濱口美穂ブリーダーインタビュー | 長崎県雲仙市 | チワワ、トイプードル、フレンチブルドッグ、豆柴、ミニチュアピンシャー

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。 今回は長崎県雲仙市にお住いの「濱口美穂ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての想いなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
濱口美穂ブリーダー
犬舎
長崎県雲仙市
取扱犬種
チワワ、トイプードル、フレンチブルドッグ、豆柴、ミニチュアピンシャー

濱口美穂ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

濱口美穂ブリーダーの子犬を探す !

  • 飼い主さんに可愛いと思ってもらえるようなワンちゃんを育てるよう心掛けています

    濱口ブリーダー 2

    ―最初に、ブリーダーとして、どういったところに力を入れてワンちゃんを育成しているかを教えてください。

    濱口ブリーダー:飼い主さんたちに、「可愛い!」と思ってもらえるようなワンちゃんを育てるように心がけています。そのためにはまず、自分が可愛いと思うことが大切だと思いますので、自分の好みというか、理想とするお顔に近づけるようにこだわって繁殖や育成をしていますね。

    ―そうなんですね!では、具体的にはどのような環境でワンちゃんをお世話されているんですか?

    濱口ブリーダー:普段は一頭一頭ケージに入れてお世話しています。ワンちゃんも人間と同じで、相性の合う、合わないはありますので、そういったことでストレスの掛からないようにしています。

    ―ワンちゃんのメンタル面に気を遣っているんですね!

    濱口ブリーダー:そうですね。なので、外で運動させる際には、体の大きさや相性を見て、いくつかのグループに分けるようにしています。

    ―なるほど!運動の際には、お庭に放したりするんですか?

    濱口ブリーダー:犬舎の外に大きめの運動場がありますので、そこに先ほど言ったグループごとに分けて放していますね。ダニやノミなどの害虫のことや、ワンちゃんが粗相したときにすぐに掃除できるよう、床はコンクリートにして、衛生面にも気を遣っています。
    晴れた日の昼間はそこで日光浴をさせて、ワンちゃんの免疫力を上げるようにしていますね。

    濱口ブリーダー 2

  • 飼い主さんの心の穴を、私が育てたワンちゃんたちが埋めてあげられたらと思っています

    濱口ブリーダー 3

    ―現在で、どういった種類のワンちゃんをお世話しているんでしょうか?

    濱口ブリーダー:今はチワワ(ロング・スムース)、トイプードル、ミニチュアピンシャー、豆柴、フレンチブルドッグをお世話しています。

    ―小型犬~中型犬をメインにしているんですね!では、数にするとどのくらいになりますか?

    濱口ブリーダー:引退した子やまだ出産を経験していない子もいますが、親犬だけで大体60頭くらいになります。中でも、私自身チワワが好きで、思い入れもあるのでチワワの数が一番多くなっています。

    ―そうなんですね!となると、飼い主さんから人気が高いのもチワワになるんですか?

    濱口ブリーダー:そうですね。特に以前チワワを飼っていた方で、また飼いたいという方が多く訪れます。そういった飼い主さんの中には、寿命や病気で可愛がっていたワンちゃんを亡くされた方もいらっしゃいますので、そのワンちゃんを失った寂しさを和らげたいといったお話をよく聞きます。

    ―飼い主さんにとって、愛犬を失うというのは何よりも辛いことですからね。

    濱口ブリーダー:そうですね。なので、そういった飼い主さんの心に空いた穴を、私が育てたワンちゃんたちが埋めてあげられたらと思い、子犬をお渡しするようにしています。

    濱口ブリーダー 3

  • ブリーダーは「命を扱う」という事に責任を持たなければならないと思っています

    濱口ブリーダー 4

    ―先ほど、チワワが一番好きだとお話されていましたが、濱口ブリーダーが思うチワワの魅力を教えてください。

    濱口ブリーダー:犬種自体が可愛いことですね!私は元々、犬種に関わらず犬が大好きだったんですが、ある日ペットショップで見たチワワがあまりにも可愛くて、そのまま家にお迎えし、以来ずっとその魅力にとりつかれています(笑)

    ―チワワに心を奪われてしまったんですね!

    濱口ブリーダー:本当にその通りで、2017年の現在でブリーダーを始めて5年になりますが、一番最初にお世話したのもチワワでしたね。

    ―そうなんですね!では、ブリーダーになろうと思ったきっかけもペットショップから迎えたチワワだったんですか?

    濱口ブリーダー:それもあるんですが、先ほどお話しした通り元々犬種に関わらず犬が大好きで、よく知り合いのブリーダーさんのところに通って色々お話を聞いたりしていたんです。そうしているうちに、自分もブリーダーになりたいと思うようになりました。

    ―知り合いのブリーダーさんの影響が大きかったんですね!

    濱口ブリーダー:そうですね。しかし、すぐにブリーダーになることを決めたわけではなく、2年ほどは迷っていましたね。やはり、「命を扱う」という事に責任を持たなければならないので、果たして自分にそれができるのかと悩んだ後、覚悟と決心をして知り合いのブリーダーさんに色々勉強させてもらい、今の道を歩み始めました。

    ―ワンちゃんの命を背負うという事ですものね。

    濱口ブリーダー:「犬が好き」という気持ちはもちろん大事ですが、それと同時に「命を扱い、背負っている」という事を自覚し、責任を持たなければならないと、私は考えています。

    濱口ブリーダー 4

  • 飼い主さんに、一生涯愛してもらえるようなワンちゃんを育てたいです

    濱口ブリーダー1

    ―今後ブリーダーとして活動していく中で、目指している夢や目標などはありますか?

    濱口ブリーダー:飼い主さんに一生涯愛してもらえるようなワンちゃんを育てたいですね。現在もこだわりを持って丁寧にブリーディングしていますが、ブリーダーを続けているうちは常に勉強し、より質の高い、自分が最高だと思えるワンちゃんを育てることを追求していきたいと思っています。

    ―より高みを目指しているんですね!そうなりますと、ドッグショーで賞を獲るという事も1つの指標となると思うのですが、出場などは考えているんですか?

    濱口ブリーダー:そういったことは考えていませんね。確かに、ドッグショーで賞を取ることも素晴らしいことだとは思うのですが、私はショーでの評価よりもワンちゃんをお渡しした飼い主さんが、可愛いと思ってくれるかが重要だと思っていますので、まずは自分で可愛いと思えるような子を育てるようにしています。

    ―そうなんですね!では、ブリーダーをやっていて、やりがいを感じたエピソードなどはありますか?

    濱口ブリーダー:お渡ししたワンちゃんが、飼い主さんに可愛がってもらっている姿を見ることですね。これまでワンちゃんをお渡しした飼い主さんのほとんどが、近況を写真に撮ってメールで送ってくれますので、その中でワンちゃんたちが幸せそうにしているのを見るとやりがいを感じます。

    ―やはり自分が送り出したワンちゃんには、幸せになって欲しいですからね。

    濱口ブリーダー:そうですね。あと、お渡ししたワンちゃんが成長し、飼い主さんと一緒に里帰りで遊びに来てくれたときはとても嬉しいですね。これは、飼い主さんとの距離が近いブリーダーならではの楽しみだと思っています。

    ―素敵なお話ありがとうございます!それでは最後に、ブリーダーから犬を買おうと思っている方へメッセージをお願いします。

    濱口ブリーダー:ワンちゃんを迎える際には、一度見学してから迎えるようにしてください。下調べはもちろん大事ですが、やはり自分の目でしっかり見て、「この子だ!」と思えるワンちゃんを迎えてほしいです。
    うちの犬舎はまだ飼いたい犬種が具体的に決まっていない方でも見学できますので、うちのワンちゃんを見ることで、どんな子を迎えるかの参考にしてもらえたら嬉しいです。

    濱口ブリーダー1

編集後記

自分のこだわりを持ち、ワンちゃんを丁寧に育成されている濱口ブリーダー。
現状に甘んじることなく、常に勉強しブリーダーとしての高みを目指し、ワンちゃんの「命」に対してしっかりと責任を持つ素晴らしい方でした!
濱口ブリーダー、ご協力ありがとうございました!

濱口美穂ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

濱口美穂ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー