2016/5/23 17:28:49

マルチーズのふわふわやわらかい被毛を綺麗に保つ秘訣とは!?

    1.綺麗な被毛を持っているマルチーズだからこそ綺麗に!

    シルクのような美しい被毛だけど・・・

     マルチーズは抜け毛が少ないシングルコートと言われるタイプの毛質の犬種です。抜け毛が少ない為、手入れが必要ないと思いがちかもしれませんが、実は定期的にお手入れが必要な犬種です。

    伸ばせば伸ばすほど、その毛は伸び続け、床についてしまう事もあり、また、シルクのような白くて美しい被毛は汚れが目立ちやすい為、気を付けなければすぐにあちこち黒く汚れてしまうでしょう。
    外観的に綺麗とは言い難いものとなってしまう恐れがあります。

    愛犬の全身に触れてブラッシングする事は、毛玉にならないよう被毛の美しさを保つ為だけではなく、皮膚の新陳代謝を促し、皮膚と筋肉の血行を良くするので皮膚トラブルをなくし、また、保温や防水の効果を得る事が出来ます。

    photo by Deidre Woollard

    シングルコートとダブルコートの違い

     犬の毛はシングルコートとダブルコートの二つのタイプがあり、犬種によってどちらのコートか異なります。
    では、シングルコートとダブルコートの違いを見ていきましょう。

    ダブルコートは上毛と下毛を持ち合わせているが、シングルコートは下毛がほぼなく、上毛でおおわれている

    ダブルコートのようにはっきりとした換毛期がない

    定期的にカットをしないと延々と伸び続ける

    温暖地域の犬種に多い

    上記のように、シングルコートはダブルコートと比べて手間がかからずメリットばかりかと思いきや、意外とそうではない事が伺えます。
    抜け毛が少ないという事は毛が伸び続ける為、毛玉やほつれができやすいのです。その個所から皮膚疾患になりやすいので、ブラッシングの他に定期的にトリミングを行いましょう。

    2.ブラッシングで綺麗にケアしよう

    様々な道具とその効果

     自宅で出来るブラッシングに必要な道具と、行った事による効果を以下の通りまとめました。

    獣毛ブラシ…艶出しの効果がある。ブラッシングの際は最初に獣毛ブラシを全体にかけて整える必要がある。
    スリッカー…マルチーズのような長毛をとかす時に効果的。毛玉を取る。皮膚への刺激が強い為、使用法を学んだ上で気を付けて使用する必要あり。
    コーム…さまざまな用途があるが、主に細かい場所の毛並みを整える。

    主にマルチーズをブラッシングする際はこれらの道具を用いますが、中にはスリッカー一つでブラッシングを済ます方もいます。
    とても万能なスリッカーですが、その分扱いには気を付けなければなりません。

    主なブラッシングの流れ

     1、獣毛ブラシで全体の被毛を整え、ゴミやホコリを除去する
    2、スリッカーで被毛をかき分けて地肌に軽く当ててブラッシング(スリッカーで傷がつく子がいるので力加減は優しくするように)
    3、コームで細かいところも含め全体を流し、もつれがないか最終確認

    また、スリッカーの代用としてピンブラシというものがあります。スリッカーと比べて皮膚への刺激が強くない為、心配な方はこちらを使用しましょう。
    もつれは脇の下などの身体の内側にできやすいとされていますので、よくチェックします。見つけた場合は丁寧にピンブラシやコームをつかってほぐす必要がありますが、もしも毛玉状態になってほぐしようがない場合はサロンにお願いすると良いでしょう。

    もつれを無理にほどく事は被毛の痛みの原因となります。できる事ならもつれが出来る前にきちんとブラッシングする事が望ましいでしょう。

    3.シャンプーをする事でより美しく保とう

    洗い過ぎは逆効果!?

     冒頭でも記載した通り、マルチーズのように白い被毛の犬種は、汚れやすくとても目立ってしまいます。
    雨が降った次の日の散歩での泥汚れや、おしっこなどの汚れがついてしまうと見たはもちろんのこと、衛生的にも良くないでしょう。

    汚れをつかないようにするためには、汚れた個所を見つけたらすぐにぬるま湯にひたしたタオルでふき取ってあげるのが良いでしょう。また、市場では白い被毛用のシャンプーが販売されておりますので、ご自宅でシャンプーをされてましたら次第に汚れも落ちていきます(定期的にサロンに連れていってる場合はシャンプーはしなくて良いです)。

    ですが、マルチーズの白い被毛をキープすることはプロでも困難です。汚れが気になるからといってシャンプーを繰り返しますと、かえって皮膚に悪影響を与えてしまい、毛もスカスカになってしまいます。
    汚れているからといって神経質にならないように適度に洗いましょう。
    月に1、2回がベストです!

    photo by LiteWriting aka Loreen72

    シャンプーの流れ

     定期的なシャンプーやカットが望ましいとされているマルチーズですが、どうしても金銭的事情や時間の問題で預けられないという方がいるかと思われます。
    ですが、マルチーズほどの小型犬ならば自宅で簡単にシャンプーが出来るのです。ブラッシングで被毛を整えてからシャンプーに取りかかりましょう。

    1、お尻からお湯をかけて充分に濡らしていく。顔を濡らすのは最後にする
    2、肛門腺絞る。肛門に対し、4時と8時の位置に指を置き、強く押し込みながら持ち上げる。茶色い液が出てくるので注意
    3、手にシャンプーをつけて泡立ててから全身に塗布
    4、顔を洗う際は、眼や鼻に入らないように気を付ける事。流す時は顔が一番最初!
    5、リンスは顔にかけないように。全体にうっすら浸透させる程度で良い

    シャンプーやリンスは希釈するタイプのものとそうでないものがありますので、事前にラベルを見て使用方法を確認しておきましょう。洗い残しがあると皮膚病になりかねないので要注意です。

    洗い終わった後が一番重要!

     洗い終わった後は、充分にタオルドライをしてドライヤーで乾かします。中途半端にならないよう、根本までしっかりと乾かすようにしましょう。

     特に夏場、濡れた状態で散歩に行くと皮膚病になってしまう他、やけどになる可能性もあるのです。乾いていない水分が、虫眼鏡と同じ効果になり、太陽を吸収しやすくなってしまうのです。

    外を歩いていれば乾くという発想で、半乾きのまま外に連れ出してしまう飼い主さんがいますが、絶対にやってはいけないことの一つです。

    photo by audrey_sel

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

子犬を探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
毛色
地域
地域選択する
価格
性別
生後
販売
状況
動画

保存した検索条件(子犬)

保存している検索条件はありません

ブリーダーを探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
地域
地域を選択する

メインメニュー

閉じる