探す

ブリーダーナビガイダンス

おすすめコンテンツ

価格が安いアメリカンピットブルテリアの子犬を探す

アメリカンピットブルテリアの特徴

アメリカンピットブルテリアは闘犬として活躍していた歴史もあり、筋肉質で中型犬の中では大きめ。服従心が強く、明るく無邪気な性格。成犬時の大きさは体高35.5~40.5cm、体重はオスが12.7~17kg、メスは11~15.4kgが標準。

※性格や大きさには個体差があります。

検索結果1

※価格は全て税込みです

並び順

※価格は全て税込みです

お選びいただいた犬種の子犬が見つかりました

お選びいただいた条件で成約済みの子犬

お選びいただいた犬種を取り扱っているブリーダー

お選びいただいた犬種の出産予定がないか、ブリーダーにお問い合わせいただくことも可能です。
※繁殖はブリーダーやワンちゃんの状況に左右されるため、必ずしも出産予定があるとは限りません。ご了承ください。

ブリーダーをもっと見る

アメリカンピットブルテリアの販売価格帯の分布

こちらのグラフは過去1年間にブリーダーナビで引き渡しが決まったアメリカンピットブルテリアの価格帯比率です。

アメリカンピットブルテリア価格帯分布

価格 比率
15万円以下 42.9%
15~20万円 38.1%
20~25万円 19%
25~30万円 0%
30~35万円 0%
35~40万円 0%
40~45万円 0%
45~50万円 0%
50万円以上 0%
※このデータは、2021年10月01日~2022年09月30日にブリーダーナビで販売されたアメリカンピットブルテリアを対象としたものです。(n=21)

アメリカンピットブルテリアの販売価格で最も頭数が多いのは15万円以下。最も安い価格帯である15万円以下は全体の42.9%ほどになります。

価格が安い理由

平均よりも価格が安い理由として次のようなものが考えられます。

  • 小型犬の場合のサイズオーバー
  • 成犬になっている
  • 地方のブリーダーである
  • ブリーダーの方針による低価格設定
  • 犬種のスタンダードから外れている
  • 血統書が発行されない

安さには理由がありますが、その理由のほとんどはペットとして一緒に暮らしていく場合にマイナスになるものではありません。
初期費用や緊急事態につかう費用など、迎え入れる場合にかかる総額を計算して、適切な価格帯で運命の出会いを探せるとよいですね。


15万円以下のアメリカンピットブルテリアの販売頭数推移

こちらのグラフは15万円以下のアメリカンピットブルテリアの、過去2年間での販売頭数の変遷です。

15万円以下のアメリカンピットブルテリア頭数

※このデータは、2020年10月01日~2022年09月30日にブリーダーナビで販売されたアメリカンピットブルテリアを対象としたものです。(n=43)

15万円以下のいわゆる格安といわれる価格帯のアメリカンピットブルテリアの販売頭数は、最大で1ヶ月に10頭となっています。

この価格帯の販売頭数は、2021年6月に施行された「改正動物愛護法」で従業員1人あたりの飼育頭数や犬の生涯出産回数、年齢など、動物取扱業者に対する数値規制が設けられたことに影響されやすくなっています。

なかでも「従業員1人当たりの飼育可能頭数」は、2024年まで3年間をかけて減らされていくため、2024年までは安い価格帯の頭数が多めに出る可能性があります。

価格が安いというメリットは大きいですが、その理由は何なのか理解しておくことも重要です。なぜその値段なのかわからない場合にはブリーダーさんに質問してみることをおすすめします。また他の価格帯の犬の情報と見比べてみるのもよいでしょう。

地域別でアメリカンピットブルテリアの子犬を探す

価格別でアメリカンピットブルテリアの子犬を探す

月齢別でアメリカンピットブルテリアの子犬を探す

性別でアメリカンピットブルテリアの子犬を探す

他の人気犬種の子犬を見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません