カニンヘンダックスフンドとは?歴史から大きさや寿命が分かる?

 

カニンヘンダックスフンドの大きさや寿命って?

カニ
photo by Oliver Pis

ミニチュアダックスフンドよりもさらにサイズが小さなカニンヘンダックスフンド。
大きさや寿命を見てみましょう。

体重:3~3.5kg
体高:胸囲30cm以下
寿命:12~15年
原産国:ドイツ

標準サイズは生後15か月を経過した時点で測定し、胸囲が30cm以下の場合は、カニンヘンと種別されるそうです。

また、両親がカニンヘンであれば、その子どもは大きさに関係なくカニンヘンとして登録することが可能です。つまり、ミニチュアサイズであってもカニンヘンとして登録されている場合もあるため、お迎えする際は注意が必要です。

カニンヘンダックスフンドは長生き?その理由は歴史にあり

小型犬は大型犬に比べて寿命が長いといわれています。個体差はありますが、体が小さいカニンヘンダックスフンドも寿命は比較的長い傾向があるといえるでしょう。カニンヘンダックスフンドの場合、その寿命の長さには誕生するまでの歴史が関係しているようです。どんなことが長生きに繋がっているのでしょうか。

カニンヘンダックスフンドの歴史
ダックスフントの祖先は、スイスの“ジェラ・ハウンド”と考えられています。そこにドーベルマンやピンシャーなどの血が加わりダックスフンドの基礎が作られたとされています。

そもそもカニンヘンダックスフンドは19世紀頃、ウサギなど狭い巣穴にいる動物を狩猟するために最小化の改良が進み、現在のカニンヘンダックスフンドが生まれました。そのため“カニンヘン”はドイツ語で“ウサギ”を意味し、人と共に狩猟するためのパートナーとして活躍してきました。

カニンヘンダックスフンドが日本に紹介されるようになったのは1995年頃。ドイツから初めて輸入されてJKC(ジャパンケネルクラブ)にも登録されました。

カニンヘンダックスフンドの種類って?

カニンヘンダックスフンド
photo by TanteLoe

胴長短足で大人気のドイツ原産のダックスフンド(ドイツ語ではダックスフント)は、以下の3種類の大きさに分けられます。

・スタンダードダックスフンド
・ミニュチュアダックスフンド
・カニンヘンダックスフンド

この中で一番小さい種類が、カニンヘンダックスフンドです。 また、カニンヘンダックスフンドを始めとするダックスフンドには3種類の毛質があります。

種類①:ロングヘアー
・毛質:ウェーブして長い、光沢があり柔らか
・性格:活発、愛想が良い

種類②:ワイヤーヘアー
・毛質:短くて荒い剛毛が密集する
・性格:気が強い、繊細

種類③:スムースヘアー
・毛質:堅くて短い、光沢があり滑らか
・性格:賢い、忠実

これらの種類が誕生したのは、様々な犬種と交尾していくなかで作出されたといわれています。また、被毛の種類によって性格も異なるともいわれています。

カニンヘンダックスフンドは寿命が長い?
大型犬に比べて小型犬の方が長生きする理由は、小型犬の方が強い心肺機能を持っているそうです。

大型犬は大きな体に対し心肺機能が不足していると考えられており、平均寿命は12.5歳と短めです。
一方、小型犬の平均寿命は14.2歳と長く、その中でもカニンヘンダックスフンドの基になったミニチュアダックスフンドは比較的長生きするといわれています。世界一長生きしたミニチュアダックスフンドは21歳114日だそうです。

ミニチュアダックスフンドは、なぜこんなにも寿命が長いのでしょうか。
その理由は、スパニエル系やピンシャー系などを交配して品種改良されたことが関係しているようです。異なる遺伝子を組み合わせることで、より強い個体へ改良されたといえるでしょう。

そのことから、ミニチュアダックスフンドから作出されたカニンヘンダックスフンドも比較的寿命が長いと考えられます。

ただし、個体差や飼い方などによっても寿命の長さは左右されるので、少しでも寿命を伸ばすよう食生活や生活環境などの対策は必要です。

まとめ

ダックスフンドの中で一番小さいカニンヘンダックスフンド。寿命も比較的長い傾向にあり、健康管理などをしっかり行うことで、パートナーとして多くの時間を過ごすことができますよ。

活発でかわいいカニンヘンダックスフンドを、ブリーダーからお迎えしたい方は下記のリンクからもご検討してみてください!

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。