公開日:2016/3/9

最終更新日:2019/6/21

カニンヘンダックスフンドのヘルニアとは?楽な姿勢は?散歩はOK?

    椎間板ヘルニアとは?

    カニンヘンダックスフンドに心配な病気といえば「椎間板ヘルニア」が代表的です。ダックスフンド全般に多い病気であり、年齢問わず発症する可能性があります。カニンヘンダックスフンドの飼い主になるには必ず知っておきたい病気です。まずは椎間板ヘルニアについて確認しておきましょう

     

    脊椎や精髄の病気

    骨と骨の間に挟まっている椎間板という柔らかいクッションのような役割を果たす軟骨が、なんらかの衝撃で本来の場所から飛び出してしまっている、もしくは完全に抜けてしまっている状態を「椎間板ヘルニア」といいます。
    飛び出た椎間板は脊髄を圧迫するため、背骨に痛みや麻痺が生じ、歩行が困難になることも。


    〇椎間板ヘルニアのグレード

    椎間板ヘルニアは症状によりグレードが分けられています。

    グレード1…痛みにより背中を丸める、触れると嫌がる
    グレード2…足の甲を地面につける(ナックリング)、自分で歩行できる、後肢不全麻痺
    グレード3…後肢が脱力して動かすのが難しい、自力で歩けない、後肢不全麻痺
    グレード4…後肢がほとんど動かない、自分で排泄が困難になる、後肢完全麻痺
    グレード5…痛みを感じなくなるほどの麻痺、後肢完全麻痺


    〇症状

    ・触れたときや抱っこしたときに鳴く、嫌がる
    ・散歩や階段の昇り降りを嫌がる
    ・背中をかばうように丸めている
    ・足を引きずる
    ・動きがゆっくり

    頚椎、胸椎、腰椎と発症箇所によっても痛み方は異なり、突然激痛がはしることもあれば、徐々に痛みが出る場合もあります。

    カニンヘンダックスフンドの椎間板ヘルニアはいきなり症状が悪化することがあります。昨日まで歩けていたのに、いきなり歩けなくなっているという状態もありえるのです。

    何か症状が見られたらすぐさま病院へ行き、早期治療をはじめることで重症化を防げる場合がありますので、軽症でも放置しないことが大切です。


    〇急性発症の多い「ハンセン1型」

    ハンセン1型椎間板ヘルニアは、髄核という椎間板の中にあるものが完全に飛び出てしまい脊髄を圧迫します。ミニチュアダックスフンドはこのハンセン1型が多く、急性発症型です。


    〇高齢犬に多い「ハンセン2型」

    ハンセン2型椎間板ヘルニアは、髄核はとどまっているものの、髄核の周りにある線維輪が突出し、脊髄を圧迫している状態です。
    線維輪が加齢により肥厚することで発症するため、慢性的で悪化しやすいのがハンセン2型の特長です。

    1 2 3

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる