探す

ブリーダーナビガイダンス

おすすめコンテンツ

スタンダードプードルの子犬を探す

スタンダードプードルの特徴

スタンダードプードルはフランスが原産国の犬種。4つに分類されるプードルのサイズの中で最も大きい。性格は賢く好奇心旺盛。成犬時の大きさは体高45~60cmが標準とされています。

※性格や大きさには個体差があります。

検索結果67

※価格は全て税込みです

並び順

※価格は全て税込みです

スタンダードプードルの毛色データ

こちらは過去1年間にブリーダーナビで販売されていたスタンダードプードルを、毛色ごとに分けたグラフです。

スタンダードプードルの毛色比率

※このデータは、2021年10月01日~2022年09月30日にブリーダーナビで販売されたスタンダードプードルを対象としたものです。(n=81)

販売頭数の多い毛色

スタンダードプードルの毛色は多い順に、「ホワイト(白)(29.6%)」,「ブラック(黒)(23.5%)」,「クリーム(19.8%)」,「ブラック系(13.6%)」,「アプリコット(13.6%)」という結果になりました。

スタンダードプードルの男女比データ

こちらは過去1年間にブリーダーナビで販売されていたスタンダードプードルの男女比をあらわしたグラフです。

スタンダードプードルの男女比率

※このデータは、2021年10月01日~2022年09月30日にブリーダーナビで販売されたスタンダードプードルを対象としたものです。(n=102)

男の子が55.9%、女の子が44.1%と、男の子の方が多い結果となりました。


一般的に男の子は元気で素直な犬が多く、女の子は比較的落ち着きがあり穏やかな犬が多い傾向にあるといわれています。また排泄方法や習性、避妊・去勢手術など性格以外にも違う部分がいくつかあるので、ライフスタイルに合わせてお迎えする犬の性別を検討するとよいでしょう。ブリーダーさんに相談してみるのもおすすめです。

地域別でスタンダードプードルの子犬を探す

価格別でスタンダードプードルの子犬を探す

月齢別でスタンダードプードルの子犬を探す

性別でスタンダードプードルの子犬を探す

スタンダードプードルに似ている犬種の子犬を探す

他の人気犬種の子犬を見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー

スタンダードプードルの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

スタンダードプードルの性格や特徴は?初心者に向けた飼い方も

スタンダードプードルの性格

スタンダードプードルはとても賢く、従順な犬種です。

愛情深くフレンドリーな性格なので、他の人やワンちゃんとも上手に接することができます。ドッグランやドッグカフェなどのお出かけも一緒に楽しめるでしょう。

のんびりとした見掛けに寄らず運動能力が高く、遊び好きな一面もあります。

スタンダードプードルの大きさや体重

スタンダードプードルは、JKCの犬種標準で4種類に分けられるプードルのうち、最も大きなワンちゃんです。

ちなみに、飼育頭数が最も多く絶大な人気を誇る「トイプードル」はこの4種類のうちの最も小さなプードル。トイプードルの体高は24~28cmほどと定められているので、スタンダードプードルはなんと倍以上の大きさとなります。

独特な巻き毛の被毛でもこもこに見えますが、線が細く華奢な体つきをしています。

体高
45~60cm

体重
16~30kg

スタンダードプードルの歴史と原産国

スタンダードプードルの原産国はフランスです。

正確なルーツはわかっていませんが、名前の由来はフランス語で「アヒル」を意味する「cane」やドイツ語で「跳ねる」を意味する「pudel」からきているのではないかといわれています。

元々プードルは水鳥の狩猟で、狩った獲物を回収する役割を担ってきました。プードルには独特なカットスタイルがありますが、これも水中で泳ぎやすくするために始まったようです。プードル種は泳ぎが得意だといわれている理由はここにあります。

狩猟犬として活躍していたプードルですが、だんだんフランスの貴族の間で愛玩犬として愛されるようになり、小型化されていきました。

スタンダードプードルの毛色の種類

ブラック、ホワイト、ブラウン、グレー、フォーンなどの単色が認められています。その他、シルバーやアプリコット、レッドなど、プードルにはさまざまなカラーがあります。

食事量や回数

適正な食事量は年齢や体重、ごはんのカロリーなどによって変わります。 ドッグフードのパッケージなどに書かれている量を目安に、ライフステージに合った回数で適切な量を与えられるようにしましょう。

目安として、体重25kgのスタンダードプードルの例をあげておきます。 1日に必要なカロリーは約1250kcal程度。フードの量を平均すると1日に約330gほどとなり、1ヶ月に必要なフード量は約10kgとなります。

またスタンダードプードルは胸が深い体型のため「胃捻転」を起こす可能性があります。 一気食いさせないように注意が必要なので、ガツガツ一気食いをするワンちゃんであれば、1食を数回に分けて与えるようにしましょう。 早食い防止の器もおすすめです。

食後すぐの運動も控えるようにしてくださいね。

散歩時間や運動量

先に述べた通り元々狩猟犬なこともあり、運動量は多めです。

1回30分~1時間ほどの散歩を、朝晩の2回行うようにしましょう。

スタンダードプードルは賢いので、頭を使うようなトレーニングを取り入れるとさらに楽しんでくれるかもしれません。

お手入れについて

スタンダードプードルの被毛はシングルコートで抜け毛が比較的少なく、換毛期に悩まされるということも少ないでしょう。 ただし放っておくとどんどん伸びるので、定期的にカットをする必要があります。

トリミング料金はかかりますが、アフロスタイルやモヒカンスタイル、ライオンカットなど、さまざまなカットスタイルを楽しむことができますよ。

抜け毛が少ないとはいえ絡みやすい質の被毛なので、毎日のブラッシングは欠かさず行いましょう。

しつけについて

スタンダードプードルは遊び好きでやんちゃな一面もあるので、興奮がエスカレートしすぎないように制御のコマンドをしっかり覚えさせましょう。「オスワリ」や「マテ」、「フセ」などがそれにあたります。

なるべく子犬のうちから社会化トレーニングを行い、他の人やワンちゃんともコミュニケーションが取れるようにしつけましょう。

賢く従順で人との共同作業が好きな犬種なので、しつけは比較的しやすいといわれています。

まとめ

大きいぬいぐるみのような可愛い見た目と賢く穏やかな性格から、セラピードッグとしても活躍しているスタンダードプードル。 家庭犬として好まれる素質をすべて兼ね備えているともいわれていますが、それも納得ですよね。

飼い主がたくさん愛情を注いで育てれば、必ずそれにこたえてくれるでしょう。生まれ持った素質を活かせるようにしっかりしつけを行い、スタンダードプードルと幸せな毎日を過ごしてくださいね。

スタンダードプードルの
子犬を見てみる

子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません