断尾をするところもあります。

体高 53cm~63cm
体重 30kg前後

ボクサーの歴史と原産国

ボクサーはドイツ原産のワンちゃんで、ドイツに土着していた狩猟犬である「ブレンバイサー」が先祖犬だといわれています。

先祖犬の役目は、仕留めた獲物を離さないよう噛みついて確保しておくというものだったので、噛むことに特化した形が好まれていました。そして猟師たちによって繁殖が行われ続けた結果、作業能力があり目的に適した犬が選択されていき、現在のボクサーになったと考えられています。

原産国のドイツよりも先にアメリカで犬種として登録され、アメリカでは現在でも非常に人気の高い家庭犬です。日本でも賢さや体力が高く評価されており、「警察犬指定犬種」のひとつとなっています。

ボクサーの毛色の種類

フォーンまたはブリンドルの被毛に、ブラックマスクが必須で入ります。

ホワイトのブレーズ(目の間から頭部に向かって入るライン)が入るとより好ましいとされており、顔だけでなく、お腹や足などにもホワイトの斑が入ることがあります。

食事量や回数

食事量の目安として、避妊・去勢済みで体重30kgの成犬の場合を例にあげます。

1日に必要なカロリーは約1440Kcal。ドッグフードの量は商品によりますが平均すると1日約380gほどとなり、1ヶ月に必要なフード量は約11400gほどです。 筋肉質なボクサーは、高たんぱくなごはんを混ぜるなどの工夫が必要になることもあるかもしれません。

食事の回数は一般的には子犬や老犬は1日3〜4回に分けて与え、健康な成犬であれば朝晩の1日2回与えるのが基本です。年齢や健康状態などによって、小分けにしたりふやかしたりなど工夫しましょう。

散歩時間や運動量

ボクサーは運動能力・運動欲求ともに高い犬種であり、運動量は多めです。1日2回、1〜2時間程度の散歩に行くようにしましょう。ジョギングやボール遊びなどを取り入れられるとなお良しですよ。

ボクサーのような短頭種は、鼻が短く口腔の面積が狭い分熱を外に逃がしにくく、夏の暑さに弱いです。熱中症のリスクも大きいので、夏場の散歩は時間帯に配慮して行くようにしてくださいね。

お手入れについて

シングルコートの短毛種なので、被毛のお手入れは比較的簡単です。皮膚を清潔に保てるように、定期的にタオルなどで汚れを拭き取るようにしてください。ブラッシングは週1〜2回程度で十分でしょう。

しつけについて

ボクサーは賢く飼い主への忠誠心も強いので、しつけはしやすいといわれています。警察犬や作業犬として活躍しているだけあって、訓練好きな面もありますよ。

しっかりしつけをしないとワガママや攻撃的な子に育つ恐れがあり、力の強いワンちゃんなので手が付けられなくなってしまうこともあります。なるべく子犬の頃からたくさんコミュニケーションをとり、信頼関係を築けるようにしましょう。

ボクサーは意外とナイーブな部分があり、厳しく叱られるとそれだけで信頼関係が壊れてしまうことも。しつけは、「良くできたときに褒める」を徹底し、褒めるしつけで伸ばしていくようにしてくださいね。できていないときには厳しく叱る必要はなく、首を一度右に振るなどのコマンドで十分です。

屋外でいつでもコントロールできるように、制御させるコマンドは必ず覚えさせるようにしましょう。散歩はリーダーウォークができるようになると安心です。

まとめ

ボクサーの魅力についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

どの犬種でも、最低限のしつけを行うことが飼い主とワンちゃん双方にとってよりよい暮らしのために大事なことですが、ボクサーはとりわけしつけが重要になる犬種です。初めて犬を飼う人やしつけに自信のない人には難しいかもしれません。

しっかりしつけを行うことができれば、飼い主や家族のことが大好きな理想の家庭犬となるはずですよ。

ボクサーの
子犬を見てみる

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません