閉じる

チャウチャウのブリーダーを探す

チャウチャウの特徴

チャウチャウは中国が原産国の犬種。青黒い舌を持ち、ライオンのような見た目が特徴です。性格はマイペースで、警戒心が強く頑固な面もあります。成犬時の大きさはオスの体高が45~56cm、メスは46~51cmが標準とされています。

※性格や大きさには個体差があります。

ブリーダー検索結果6

並び順

地域別でチャウチャウのブリーダーを探す

他の人気犬種のブリーダーを見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワードブリーダー検索バナー

チャウチャウをお迎えしたお客様の声(口コミ・評価)

現在、条件に合致する子犬に関するお客様の声は届いておりません。

チャウチャウの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

チャウチャウの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

チャウチャウの性格

チャウチャウは冷静で落ち着いた性格ですが物音などへの警戒心が強く、番犬向きだといわれています。

飼い主や家族に対して積極的に甘えたり愛情を示したりすることは少なく、独立心が強い傾向があります。一見ドライだと感じますが、飼い主と認めた人には忠実についていくようなワンちゃんです。

頑固でマイペースな面があるので、しつけは根気強く行う必要があるでしょう。

チャウチャウの大きさや体重

チャウチャウは大きな子で30㎏以上にもなる大型犬です。

ライオンのような凛々しい姿に対して愛嬌のある表情が可愛く、そのギャップが魅力のひとつですね。

ボリュームのある被毛に隠れがちですがちょこんとした立ち耳をしていて、尻尾はゆるい巻尾で背負うような状態であることが多いです。

さらに独特な特徴として、青みがかったような黒っぽい舌をしています。

体高
46~56cm

体重
20~30kg

チャウチャウの歴史と原産国

チャウチャウは中国原産のワンちゃんです。 中国ではなんと2000年以上前から知られており、番犬や狩猟犬として働くために飼育されていたとされています。

長い歴史があるためルーツに関しては謎が多いですが、その見た目からスピッツ犬やマスティフ系のワンちゃんと血縁関係にあると考えられています。 特に「シャーペイ」は同じ中国原産で、またチャウチャウと同様に特徴的なブルーブラック色の舌をしているので、祖先が一緒の可能性が高いといわれているようです。

日本では1980年代にCMで起用されたことにより、一躍有名になりました。当時CMで初めて見た人は、子グマのような姿の珍しいワンちゃんに驚いたのではないでしょうか。

チャウチャウの毛色の種類

チャウチャウはレッドやフォーン、クリーム系のイメージが強いですが、それ以外にブラック、ブルー、ホワイトも認められています。

食事量や回数

ドッグフードのパッケージなどに記載のある量を、子犬の頃は1日3〜4回、成犬になったら2回に分けて与えるようにしましょう。

必要とするフード量の目安を体重26kgで避妊・去勢した成犬を例に計算してみると、1日に必要なカロリーが約1300kcal、1日分のフードの量は商品によって変わってきますがドライフードでおおよそ340g程度となります。1ヶ月間で約10kgを食べる計算です。

年齢や体重によって食事量は異なっていくので、大きく成長するワンちゃんは特に気をつけなくてはなりません。適切な量を過不足なく与えられるようにしましょう。

散歩時間や運動量

他の大型犬と比べ、チャウチャウの運動量は少なめ。 元気に散歩に出かけるよりも、家でのんびり過ごすことを好む子が多いようです。

またチャウチャウは関節が弱いので、ジャンプなどの激しい運動は好ましくありません。

とはいえ運動不足は肥満などにも繋がるので、1日2回散歩に連れて行くようにしましょう。1回30分ほどが理想です。

チャウチャウは寒さに強いですが暑さにはめっぽう弱いので、特に夏場の散歩はこまめに水分補給をさせるなどの工夫をするようにしましょう。

お手入れについて

びっしりと豊富なダブルコートの被毛で抜け毛が多いので、毎日のブラッシングは欠かせません。

できればスリッカーブラシを使用し、毛玉になりそうなアンダーコートを取り除くようにしましょう。皮膚を傷つけそうでこわい場合は、先端が丸くなったピンブラシを使うのがおすすめです。顔周りなどの細かい部分はコームを使用するようにしましょう。

シャンプーは月1回程度がベスト。

チャウチャウは頑固なところがあり、一度嫌なイメージがつくと次からやらせてくれなくなる可能性があります。苦手意識を持たせないように工夫しながら行いましょう。

皮膚炎を防ぐため、シャンプーのあとはしっかりドライヤーで乾かすようにしてくださいね

しつけについて

チャウチャウは独立心が強く「何でも自分で決めたい」というタイプのワンちゃんなので、しつけは苦労するかもしれません。

なるべく早い段階から、他の人や生き物、新しい場所などのさまざまな刺激に触れさせて、社会性を高めるようにしましょう。

また、警戒心の強さから噛み癖がつく可能性があります。 のんびり屋さんに見えるチャウチャウですが噛む力は強く、一度癖がついたら治すのには時間がかかります。

家族の中で言うことを聞く人と聞かない人ができないよう、しつけは家族で一貫性を持って根気強く行うようにしましょう。

まとめ

ユーモラスな見た目で隠れファンも多いチャウチャウですが、正直「飼いやすさ」はあまりありません。独立心の強い性格でしつけが大変なだけでなく、毎日のお手入れは他の犬種と比べ時間と手間がかかります。

ですが毎日しっかりお世話をして信頼関係を築ければ、飼い主にとって忠実なパートナーとなるはずです。

チャウチャウの子犬を見てみる

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません