閉じる

ロットワイラーのブリーダーを探す

ロットワイラーの特徴

ロットワイラーはドイツが原産国の犬種。垂れ耳で短毛なのが特徴。性格は落ち着きがあり素直です。成犬時の大きさはオスの体高が体高65~66cm、メスは60~61cm、体重はオスが50kg、メスは42kgが理想とされています。

※性格や大きさには個体差があります。

ブリーダー検索結果14

並び順

地域別でロットワイラーのブリーダーを探す

他の人気犬種のブリーダーを見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワードブリーダー検索バナー

ロットワイラーをお迎えしたお客様の声(口コミ・評価)

ロットワイラーの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

ロットワイラーの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

ロットワイラーの性格

ロットワイラーは従順で忠誠心が強く、家族に対してとても愛情深い性格のワンちゃんです。

落ち着きと恐れ知らずの大胆さを併せ持っており、家族を守ろうとする意識が強いので、番犬としても頼りになります。自分より小さい・弱い相手に対して優しく落ち着いた対応ができ、小さな子どもとも上手に接することが可能です。

素直さや作業能力の高さ、パワフルさから、警察犬としても活躍しています。

ロットワイラーの大きさや体重

ロットワイラーは大型犬と表記されることが多いですが、ジャパンケネルクラブでは「大型犬と中型犬の中間に位置する」と説明されています。

筋肉質で引き締まったボディをしているため、体高のわりに体重は重く、50㎏を超えることもあります。

筋骨隆々な体型に頑丈な首、大きめの頭部が非常に力強く、頼もしさを感じるワンちゃんですね。

体高
オス:61cm~68cm
メス:56cm~63cm

体重
オス:50kg前後
メス:42kg前後

ロットワイラーの歴史と原産国

ロットワイラーはドイツ原産のワンちゃんです。

最古の犬種のひとつであると考えられており、その歴史は古代ローマ帝国時代にまで遡ります。ローマ帝国が中央ヨーロッパに侵攻する際に、家畜の牛の番犬を務めたり、軍人の護衛を行ったりしていた犬がロットワイラーの祖先だといわれています。

やがてドイツの「ロットワイル」という町に定着し、家畜の護衛や番犬として成果をあげたことから、ロットワイラーという名前がつきました。

畜産業の近代化によって一時は絶滅の危機にまで追い込まれましたロットワイラーですが、その後警察犬としての素質が認められ、現在では警察犬や番犬、山岳救助犬などとして幅広く活躍しています。

特にアメリカやヨーロッパでは家庭犬としても人気が高く、海外の映画やゲームなどで登場することの多い犬種です。

ロットワイラーの毛色の種類

濃いブラックを基本として、頬や目の上、胸、脚などにタン・マーキングが入ります。

食事量や回数

食事量の目安として、避妊・去勢済みで体重46kgのロットワイラー成犬の場合の例をあげます。

1日に必要なカロリーは、約2000Kcal。ドッグフードの量は商品によりますが、平均すると1日約520gほどとなり、1ヶ月に必要なフード量は約15〜16kgほどになります。

ロットワイラーは筋肉量が多いので、同じくらいの体重のワンちゃんよりも必要カロリーは多いと考えられます。体重や健康状態を見ながら、適切な量を与えられるように管理しましょう。

食事の回数はワンちゃんの年齢や健康状態によって異なります。一般的には子犬や老犬で1日3〜4回、健康な成犬であれば1日2回に分けて与えるのが基本です。

散歩時間や運動量

ロットワイラーの力に見合った運動量はかなり多めになります。毎日最低でも1〜2時間以上の散歩に連れて行くようにしましょう。その上で、月に数回ほどドッグランで自由に走らせるのが理想的です。

お手入れについて

ロットワイラーは短毛で抜け毛も比較的少ないといわれているので、お手入れの手間は少なめです。タオルで汚れを拭き取る程度で良いでしょう。

換毛期には毎日ブラッシングをし、抜け毛を取り除いてあげるようにしてください。短毛ではありますが、毛並みを綺麗に保つことが筋肉の美しさを際立たせることに繋がります。

垂れ耳の犬種なので、耳の状態も意識的にチェックするようにしてくださいね。

しつけについて

とにかく力が強いワンちゃんなので、なるべく小さいうちからしっかりとしつけを行いましょう。特に「引っ張りグセ」「噛みグセ」は大けがや重大な事故に繋がる可能性もあるので、これらの癖がつかないように訓練を行う必要があります。

「マテ」「フセ」などの制御できるコマンドはしっかりと覚えさせて、散歩では飼い主を引っ張って歩くことのないようにしつけるのがおすすめです。

家族を守ろうとする気持ちが強いゆえに、過剰な防衛心を見せることがあります。 他の犬や生き物に対して攻撃的にならないよう、早い段階から社交性を身につけさせるようにしましょう。

まとめ

一見怖そうに見られることもあるロットワイラーですが、とても献身的で愛情深いワンちゃんです。しっかり訓練を行うことができれば、家族を守ってくれるような頼もしい存在となるでしょう。

ただし飼育難易度は高めで、飼うには相当な覚悟が必要だともいわれています。ロットワイラーに憧れるという方は、性質や飼い方をしっかり理解した上で飼育を検討してくださいね。

ロットワイラーの
子犬を見てみる

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません