閉じる

ワイマラナーの子犬を探す

ワイマラナーの特徴

ワイマラナーはドイツが原産国。グレーの毛色に短毛が特徴。性格は愛情深く、非常に賢いといわれています。成犬時の大きさはオスの体高が59~70cm、メスは57~65cm、体重はオスが30~40kg、メスは25~35kgが標準。

※性格や大きさには個体差があります。

検索結果3

※価格は全て税込みです

並び順

※価格は全て税込みです

お選びいただいた条件で成約済みの子犬

お選びいただいた犬種を取り扱っているブリーダー

お選びいただいた犬種の出産予定がないか、ブリーダーにお問い合わせいただくことも可能です。
※繁殖はブリーダーやワンちゃんの状況に左右されるため、必ずしも出産予定があるとは限りません。ご了承ください。

ブリーダーをもっと見る

地域別でワイマラナーの子犬を探す

価格別でワイマラナーの子犬を探す

月齢別でワイマラナーの子犬を探す

性別でワイマラナーの子犬を探す

他の人気犬種の子犬を見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー

ワイマラナーをお迎えしたお客様の声(口コミ・評価

お客様の声をもっと見る

ワイマラナーの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

ワイマラナーの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

ワイマラナーの性格

ワイマラナーは従順で聡明であり、家族に対して愛情深い犬種です。

基本的におとなしい故に、少し保守的であったり警戒心を見せたりすることもありますが、攻撃的になることは少ないといわれています。

運動能力抜群なワンちゃんなので、一緒にスポーツを楽しみたい人に向いているといえるでしょう。

ワイマラナーの大きさや体重

長い手足と引き締まったボディが美しいワイマラナー。痩せている印象がありますが、筋肉質でしっかりとした体つきをしています。非常に珍しいですが、長毛の個体もいます。指の間には水かきがあり、国によって断尾するところもあるようです。

オスとメスの違いがはっきりしていると言われており、一般的にはオスのほうが一回り大きくなります。

平均体高 オス:59cm~70cm
メス:57cm~65cm
平均体重 オス:30kg~40kg
メス:25kg~35kg

ワイマラナーの歴史と原産国

ワイマラナーはドイツ原産の犬種です。

起源については所説ありますが、ブラッドハウンドの血統をかなり引いているといわれており、ドイツのワイマール地方で鳥猟犬として飼育していたことが名前の由来となっています。

優秀な猟犬として作出されたワイマラナーは貴族など上流階級のみで独占され、繁殖も厳重に管理されてきました。ドイツで設立された「ワイマラナークラブ」も貴族のみ参加可能とされ、20世紀になるまで外部にはこの犬種についての情報提供すらなされておりませんでした。そのためハンターの間では、「伝説の猟犬」となっていたそうです。

現在では賢さと身体能力の高さからアジリティ競技などでも優秀な成績をおさめており、家庭犬としても人気が高まっています。

ワイマラナーの毛色の種類

シルバー、ノロジカ色(鹿のような少し赤みがかった灰色)、マウスグレー(鼠のような茶色がかった灰色)があります。 胸や足などに小さいホワイトの斑がつくことも許容されます。

食事量や回数

食事量はライフステージや健康状態によって異なりますが、ここでは目安として、避妊・去勢済みで体重30kgのワイマラナー成犬の場合の例をあげます。

1日に必要なカロリーは、約1400Kcal。ドッグフードの量は商品によりますが、平均すると1日約400gほどとなり、1ヶ月に必要なフード量は約1.2kgほどになります。

ただし適正なフードの量は商品によって異なるので、パッケージに記載されている量を目安に、ワンちゃんに合った量を与えるようにしてください。

食事の回数はワンちゃんの年齢や健康状態によって異なります。一般的には子犬や老犬で1日3~4回、健康な成犬であれば1日2回に分けて与えるのが基本です。

ワイマラナーは「胃捻転」になりやすい犬種なので、食後すぐの運動は控えるようにしましょう。散歩は食事の前に行くようにし、食後はゆっくり休ませるようにしてくださいね。

散歩時間や運動量

ワイマラナーは、とにかくたくさんの運動量を必要とする犬種です。1回1時間以上の散歩を1日2回行くのが最低限だと認識しておきましょう。それでもワイマラナーにとっては足りないくらいなので、ジョギングやドッグランで思いっきり走らせる機会を定期的に作る必要があります。

運動不足になると、ストレスから破壊行動や自傷行為を行う可能性があります。飼い始める前に、どれくらいの運動量を確保できるかを考えてみてくださいね。

お手入れについて

多くのワイマラナーは短毛で、毛のケアにはさほど手間がかかりません。ときどきブラッシングを行い、月1回程度のシャンプーで汚れを落としてあげるようにしましょう。長毛のワイマラナーの場合は被毛が絡まらないよう、毎日ブラッシングを行うことが理想です。

ワイマラナーのような垂れ耳の犬種は、耳が蒸れやすいです。耳のチェックも定期的に行うようにしましょう。

見た目からも分かる通りでワイマラナーは皮下脂肪が少なく、寒がりな傾向があります。特に寒い地域で飼育する場合などは、室温にも気を配るようにしましょう。

しつけについて

ワイマラナーは訓練好きで賢いので、覚えは早いはずです。まずは信頼関係を築くところから始めましょう。おやつなどを上手に活用しながら、褒めるしつけを行うことが大切です。

体が大きく力が強いこと、また脱走したときに人はなかなか追いつけないことから、制御するコマンドは必ず覚えさせるようにしてください。「マテ」や「フセ」などがそれにあたります。

神経質な性格にならないよう、なるべく早い段階から社会化トレーニングを行うようにしましょう。狩猟本能が強く他の小動物と暮らすのは難しいとも言われますが、子犬のうちからいろんな人や動物と触れ合う機会があれば、他の動物とも同居できるはずですよ。

まとめ

ワイマラナーは誰に対しても友好的というわけではなく、認めた家族に対しては忠実で、時には甘えるというような犬種です。大好きな飼い主とは、四六時中一緒にいたがるような一面も見せるかもしれません。

飼育するには覚悟のいるワンちゃんですが、ワイマラナーとの暮らしは毎日が充実すること間違いなしです。

ワイマラナーの
子犬を見てみる

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません