椎名恵美子ブリーダーインタビュー | 茨城県守谷市 | トイプードル、ヨークシャーテリア、カニンヘンダックスフンド、etc

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。今回は茨城県守谷市にお住いの「椎名恵美子ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての心構えなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
椎名恵美子ブリーダー
犬舎
茨城県守谷市
取扱犬種
トイプードル、ヨークシャーテリア、カニンヘンダックスフンド、etc

椎名恵美子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

椎名恵美子ブリーダーの子犬を探す !

    「自分好みのワンちゃんを作りたい!」と思って、ブリーダーの道を歩み始めました

    椎名恵美子02

    ―まず始めに、ブリーダーを始められた時期を教えてください。

    椎名ブリーダー:正式にブリーダーとして登録してからは10年になります。それより前は他のブリーダーのお手伝いをして、経験を積んでいました。

    ―そうなんですね!では、ブリーダーになろうと思ったきっかけは何かありますか?

    椎名ブリーダー:昔から犬が大好きで、色々なワンちゃんと触れ合っているうちに「自分好みのワンちゃんを作ってみたい」と思い、正式にブリーダーの道を歩み始めました。

    ―自分の手で好みのワンちゃんを作り上げようと思ったんですね!ちなみに、現在でどのくらいの犬種のワンちゃんをお世話されているんですか?

    椎名ブリーダー:トイプードルとヨークシャーテリア、ダックスフンドの3犬種をお世話しています。その中でも特に、ダックスフンドに力を入れています。現在40頭ほどのワンちゃんをお世話しているんですが、そのほとんどがダックスフンドになってますね。種類としてはロングコートのカニヘンダックスフンドと、ミニチュアダックスフンドの2つをブリーディングしています。

    ―そうなんですね!では、ダックスフンドに力を入れようと思った理由はなんですか?

    椎名ブリーダー: 小型犬の中で一番好きだったのがダックスフンドで、ブリーダーを始めて一番最初にお世話したんですが、その時にもっと育成を突き詰めて、自分の好みを体現したダックスフンドを育てあげたいと思い、今でも力を入れています。

    ―なるほど!では、そのダックスフンドの魅力をずばり教えてください!

    椎名ブリーダー:お顔の可愛さはもちろんですが、体型の愛らしさも魅力ですね!足が短く、胴が長いので動きがコミカルになり、ちょこちょこと走り回る姿はずっと見ていたくなります。

    ―確かに、走り回る姿は愛らしいですよね!

    椎名ブリーダー:そうですね。それと、お世話がしやすいというところも魅力だと思っています。無駄吠えが多かったり、ヤンチャだったりというところはありますが、それらは最初のしつけで改善できることなので、個人的には小型犬で一番飼いやすい犬種だと思っています。

    椎名恵美子02

  • 天気に関わらず毎日外に出して、ワンちゃんたちにも四季を感じてもらうようにしています

    椎名恵美子03

    ―ワンちゃんたちをお世話していく上で、どういったところに力を入れていますか?

    椎名ブリーダー:ワンちゃんの衛生面と健康面に力を入れています。特に、ドッグフードにはこだわり、色々と試行錯誤した結果、現在は海外の添加物不使用のフードを食べさせています。以前はカロリーが多いせいでワンちゃんたちが肥満気味になったりして体型の維持が難しかったのですが、現在のフードに変えたらワンちゃんたちの体が引き締まり、体型の維持もしやすくなりました。

    ―ワンちゃんの肥満解消になったんですね!

    椎名ブリーダー:それだけではなく、添加物を使っていないおかげでお腹の調子もよくなったのでワンちゃんたちがより健康に過ごせるようになり、本来持っている魅力をより引き出せるようになりました。

    ―そうなんですね!では、ワンちゃんたちの具体的な飼育環境を教えてください。

    椎名ブリーダー:家の中でも何頭かお世話していますが、庭にログハウスの犬舎がありますので基本的にはそこでワンちゃんのみで生活しています。朝ごはんを上げるタイミングで犬舎を掃除しますので、その時に外のウッドデッキに放して自由に過ごさせています。

    ―外に放すときは、相性などでグループに分けたりするんですか?

    椎名ブリーダー:特にそういったことはしていません。外にいるときはみんなのんびりしていて、喧嘩などもしないで仲良く過ごしているので、男の子と女の子で分けて、一斉に放しています。

    ―なるほど!では、お世話していく上で気を付けているところはどういった部分になりますか?

    椎名ブリーダー:天気に関わらず、日に一度は必ず外に出すようにしています。親しい獣医の先生から、ワンちゃんもしっかりと四季を感じる環境に置かないと、体内のホルモンバランスが乱れたりすることが起こるかもしれないので、寒くても暑くても四季を感じられるように外に出したほうがいいと進められているので、台風が来たりでもしない限りは毎日一度は外で過ごさせています。

    ―ワンちゃんたちも、環境の変化に対応しやすくなりますものね!

    椎名ブリーダー:そうですね。それと、子犬の頃から人懐っこくなってもらうために、私だけではなく、私の子供や家族ともふれあわせてより人に慣れさせるようにしています。そのおかげで、見学に来た飼い主さんが柵の外で見ていると撫でてもらおうとしてみんな近寄ってきます。

    椎名恵美子03

  • 飼い主さんとは遠い親戚のような関係でお付き合いしていきたいと思っています

    椎名恵美子04

    ―これまでブリーダーとして活動してきて、やりがいを感じた瞬間というのはどういった時になりますか?

    椎名ブリーダー:飼い主さんが喜んでワンちゃんを迎えてくれたり、送り出したワンちゃんが飼い主さんに可愛がって貰えているところを見ると嬉しくなりますね。近場に住んでいる飼い主さんだと、ワンちゃんと一緒にふらりと里帰りに来てくれるんですが、その時に成長したワンちゃんの姿を見たり、飼い主さんからの話を聞いたりすると「ブリーダーをやっていてよかった」としみじみと思います。

    ―送り出したワンちゃんには、やはり幸せになってもらいたいですからね。

    椎名ブリーダー:そうですね。里帰りに来るワンちゃんの中には、私のことを忘れてしまっている子もいるんですが、それはワンちゃんが成長したと同時に、飼い主さんに可愛がって貰っている証拠だと思いますので、寂しいながらも喜ばしいことだと思っています。

    ―そうなんですね!里帰り以外にも、メールなどで飼い主さんとやり取りすることはあるんですか?

    椎名ブリーダー:メールはもちろん、LINEでも近況を知らせていただいたりしています。それと、ワンちゃんのしつけのことでお問い合わせされる飼い主さんもいますので、相談に乗ったりしています。

    ―飼い主さんとの繋がりを大切にしているんですね!

    椎名ブリーダー:飼い主さんには自分の家族を迎えていただいているという感覚なので、遠い親戚のような関係で付き合っていきたいと考えています。もちろん、そういった関係を嫌う飼い主さんもいると思いますので強要はしませんが、その関係を受け入れてくれる飼い主さんとは一生涯のお付き合いができると考えています。

    ―素敵な考え方ですね!

    椎名ブリーダー:ありがとうございます。そうしてやり取りすることで、万が一飼い主さんがお渡ししたワンちゃんを飼えなくなってしまった時に、犬舎で引き取ったり、新たな里親を探したりすることができますので、飼い主さんとの連絡は大切にするようにしています。

    椎名恵美子04

  • お世話しているワンちゃんを、自分の理想に近づけていくのが目標です

    椎名恵美子07

    ―ブリーダーとして活動するうえで今後の目指している夢や目標は何かありますか?

    椎名ブリーダー:自分の理想とするワンちゃんのお顔や体型がありますで、それに少しでも近いワンちゃんを繁殖、育成していくことが目標ですね。最初にもお話しましたが、ブリーダーになろうと思ったきっかけが「自分の好みのワンちゃんを作ってみたい」という事だったので、いずれはより多くのワンちゃんをその理想に近づけていきたいと思っています。

    ―そうなんですね!では、ワンちゃんを理想に近づけるにあたって交配などで気を付けていることはありますか?

    椎名ブリーダー:両親となるワンちゃんの体調面を見て、無理なようなら絶対に交配させないようにしています。ワンちゃんにも体調の悪い時期というのはありますし、特に母親となる子は出産が続くと、体重が減ったりして体にダメージが残るので、そういった際には無理をさせず、しっかりと休ませるようにしています。

    ―やはり、出産は両親となるワンちゃんあってのものですからね。

    椎名ブリーダー:そうですね。それと、生まれてくる子の性格や先天的な病気に関わってくるので、毛色が違いすぎる子や血筋が近すぎる子は交配させないようにしています。

    ―両親はもちろん、生まれてくる子のことも考えているんですね!それでは最後に、ブリーダーから犬を買おうと思っている方へメッセージをお願いします。

    椎名ブリーダー:見学に来る際は、「ちょっと見てみたい」といった軽い気持ちではなく、しっかりとワンちゃんを迎えることを意識してきてください。ただの見学と言っても、いきなり知らない人が現れるわけなので、子犬たちにはすごくストレスがかかり、普段は元気に走り回っている子でも、緊張して震えてしまいことがあります。なので、ワンちゃんをまだ迎えるか曖昧な方は、この先ワンちゃんと十数年共に生きるという覚悟と、命を扱う責任を固めてから来てほしいです。

    椎名恵美子07

編集後記

自分の理想のワンちゃんを育成しようと努力する椎名ブリーダー。
ワンちゃんのことだけではなく、飼い主さんとの繋がりや縁を大切にされている素敵な方でした!
椎名ブリーダー、ご協力ありがとうございました!

椎名恵美子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

椎名恵美子ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー