トイプードルの便利グッズ!お世話・散歩・季節など状況ごとにご紹介

愛犬との生活を充実させてくれる魅力的なサポートグッズ

トイプードル
photo by Toshihiro Gamo

ペットのための食事やトイレ、散歩用のハーネスなど、ペットを迎えるために準備が必要なものは意外と少なくありません。仮に何も用意せずにペットを迎えたとしたら、満足に飼育することは難しいでしょう。

過剰な準備は必要ないものの、最低限ドッグフードや犬用ベッド、散歩用品など、飼育に必要な最低限のアイテム揃えておきたいもの。ここでは、ペットを飼う上で欠かせない必需品から、あれば快適になる便利グッズまで、愛犬との生活が快適になる様々なグッズをご紹介していきます。

これから飼い始めるという初心者の方は、「どういったのを準備しておけばいいのか」「今後なにが必要になるのか?」事前に知っておけば安心できるでしょう。
現在一緒に住んでいるという人は、愛犬との生活をより快適にするためのグッズの参考にしてください。

一人ぼっちにさせる留守番の不安を取り除く、愛犬のお世話グッズ

一人暮らしの方など、留守番をしている愛犬の様子が気になるものです。
寂しそうにしていないか病気になっていないか、お腹を空かせて家中を荒らしていないかなど、見えないからこそ不安は大きくなります。

今は、そんな不安を取り除くための、見守りカメラや自動えさやり機など、便利なサポートグッズの数々が取り揃えられています。
こうしたグッズがあれば、自分の留守中でも安心できますね。

ペット用 お掃除簡単サークル

ペットシーツ

外出先からスマホでごはん!

お困りなら試してみては?しつけサポート用グッズ

トイプードル
photo by Toshihiro Gamo

愛犬のしつけは、全ての飼い主さんが少なからず頭を悩ませることでしょう。
もちろん犬種や個体ごとに差はあるものの、生き物が相手である以上、決して簡単にはいきません。

そんなしつけでお悩みの方には、愛犬のしつけをサポートしてくれるグッズがおすすめです。サポートグッズを的確に利用できれば、飼い主さんが独力でやるよりも、断然楽にしつけることができるでしょう。

ただし、道具に頼ったしつけには、即効性が高いというメリットがある一方、慣れてしまうと効果が期待できなくなるというデメリットもあります。

基本的に、しつけは飼い主とペットとのコミュニケーションがあって成り立ちます。
グッズは、あくまでしつけを補助してくれるものと考え、服従訓練(お座り、伏せ、待てなど)を行い、ペットとの関係を意識させることが大切です。

しつけ用 ステップトレー

ペットセーフ クリッカー

抜け毛対策にはこれ!定番のグッズを紹介

犬の毛は、オーバーコートとアンダーコートの二重構造になっていて寒さに強い「ダブルコート」とアンダーコートが少ない「シングルコート」の2種類。このうち、トイプードルは抜け毛が少ないシングルコートの犬種で、寒さには弱い反面、抜け毛が少ないため室内での飼育に適しています。

しかし、抜け毛が少ない一方、トイプードルの被毛は絡まりやすく毛玉ができやすいことから、美しい被毛を保つためにはこまめなブラッシングが必要になります。
また、毛が生え変わる換毛期には、一般的に抜け毛が少ないといわれるシングルコートのトイ・プードルであっても、抜け毛の量が増えてしまいます。季節の変わり目(とくに春と秋、夏用の毛と冬用の毛が生え変わるタイミング)には、いつもより多めにブラッシングすることをおすすめします。

抜け毛対策で基本的かつ最も効果的なのはブラッシングです。
ブラッシングは家庭でできる簡単なお手入れですが、毛並みを整えるだけでなく、健康状態の確認や血行促進、ペットとのスキンシップなど、様々な効果があります。

ソフトスリッカーブラシ

散歩時におすすめ!実用的なアイデアグッズ

トイプードル
photo by Toshihiro Gamo

犬の日常的な運動のためにも欠かせない、毎日の散歩。それは、室内犬であるトイプードルであっても同様です。

散歩といっても、ただ外を連れて歩けばいいというわけではなく、地域の迷惑にならないようきちんとマナーを守る必要があります。また、散歩は犬が主役なので、時間や距離、頻度など、犬が満足できるように心がけましょう。

プードルは元々狩猟犬として活躍していた犬種なので、活発で豊富な運動量を必要としています。そして、それはトイプードルも同様です。
好き勝手に暴れさせないためのハーネスや、フンの処理など、飼い主のとしての役割を全うするために、散歩用のグッズは揃えておきましょう。

8の字ハーネス

うんちが臭わない袋

ポップウェア ぺたんこボウル

フンキャッチャー

暑さと寒さから愛犬を守るための対策グッズ

トイプードル
photo by Jim Larrison

ふわふわとした見た目とは裏腹に、トイプードルは寒さに弱い犬種です。
一見温かさそうな被毛が寒さから身を守ってくれそうですが、シングルコートなので見た目と保温性にはあまり関係がありません。

犬の被毛は、主に「シングルコート」と「ダブルコート」の2種類で、すべてのプードル種は、被毛の密度が薄く外気の影響が肌に伝わりやすいシングルコートに分類されます。

また、トイ・プードルは小型の犬種なので、地面に近い場所で活動する犬の中でも特にその影響を受けることになります。暖かい空気は上に、冷たい空気は下にいくので、寒い季節はより冷たい空気を感じてしまうでしょう。また、暑い季節は散歩時にアスファルトの熱を直接受けてしまうので、季節ごとの対策は人間以上に気を遣う必要があります。

暑さ対策

一般的に「寒さに強く暑さに弱い」といわれている犬の中でも珍しく、シングルコートの被毛を持つトイプードルは比較的暑さに強い犬種です。それでも人間からすれば、トイプードルは1年中毛皮を着ているようなもの。しかも、肉球や鼻先くらいにしか汗腺がない犬は、人間のように上手く汗をかいて体温調節することができません。

日本の夏は温度も湿度も高く、厳しい暑さが長く続くため、トイプードルが犬にしては暑さに強いとはいえ、暑さ対策を講じる必要があります。
エアコンはもちろん、犬用の冷却マットやクールボードなどのグッズを活用して、厳しい暑さを乗り切ってください。

犬用の冷却マット

  

寒さ対策

トイプードルは、数ある犬種の中でも特に寒さに弱い犬種です。
そのため、冬場は犬用のヒーターやペット用のホットカーペットなどの暖房器具を中心に、毛布などで防寒対策を講じましょう。

また、服を着せるという方法も有効です。最近はフリースやダウンなど、様々な素材の服が市販されているので、愛犬に合った素材のものをセレクトしてください。ただし、人間と違って厚くなっても自分で脱ぐことができないので、留守番などで一人にする場合は注意しましょう。

ヒーター・ホットカーペット

まとめ

トイプードルは、特に人気の高い犬種です。
小柄で可愛らしい見た目からは想像できないものの、狩猟犬の血を引いているので、とても活発で運動量が豊富。散歩用のグッズを活用して存分に運動させてあげましょう。

また、季節ごとの暑さや寒さへの対策も必要です。犬用のヒーターやホットカーペット、冷却マットやクールボードを使って、快適に過ごさせてあげましょう。

犬用の便利グッズやアイデアグッズを活用すれば、初心者であってもトイプードルを飼うハードルは一気に下がるでしょう。
今回の記事を参考に、あなたもぜひ、愛犬との楽しい生活を実現させてください。

ブリーダーからお迎えしたいと考えている方は下記のリンクからもぜひご検討してみてください。

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。