探す

ブリーダーナビガイダンス

おすすめコンテンツ

北海道犬の子犬を探す

北海道犬の特徴

北海道犬は別名アイヌ犬とも呼ばれ、極寒にも耐えられる強い体質を持っています。豊かな被毛に無邪気な表情が魅力的。性格は勇敢で、飼い主に忠実。成犬時の大きさはオスの体高が48.5~51.5cm、メスは45.5~48.5cmが標準。

※性格や大きさには個体差があります。

現在、条件に合致する子犬は掲載されていません。

ブリーダーナビでは、条件に合う子犬が新しく掲載されたらメールでお知らせする「新着子犬のお知らせ」機能をご用意しております。ぜひご活用ください。

新着子犬のお知らせはこちらから登録!

※価格は全て税込みです

お選びいただいた条件で成約済みの子犬

お選びいただいた犬種を取り扱っているブリーダー

お選びいただいた犬種の出産予定がないか、ブリーダーにお問い合わせいただくことも可能です。
※繁殖はブリーダーやワンちゃんの状況に左右されるため、必ずしも出産予定があるとは限りません。ご了承ください。

ブリーダーをもっと見る

地域別で北海道犬の子犬を探す

価格別で北海道犬の子犬を探す

月齢別で北海道犬の子犬を探す

性別で北海道犬の子犬を探す

北海道犬に似ている犬種の子犬を探す

他の人気犬種の子犬を見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー

北海道犬をお迎えいただいたお客様の声(口コミ・評価)

北海道犬の性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

北海道犬の性格

北海道犬の性格を簡単に説明すると、他の日本犬と同様、生涯で一人の飼い主だけに従う『一代一主』の性質を持った『忠犬』です。
日本犬全体にいえることですが、飼い主に対してとても従順で、一度覚えたしつけは忠実に遂行します。反面、警戒心が強いので他人に対しては心を開かず、日本犬の中でも特に気性が荒い犬種です。また、熊が相手でも立ち向かうほどの勇敢さを持ち合わせているので、番犬として最高といえるでしょう。

北海道犬の大きさや体重

平均体高 オス:48.5cm~51.5cm
メス:45.5cm~48.5cm
平均体重 20kg前後

鼻の付け根に浅いストップがあり、アーモンド型の小さな目にやや離れた三角形の立ち耳、巻尾または差尾のしっぽを持った犬種です。北海道という寒い地域に住んでいることからも分かるように、体は厚いダブルコートの被毛に覆われています。
また珍しい特徴として、甲斐犬やチャウチャウのように、舌に青い斑点を持つ個体が存在します。

北海道犬の歴史と原産国

北海道犬は日本土着の日本犬の1種で、『アイヌ犬』とも呼ばれ、アイヌ語では『セタ』と呼ばれます。アイヌの人たちとともにクマやエゾ鹿の狩りをして暮らしており、中型犬でありながら大型犬以上の強さと逞しさを誇る犬種です。

有名な話として、1902年に起きた【八甲田雪中行軍遭難事件】で、遭難者の捜索活動に従事したことで注目を浴びることに。
1937年になると、 文部省により天然記念物に指定されるとともに、【北海道犬】が正式名称に定められました。

北海道犬の毛色の種類

JKCでは、胡麻、虎、赤、黒、黒褐色、白が北海道犬の毛色のスタンダードとして認められています。

食事量や回数

  • 1日に必要なカロリー数
     1,059kcal
  • 1日に必要なフード量
     279g
  • 1ヵ月に必要なフード量(1日のフード量×30)
     8,370g

この数値は、体重20㎏ワンちゃんの場合の目安となりますが、同じ北海道犬であっても体重には個体差があるため、あくまでも参考程度にお考えください。
また、与えるドッグフードの種類によって適正なフード量は異なるため、ドッグフードのパッケージに記載された内容を必ずご確認のうえ、食べさせるようにしましょう。

散歩時間や運動量

北海道犬は元気いっぱいで多くの運動欲が豊富な犬種です。そのため、毎日1回に1時間程度のお散歩を1日2回、毎日連れて行ってあげましょう。
ただし、力が強いので散歩の際は振り回されないように注意が必要です。

また、毎日の散歩に加え、公園やドッグランなどの広い場所で思い切り走らせたりフリスビーなどで遊んであげたりすると、喜んでもらえるでしょう。

お手入れについて

北海道犬はダブルコートの被毛を持つ犬種なので、高温多湿な本州で飼育する場合は、抜け毛の量が多いので注意しなければなりません。
基本的なブラッシングは3日に1度程度でも大丈夫ですが、換毛期ともなれば毎日必要となるでしょう。特に夏の換毛期には驚くほどの量の毛が抜け落ちるので、毛玉にならないよう優しくブラッシングしてあげてください。

また、清潔さを保つためにはシャンプーも大事です。 普段は2~3ヶ月に1回程度の頻度で、換毛期の前後はこれよりも短いスパンでシャンプーしてあげると、体に留まった抜け毛を十分に洗い落せるでしょう。

しつけについて

北海道犬は、日本犬らしく飼い主と認めた人間に対して従順なので、関係を築くことができればしつけで困ることは少ないでしょう。
逆にいえば、飼い主以外に対しては警戒心を露わにして懐くことは滅多にありません。咥えて、自分よりも大きな相手にも向かっていくほど勇敢なので、番犬に向いた犬種といえます。
しかし、日本犬の中でも特に気性が荒い傾向にあるため、他人に攻撃性を向けないよう、子犬の頃から社交性を身に着けるようにしつけてあげてください。

まとめ

北海道犬といえば、某お父さん犬で有名になった犬種ですが、警戒心が強く飼い主以外に懐かないため、CMのような人懐こさを期待すると攻撃性を向けられる危険があります。

日本犬は家族以外には強い警戒心を向ける傾向にありますが、北海道犬は特に警戒心が強いといわれているため、接し方には注意が必要かもしれません。
そのほか、お手入れやしつけに関しても気を付けるべきポイントがあるので、今回の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

北海道犬の
子犬を見てみる

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません