カニンヘンダックスフンドの飼い方は?寿命や大きさ、特徴も

カニンヘンダックスフンドとは
photo by Oliver Pis

カニンヘンダックスフンドという犬種をご存じでしょうか。人気のミニチュアダックスフンドよりもさらに小さい、超小型犬に属する犬種です。
今回は、そんなカニンヘンダックスフンドについて解説していきます。

 

カニンヘンダックスフンドとはどんな犬種?

英語表記Kaninchen Dachshund
原産国ドイツ
大きさ胸囲~30cm
体重~3.5kg

カインヘンダックスフンドは、小型のミニチュアダックスよりもさらに小さく、最も小さいダックスフンドになります。

イギリスやアメリカではミニチュアダックスフンドと同じ分類とされており、国によって扱いが変わります。

実際、大きめのカニンヘンと小さめのミニチュアはほぼ同じ大きさとなり、年齢に応じて多少サイズをオーバーしてもカニンヘンとして許容されます。

カニンヘンダックスフンドの歴史

ダックスフンドの祖先は、スイスの“ジュラ・ハウンド”と考えられています。そこにドーベルマンやピンシャーなどの血が加わりダックスフンドの基礎が作られたとされています。

カニンヘンダックスフンドは19世紀頃、ウサギのような小さな動物を狩猟するための小型の猟犬として作出されました。それまでのダックスフンドの体の大きさでは、ウサギの巣穴に入ることができなかったためです。

名前のカニンヘンとはドイツ語でウサギを意味するので、そこに名残があることが分かるでしょう。

カニンヘンダックスフンドが日本に渡ったのは1995年頃。ドイツから初めて輸入されてJKC(ジャパンケネルクラブ)にも登録されました

寿命はどのくらい?

小型犬に属するカニンヘンダックスフンドの平均寿命は14~17歳といわれています。しかし、個体差があるためすべてのカニンヘンダックスがこの寿命に当てはまるわけではありません。

下記のページでは、カニンヘンダックスフンドの寿命について解説しています。愛犬に少しでも長生きしてもらうためにも、ぜひ参考にしてみてください。
ダックスフンドの平均寿命は?長生きしてもらうためにできること

カニンヘンダックスフンドの被毛と毛色

ダックスフンドは、『スムース』『ワイヤー』『ロング』という3つの異なる毛質と、豊富なバリエーションの毛色を持つ犬種です。

スムースヘアーは、ダックスフンドの基本的な被毛で、つやのある短い毛が密集して生えています。

ワイヤーヘアーは、ワイヤーという名前の通り粗く硬い被毛で、眉毛とひげに見える毛が生えているという特徴があります。

ロングヘア―は、長めの細く柔らかい艶のある被毛です。

ダックスフンドの毛色
  • レッド
  • レディッシュ・イエロー
  • イエロー
  • ブラック&タン
  • ブラウン&タン
  • ダップル
  • タイガーブリンドル
  • ブリンドル

被毛のお手入れも含めた、カニンヘンダックスのお世話に関して知りたいという方は、下記のページをご覧ください。抜け毛対策に加えて、暑さ寒さへの備えなどの疑問にお答えしています。
カニンヘンダックスフンドの抜け毛、暑さ・寒さ対策などの疑問にお答え!

カニンヘンダックスフンドの性格は?

カニンヘンダックスフンドの性格は、好奇心が強く陽気で元気な子が多いです。
頑固な面があるので、場合によってはしつけに苦労するかもしれませんが、信頼した相手への忠誠心が高く我慢強くもあるので、子どもとも仲良くできる犬種です。

オスは比較的甘えん坊でやんちゃ、一方メスは独立心が強く頑固な性格の個体が多い傾向にあります。

カニンヘンダックスの性格について、さらに詳しく知りたいという方は下記のページも覗いてみてください。基本的な性格の傾向から、毛質の違いによる性格の差まで詳しく解説しています。
カニンヘンダックスフンドの性格は?飼いやすい犬種?

カニンヘンダックスフンドの飼い方は?

カニンヘンダックスフンドは、超小型なダックスフンドですが、飼育するうえで気を付ける
べきポイントはあるのでしょうか。
ここでは、体が小さいがゆえの、覚えておきたい飼育ポイントをご紹介します。

お迎えするために必要なものは?

カニンヘンダックスフンドは、ミニチュアダックスフンドよりもさらに小さい超小型犬です。
ではカニンヘンダックスを迎えるにあたり、どんな準備が必要なのでしょうか

下記のページでは、迎える前に揃えておきたいグッズから、迎えた後で少しずつ揃えておきたいグッズまでカニンヘンダックスフンドを飼ううえで必要なグッズを紹介しています。
【カニンヘンダックスフンドを飼う準備】生活必需品など用意するもの

1日の散歩はどれくらい?

ダックスフンドは、胴が長く腰を痛めやすいので、筋力をつけてケガを予防する必要があります。それは、超小型犬に属するカニンヘンであっても同様で、散歩などの運動を心がけましょう。

具体的には、時間にして大体10~20分の散歩を朝と夕の2回、距離にすると1~2kmほどです。
しかし、いくら運動が必要とはいえ、やりすぎは禁物です。毎日適度な運動を行うことで、ストレスの解消や肥満予防に努めてください。

1日に摂取させたい食事量

カニンヘンダックスフンドに与える1日のフードの量は、基本的にパッケージに記載されている量で問題ありません。この量を基準に、体型や体調を考慮に入れて調整するといいでしょう。

そのうえで、成長段階に応じて1日の食事回数を変えていく必要があります。
成犬であればパッケージに記載されている量を2回に分けて。まだ消化器が成長しきっていない子犬であれば、3~4回(月齢により異なる)にわけて与えるようにしましょう。

まとめ

カニンヘンダックスフンドは、3種あるダックスフンドの中でも最も小さい犬種です。特徴的な体型から腰を痛めやすいため、健康管理は欠かさないようにしてくださいね。

下記のボタンからは、活発でかわいいカニンヘンダックスフンドの子犬をご覧いただけます。気になる方はこちらもぜひ覗いてみてくださいね。

カニンヘンダックスフンドの
子犬を探す