カニンヘンダックスフンドはなぜ穴を掘る?穴掘りの理由や対策は?

穴掘りは本能的であり自然なこと

カニンヘンダックスフンドの習性である穴掘りは、決して悪いことではありません。犬にとって穴掘りは本能的であり自然なことです。
しかし、おうちで飼われている犬においては「掘る場所が不適切である」といえます。

ほとんどが室内で飼われているであろうカニンヘンダックスフンドですが、よくソファなどをガリガリ掘ってボロボロにしてしまったり、公共の場(公園など)で掘ってはいけない場所を掘ってしまったりということをよく聞きます。

こうした不適切な場所での穴掘りは、人にとっては都合が悪いですよね。しかし、穴を掘るという行動そのものは悪いことではないので、その行動をやめさせるのではなく、人間の子どもがお砂遊びを砂場で行うように、カニンヘンダックスフンドが穴掘りしても良い場所を与えてあげるようしつけていくことが大事なのです。

 

どうして掘るの?

そもそも穴掘りは、アナグマ猟で活躍していたころの名残だけでなく、犬が野生で暮らしていた頃からの習性でもあります。

犬は穴を掘って居心地の良い巣穴を作り、そこで寝たり子育てや出産をしたりしていました。犬が狭くて暗い場所を好むのもこの名残からです。

そのほかにも、穴を掘って大事なものを埋めて隠したり、モグラなど小動物のニオイがしたら穴を掘って獲物をハンティングしたり、その空間から逃げ出すための通路を作ったり、地面よりも温度の低い土を掘り返して涼しい居場所を確保したり、穴掘りは全てに意味を持っているのです。

さらに、こうした理由だけでなく、楽しくてテンションが上がって掘る、ストレスや運動不足で掘る、マーキングとして後ろ足で土を掘り上げるなど、穴を掘る理由はそのときそのときで異なります。

おうちで飼われているカニンヘンダックスフンドが掘る理由によくあるのが、飼い主さんがいない、おもちゃなど楽しいものがない、散歩もない、何も刺激がない。そうなると、掘る行動が寂しさを埋めてくれる発散口となり、習慣化してしまうことです。

どうして穴掘りをするのか、愛犬を観察し、ぜひ考えてみてください。

穴掘りの場所を与える前にできることは何か?

カニンヘンダックスフンドが穴掘りをするのは自然なこと。ですが、穴掘りしても良い場所を与える前に試してみて欲しいことがあります。

それは、普段の生活やしつけを見直すことです。

穴を掘っても良い場所を与えるだけでなく、十分に散歩をしたり、走ったり遊んだりしてエネルギーを発散させ、コマンドの練習をするなど刺激を与え、身体的にも精神的にもストレスを溜めないように生活を送らせてあげることが大切です。

運動不足になってはいませんか?服従訓練を行うなどして、もともと狩猟犬であった素質を活かし、良さを引き出してあげていますか?安心して寛げる寝床はありますか?家に迎えてから時間が経っているのに、気に入らずいつまでもベッドをボロボロにしていませんか?

単に楽しいから掘っている、本能的に掘っている、そう簡単には解釈できないのが穴掘りです。なぜ愛犬が穴掘りを続けるのか、環境や今の生活について一度考えてみることが穴掘り対策の第一歩といえるでしょう。

叱るタイミングを間違えると穴掘りが加熱する!

叱るなら穴掘りの直後に

室内を汚したり破壊したり、「してはいけない」ことへのしつけを失敗してしまった飼い主によくあるのですが、荒れた現場のみを見てカニンヘンダックスフンドをサークルやケージに閉じ込めてしまうケース。

これは、最中に指示を出すことができずにあとから怒鳴るため、愛犬はなぜ叱られたのか分からずストレスを受け、再びトラブルを引き起こす、そんな悪循環が生まれてしまいます。

カニンヘンダックスフンドからしたらなぜ怒られたのか、なぜケージに入れられたのか、犬は突然怒られてもその原因を理解することができません。悪いことをしたその場で注意しなければわからないのです。

もしも叱るのであれば直後に叱ります。時間が経ってしまったあとではストレスがかかり、そのストレスから穴掘りが加熱するばかりです。

基本は穴掘りをしても叱らないことが理想

カニンヘンダックスフンドの穴掘りには、理由があります。
「楽しいから掘る」これもひとつの理由ですよね。また、この理由に至っては「楽しいことがほかに見当たらないから、穴掘りをしている」とも考えられます。

それでは、愛犬がもっと興味を引くような楽しいことを提案してみてはどうでしょうか?ボールやフリスビー遊び、宝探しなど。穴掘り以外の楽しいことに気持ちを反らしてあげることも飼い主ができるひとつの対策です。

犬を叱りつけるのは、あくまでもしつけの中の一手段として念頭に置くべきです。
叱る=罰に頼りすぎると、カニンヘンダックスフンドの飼い主さんに対する信頼が低下し、その後しつけ訓練を行う際に新たな問題が生じる可能性があります。

理由があって穴掘りをしているのに、頭ごなしに「ダメ!」といわれては、少々理不尽です。穴掘りのしつけに関しては、基本的に叱らないことが理想。

なぜ、穴掘りをするのか?その理由をまずは探っていきましょう。ほかに楽しいことを提案するように、理由に対する対策を考えましょう。

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。