公開日:2016/5/23

最終更新日:2019/6/21

マルチーズのトイレのしつけはいつから?トレーニングの方法やポイント

    トイレトレーニングをする前にマルチーズの性格をきちんと知ろう!


    photo by kitty.green66

    マルチーズという犬種は比較的初心者でも飼いやすい犬種です。その理由は性格にありました。
    マルチーズの性格は、非常に素直な性格で飼い主に対して愛情深く従順です。そのため、しつけを始めトイレトレーニングも比較的すんなりということを聞いてくれるそうです。

    しかし、いくらマルチーズがお利口な性格をしているからといっても、飼い主がきちんとしつけを行わなければ覚えることはしませんので根気が必要となります。ではどのようにしてトイレトレーニングを教えていけばよいのでしょうか。


    【もっとマルチーズの性格を知りたい方におすすめ!】
    貴族に愛され続けたマルチーズ!その秘密は性格と飼いやすさにあった

    いつからトイレトレーニングを始めるの?

    お迎え後の気を付けたいポイント


    photo by punctuated

    念願のマルチーズの子犬をお迎えし、嬉しい気持ちが高まっている方も多いことでしょう。すぐにお部屋へ放して遊びたくなる気持ちもわかりますが、マルチーズの気持ちとしては「知らないニオイだ…ここはどこだろう?知らない人が目の前にいる…緊張しちゃうよ…」と不安な気持ちでいっぱいです。そのため、床に座ったり歩いたりすると安心して排泄をしてしまいがちです。

    「なんでこんな所でしちゃうの!?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、緊張からの排泄なのでそこは多めに見てあげてください。そして、そうならないようにするためにもあらかじめ用意しておいたサークルとサークル内にトイレシーツを一面に敷き、この中であればどこにしても大丈夫!という状態を作ってあげてください。そうすれば、急な粗相も安心して対応ができます。そして、ケージで排泄したら思いっきり褒めてあげることが大切です。

    生後4~5ヶ月頃がベスト!

    しつけを開始する上で1番ベストな時期は『生後4~5ヶ月』といわれています。それは、マルチーズが家族や環境に慣れて楽しく過ごし始めた時期でもあるからです。
    この頃にたくさんスキンシップをしてあげることと、信頼関係の基盤を作ることで後のしつけもしやすくなります。

    さぁ、トイレトレーニングを始めよう

    トイレシーツを使ってLet’s challenge!

    トイレトレーニングは下記2つの繰り返しとなります。


    1.トイレシーツの上で排泄させる
    2.トイレシーツ以外で排泄させない


    とても当たり前のことですが、何度も繰り返しトイレシーツの上で排泄を行わせ、成功させていくことが非常に大切です。まずは、トイレシーツの上で排泄させるためにも環境づくりがとても大切になります。

    環境づくりって?

    まずはトイレの場所を作ってあげましょう。


    1.サークルを用意します。このときトイレトレーとクレートを入れましょう。
    2.トイレを覚えるまでは、サークル内にドッグベッドや毛布などを置かないでください。
    ※ワンちゃんは、ふわふわなものにおしっこをしてしまう習性があります
    3. トイレシーツを噛んで遊んでしまう子の場合は、網の付いたトイレトレーを準備しましょう。

    繰り返し行うことが大切

    トイレの場所ができたら「ここでおしっこやうんちをするんだよ」と愛犬に何度も繰り返して覚えさせましょう。
    トイレトレーニングの手順としては以下の通りです。


    1.排泄のタイミングでトイレ(サークル)に誘導する。
    ➡サークル内のトイレで排泄ができたら、サークルから出してあげましょう。


    2.ワンちゃんが排泄をしている・しそうなタイミングで声掛けをする。
    ➡「シーシー」や「ちっちだよ」など声をかけてあげることで、排泄をする合図だと理解し始めます。そうすることで、排泄のコントロールができるようになります。


    3.排泄ができたら直ぐに褒める。
    ➡トイレシーツの上で排泄できたら、大げさなぐらいに褒めてあげましょう。マルチーズは素直な性格の子が多いので、褒めて伸ばすことが非常に大切です。もし失敗しても叱らずに、サッと片付けてあげてくださいね。

    子犬の頃はトイレ記録を作るとわかりやすい

    子犬の頃は30分~1時間ほどの頻度でおしっこをします。そのため、愛犬が排泄するタイミングを把握するためにも、おしっことうんちをした時間を記録しておきましょう。そうすることで、サークルに戻す時間の目安もつくようになります。

    おしっこやうんちをするタイミングとしては、食後や遊んでいる最中、寝起きなどが多いとされています。地面のニオイをクンクン嗅ぎ始めたり、クルクル回り始めたりした場合はトイレのサインでもありますので、サークルに連れて行ってあげてくださいね。

    注意したいポイント

    マルチーズ1
    photo by nanoom

    ワンちゃんがいるご家庭で、トイレの場所と寝床を一緒にされている方がいらっしゃいますがそれはおすすめできません。トイレのしつけがきちんとできている子であれば問題がありませんが、そうでない場合はトイレも寝床も同じ場所だと思い、どこでも排泄をしてしまう恐れがあるからです。

    寝床とトイレを分けたい場合は、最初は一面にトイレシーツを敷いてあげ、徐々にトイレシーツの大きさを縮小していってあげてください。そうすることで、小さくなったトイレシーツの上でも上手に排泄をするようになってきます。完璧にできるようになったら、寝床を設置してあげるとワンちゃんも「ここはトイレ、ここは寝るところ」と区別がつくようになります。

    1 2

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる