管野真美ブリーダーインタビュー | 京都府京都市 | トイプードル

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。 今回は京都府京都市にお住いの「管野真美ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての想いなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
管野真美ブリーダー
犬舎
京都府京都市
取扱犬種
トイプードル

管野真美ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

管野真美ブリーダーの子犬を探す !

  • プードルはトリミングのカット次第で、無限の魅力を見せてくれます

    ――まず最初に、ブリーダー業を、始めようと思ったきっかけを教えてください。

    管野ブリーダー:小さいときからずっとプードルを飼いたかったんです。元々、実家ではずっと犬やいろんな動物と一緒に暮らしていて、いろんな種類の犬を飼っていたのですが、どうしてもプードルだけ飼えなかったんです。そんな中、都会から近所に引っ越してきたご夫婦がプードルを飼っているという話を聞いて見に行ったのですが、まだ私が小さかったこともあって「噛まれたら危ないから」という理由で触らせてもらえなくて…。

    ――そこからずっと憧れていたんですね!

    管野ブリーダー:そうですね。そこから動物好きなので獣医になろうと思ったんですが、残念ながら文系の人間だったので。結局犬と係る仕事をという夢は、すぐには叶いませんでしたが、結婚して子育てに一息ついてから改めてトリマーを目指すことにして、専門学校に進学しました。そこでトリミングのパートナーとしてやっとプードルを飼い始めたんです。
    それが、ブリーダーとしての道が始まるきっかけとなりました。憧れがついに現実になったというわけです。それからはずっと、トイプードル専門のブリーダーとして活動してきました。

    ――トイプードルへの愛がすごいですね!では、ずばりトイプードルの魅力を教えてください。

    管野ブリーダー:賢いところや人懐っこいところはもちろんですが、私はトリミングもやっていますので、カットデザインが豊富なところにも魅力を感じます。例えばカット次第ではシュナウザーやべドリントンテリアなどの犬はもちろん、アルパカや羊など他の動物のように見せることも出来ますよね。

    ――カット次第で無限に魅力が増えていきますね!

    管野ブリーダー:そうなんですよ。一匹だけでもカット次第では何通りもの魅力が出てくるので、飼い主さんはそういう部分でもトイプードルという犬種を楽しめるのではないかと思います。

    L (90×128)
  • ただ遊ばせるだけではなく、しっかりと運動もしています

    kamogawa

    散歩コースにしている賀茂川の景色

    ――自宅のリビングでワンちゃんのお世話をしているとのことですが、具体的にはどういった飼育、管理環境となっているのでしょうか?

    管野ブリーダー:普段は20畳のリビングで生活しています。トイプードルは足を骨折しやすい犬種なので、リビングの床はコルク張りにしてもらって負担をかけないようにしました。

    ――室外に放して運動させたりはしないのですか?

    管野ブリーダー:庭もあるので出来ないことはないのですが、あまり放してはいませんね。
    庭に放すことでストレス解消にはなると思うのですが、寝転んで日向ぼっこすることが好きな子もいれば、走り回ることが好きな子もいます。ワンちゃんによって過ごし方は違っていて、必ずしも庭で運動するとは限りません。ですので、運動させるときはしっかりとリードにつないで、外を散歩させるようにしていますね。
    例えば春になりますと、数キロにわたって、さくらで満開になる賀茂川や、家の前の小川の流れる公園、それらが、散歩コースになります。

    ――確かに、すべてのワンちゃんが運動でストレス発散できるわけではありませんからね!

    管野ブリーダー:多頭なので、一頭一頭お散歩というのはなかなか難しいのですが、
    必ず、リードをつけて、1回につき2~3頭連れて散歩をします。そうすることで、歩く様子や、リーダーウォークの習慣、運動量の管理など、一頭一頭の様子に注意を傾けられます。
    あと、散歩によって外の世界に慣れさせたり、道行く人にうちの子を宣伝できたりもするので(笑)

    ――ある意味一番効果的な宣伝ですね!

    管野ブリーダー:もしそこで、「この子の子犬をお迎えしたい!」という方が現れたときには、すぐにご案内できるのでちゃっかり、そういうことを考えたりもしています(笑)

    kamogawa

    散歩コースにしている賀茂川の景色

  • ワンちゃんの持つ個性を大切にしながらも、スタンダードに拘りたい

    1490693345428

    ――交配の際に、どういった部分に気を付けていますか?

    管野ブリーダー:遺伝子欠陥を出さないようにすることですね。一つ欠陥が出てしまうと、後々の大きな問題につながったりしてしまうので、気を付けています。また、もう一つ私がとても番大切にしたいのは、スタンダードに近づける繁殖です。プードル専門のブリーダーさんの中には、体が小さい!お顔が可愛い!を1番の目標にする方もいるようですが、私はそういったことより、スタンダードに近づけていくことを大事にしていきたいです。

    ――ワンちゃんの個性を大事にしているんですね!では、具体的にはどんな性格のワンちゃんがいるのでしょうか?

    管野ブリーダー:当方のドッグショーに出していた子達は、「私が私が!」と主張して、自分を積極的に前面出したがる子たちですね。それ以外にも、色んな性格の子がいますが、中にとても人懐っこい子がいて、誰にでもお腹を見せる子がいます。その子は、犬舎に来たお客さんの接客係みたいな感じになっていますね。ぜひ、皆さん会いに来てください(笑)

    ――まさに看板娘ですね!

    管野ブリーダー:本当にその通りで、うちから子犬を迎え入れた飼い主さんの中には、「その子に会ったから子犬をお迎えしたくなった!」と言ってくださる方もいます。ワンちゃんも人間と同じでそれぞれに個性と魅力があるので面白いですし、大切に育てていきたいです。

    1490693345428
  • これからも、健全なプードルを送り出すのが目標です

    brown

    ――これまでドッグショーに参加し、チャンピオン犬を所有されていますが、そのドッグショーに参加する意義を教えてください。

    管野ブリーダー:参加する意義としては犬質の向上ですね。
    血統がよい、チャンピオン犬であるというのは、洋服や、バックのブランドとの捉え方とは異なります。
    「うちは血統とかは気にしないから」という方もいらっしゃいますが、うちでは子犬が受け継いだどこの遺伝子が顔を出しても、問題ないようにという目標に向かって、血統にもこだわっています。

    ――飼い主さんからすると、やはり受け継がれる血統に問題が少ないと分かったほうが安心できますからね!

    管野ブリーダー:そうですね。それに、血統書の中身が散らかっていて、両親やご先祖の毛色が違いすぎていたりすると、生まれてくる子の毛色に問題が出たりすることもあるんです。ブリーダーによってそれぞれ拘るポイントが違いますし、生き物に100パーセントはありませんから、なかなか一概にいうには、難しいことではあるのですが、チャンピオン犬になるということは、健全な犬であるとお墨付きを頂くのと一緒です。
    そのお墨付きが血統書の中に、有ると言う意議を知って頂きたいです。また、そのような犬に恵まれた事に感謝して、これからも精進していきたいと思います。

    brown
  • 自分のところだけではなく、業界全体に目を向けていく心構えで

    awards

    ――素晴らしい目標ですね!では次に、実際にドッグショーに参加してみて、楽しさや魅力を感じた部分を教えてください。

    管野ブリーダー:やはり、自分で育てたワンちゃんがステージに立っている姿を見ることが楽しいですね。うちのかわいい子が、きれいにカットしてもらって、ハンドラーさんと一緒に一生懸命、そして楽しんで走る姿を見ていると嬉しくなります。

    ――自分の子供がステージにいるのと同じですからね!

    管野ブリーダー:一度体験すると癖になりますね(笑)。あとは、ワンちゃんを通して交流が広がっていくのも魅力ですね。私より長くブリーダーをやっている方はたくさんいるので、そういった先輩の方々から助言や新しい知識をいただけるのは、とてもありがたいと思っています。

    ――勉強もできて、交流も広がっていくのは素敵ですね!

    管野ブリーダー:私はブリーダーとしてこれからも成長すること、勉強することを心掛けていきたいので、多くの先輩の方々には勉強をさせてもらっています。その大先輩の中に、「自分のところだけではなく、日本のトイプードル全体の犬質を向上させたい。自分がその力になりたい」と話している方がいて、私もブリーダーとして、そういったところを考えながらブリーディングしていかなければいけない、見習わなくてはと強く思いました。

    ――知識だけじゃなく、ブリーダーとして大切な心構えも学んいでるのですね!

    管野ブリーダー:そうですね。なので、自分に教えを授けてくれた方への感謝は忘れないようにしています。そして、先ほど話した大先輩のように、自分ももっと業界全体に貢献できることに目を向けて、ブリーディングをしていく事を心掛けていきたいです。

    awards
  • ワンちゃんの生涯に、最期まで付き合う覚悟を持ってください

    ――これまでのブリーダー人生の中で、やりがいを感じた出来事などはありますか?

    管野ブリーダー:遠くに迎えられた子も大勢居るのですが、近年では、SNSでのブログや、近況のメール、写真や動画なども頂いています。そうやって、ご家族と迎えられた子が、幸せそうにしているのを見たときにやりがいを感じます。

    ――素敵な交流ですね!

    管野ブリーダー:はい、素直に嬉しい気持ちですね。そんなやり取りの中で、ご相談をお受けする事もありますし、これからも、そんな風にお付き合いをしていけるブリーダーでありたいと思います。

    ――素敵なお話ありがとうございました!では最後に、ブリーダーから子犬を買おうと思っている方へメッセージをお願いします。

    管野ブリーダー:子犬は生き物ですから、完璧な子はいません。お迎えする前に、子犬の時の姿だけではなく、年老いたときの姿もしっかりと想像して下さい。ワンちゃんを迎えるということは、これから十数年、家族として一緒に過ごすということです。ですので、迎えたワンちゃんがどんな姿になっても、最期まで付き合う覚悟をもっていただきたいです。そして、そのワンちゃんが最後に目を閉じる場所は、飼い主さんの膝の上であってほしいですね。

編集後記

人との交流や縁を大切にしている管野ブリーダー。自分に教えを授けてくれた先輩の方々への敬意を持ち、ブリーダーとしての向上心にあふれる素敵な方でした!
管野ブリーダー、ご協力ありがとうございました!

管野真美ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

管野真美ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー

メインメニュー

閉じる