探す

ブリーダーナビガイダンス

おすすめコンテンツ

アイリッシュセッターの赤ちゃん犬を探す

アイリッシュセッターの特徴

アイリッシュセッターはアイルランドが原産国。骨格はスリムですが筋肉はしっかりとついています。垂れ耳で足やしっぽにある飾り毛が特徴。明るく争いを好まない穏やかな性格。成犬時の大きさはオスの体高が67cm前後、メスは62cm前後が標準。

※性格や大きさには個体差があります。

現在、条件に合致する子犬は掲載されていません。

ブリーダーナビでは、条件に合う子犬が新しく掲載されたらメールでお知らせする「新着子犬のお知らせ」機能をご用意しております。ぜひご活用ください。

新着子犬のお知らせはこちらから登録!

※価格は全て税込みです

お選びいただいた犬種の子犬が見つかりました

お選びいただいた犬種を取り扱っているブリーダー

お選びいただいた犬種の出産予定がないか、ブリーダーにお問い合わせいただくことも可能です。
※繁殖はブリーダーやワンちゃんの状況に左右されるため、必ずしも出産予定があるとは限りません。ご了承ください。

ブリーダーをもっと見る

地域別でアイリッシュセッターの子犬を探す

価格別でアイリッシュセッターの子犬を探す

月齢別でアイリッシュセッターの子犬を探す

性別でアイリッシュセッターの子犬を探す

人気犬種の子犬を北海道で探す

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー

アイリッシュセッターのブリーダー評価

現在、条件に合致する子犬に関するお客様の声は届いておりません。

アイリッシュセッターの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

アイリッシュセッターの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

アイリッシュセッターの性格

アイリッシュセッターは社交的で、他の人や犬との争いを好まないような温和で優しい性格です。愛情深く家族を喜ばせることが大好きで、いつでも家族と一緒に過ごしたがるような甘えん坊な面もあります。

細かいことには動じない落ち着きがありますが、猟犬の性質から、屋外で動くものを見ると追いかけようとすることがあります。

アイリッシュセッターの大きさや体重

落ち着きのある優しい表情のアイリッシュセッター。
猟犬らしく力強い四肢を持ち、体高より体長がやや長くバランスの良い頭部に立ち耳とつり気味の凛々しい目をしています。

筋肉質ではありますが細身の体で、体高のわりには体重は軽めなことが多く、機敏に動くことができます。すらっと伸びた長い首も特徴的です。

他の犬種にはなかなかないレースのように透けた毛を持っており、見た目もとても上品な犬種です。
体高 60cm~70cm
体重 24kg~32kg

アイリッシュセッターの歴史と原産国

アイリッシュセッターはイギリスのアイルランド地方が原産で、最も古いセッター種ともいわれています。ちなみに「セッター」とは、獲物の前でセッティングという伏せのポーズをとるところから付けられたそうです。

そしてその誕生は、スパニエルやポインターなどの猟犬とテリアを交配したと言われています。初期の頃のアイリッシュセッターは他の祖先犬たちと同じくらいの首の長さでした。しかし19世紀にドッグショーに参加するようになると、首が長く伸びたアイリッシュセッターの評価が高まったので、次第に首の長い個体が選択されるようになりました。

日本ではマホガニー(赤褐色のような色)の単色以外認められていませんが、原産国のイギリスでは、そこにホワイトが入るレッド&ホワイトも認められています。

アイリッシュセッターの毛色の種類

リッチチェスナットレッドと呼ばれる濃い栗赤色のみがあり、これがアイリッシュセッターを特徴づけるカラーとなっています。

食事量や回数

肥満や痩せすぎにならないよう、過不足なく与えるようにしましょう。

食事量の目安として、避妊・去勢済みで体重25kgのアイリッシュセッター成犬の場合の例をあげます。1日に必要なカロリーは、約1250Kcal。ドッグフードの量は商品によりますが、平均すると1日約330gほどとなり、1ヶ月に必要なフード量は約1kgほどです。

食事の回数は子犬や老犬は1日3〜4回、健康な成犬であれば1日2回に分けて与えるのが基本です。年齢や健康状態などによって小分けにする、ふやかすなどの工夫をするようにしてくださいね。

散歩時間や運動量

アイリッシュセッターはエネルギッシュで運動が大好きなワンちゃんです。

散歩は1日2回、それぞれ1時間ほど行きたいところ。それでも満足してもらえないくらいの体力があるので、ジョギングやボールを使った遊びを散歩中に取り入れるなどの工夫が必要になります。

通えるドッグランが近くにあるかどうかも、事前に確認しておきましょう。

お手入れについて

長毛でお手入れに手間がかかるように見えるかもしれませんが、シングルコートのワンちゃんなのでそこまで大変ではありません。週に数回ブラッシングを行うようにしましょう。換毛期には抜け毛が増えるので、ブラッシングの頻度を上げるなどして工夫をしてください。

シングルコートで寒さに少し弱いところがあるので、室温管理を行うようにしましょう。

アイリッリュセッターのような垂れ耳の犬種は耳の中が蒸れやすいので、耳掃除も定期的に行うようにしてください。耳を痒がる・耳から異臭がするなどの様子が見られた場合は、なにか異常が起きているかもしれません。その場合は獣医さんに診てもらうようにしましょう。

しつけについて

アイリッリュセッターは賢くしつけやすい犬種ではありますが、自己主張が強く頑固な一面もあるので、根気強くしつけを行いましょう。無理強いされると反発する可能性があります。おやつを上手に活用しながら、褒めるしつけを徹底しましょう。

細かいことを気にしないおおらかさが魅力ですが、一方で少々大雑把な部分も。室内のトイレトレーニングなどは苦手なこともありますが、失敗しても頭ごなしに叱ったりせずに続けていきましょう。

重要なしつけとして、子犬のうちから自制心を鍛えること、「マテ」「フセ」などの制御するコマンドを教えることが挙げられます。 散歩中急に動くものを追いかけ走り出されると、大人の力でも制御するのが難しくなります。興奮したときにすぐに落ち着かせられるようにしつけを行いましょう。

まとめ

アイリッシュセッターの魅力についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

散歩量の多い大型犬はハードルが高いと感じるかもしれませんが、アウトドアの外出も一緒に楽しむことができますよ。コミュニケーションを取るのが大好きな愛情深いアイリッシュセッターは、大事な家族の一員となるはずです。

アイリッシュセッターの
子犬を見てみる

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません