トイプードルのカットスタイル集!値段相場やオーダーの仕方も!

トイプードルを飼ったら、一度はカットスタイルを楽しみたいと思う方も多いのでは?
今回は、トイプードルの魅力を引き出すカットスタイルを紹介するとともに、トリミングに関する疑問やお悩みに答えていきます。

かわいらしさが際立つカットスタイル

トイプードルのカットスタイル
photo by harvey117

トイプードルのイメージといえば、やはり「かわいい」が最初に出てくるのではないでしょうか?
何種類もあるトイプードルのカットスタイルの中でも、定番といえる可愛らしさを引き立たせるカットスタイルを紹介します。

テディベアカット

テディベア(熊のぬいぐるみ)という名前の通り、ぬいぐるみのような見た目にするカットスタイルです。体がスッキリするため、暑い夏場やお洋服を着せたいときにおすすめで、特に顔が小さく毛の量が多い子が似合います。

耳の長さ次第でかわいくもかっこよくもなり、お手入れも簡単なトイプードルの定番カットスタイルの1つです。

ピーナッツカット

正面から見ると、トイプードルのシルエットがピーナッツの形に見えるカットスタイルです。頭と口元にボリュームを出すことで、正面から見た時に「8」の字になるように仕上げます。

仕上がりはテディベアカットに近いのですが、テディベアカット向きではない、マズルが長めの子にも合うカットスタイルです。

男の子に最適?かっこいいカットスタイル

「うちの子は男の子だからかっこよくしたい」
そんな飼い主さんには、こちらのカットスタイルをおすすめします。

モヒカンカット


人間のモヒカンヘアと同じく、サイドを短く、中心を長くカットしたヘアカット。頭だけでなく、お尻まで含めて全身をモヒカンカットにする子もいるようです。

ある程度の毛量さえあれば気軽に挑戦することができ、これといったデメリットもないため、男の子のヤンチャな面を強調したい飼い主さんに人気があります。特に黒い毛色の子に似合うスタイルです。

アフロカット

インパクト抜群で、トイプードルの魅力を引き出せる、頭を大きく見せるアフロヘアのようなカットスタイルです。頭以外の胴体や足部分を、少し短めにカットすれば、頭の大きさがより際立ちます。

毛色やマズルの長さに関わらず、どんなトイプードルにも似合うスタイルといえるでしょう。ただし、事前に頭の毛をある程度長く伸ばしておく必要があり、維持するためにはお手入れが重要となります。

リーゼントカット

特徴的なトイプードルのクセ毛を活かしたカットスタイルです。カットスタイルの厳つさがギャップになり、可愛らしさを際立たせてくれます。

毛が伸びてしまうとリーゼントの形が維持できなくなってしまうので、カットスタイルを楽しめる期間が短いのはデメリットといえるかもしれません。

誰よりも目立つ!個性的なカットスタイル

「他の子と一緒はイヤ」という、個性重視の飼い主さんには、こちらのカットスタイルがおすすめです。
人間と違い全身の毛でスタイルを楽しめるワンちゃん、特にトイプードルならではのカットスタイルといえます。

バルーンパンツスタイル

バルーンパンツという名前からも分かるように、お尻の毛を風船のように丸く膨らんだ形にカットするスタイルです。お尻の丸みを強調するカットなので、歩いている後ろ姿はとてもかわいいですよ。

アフロカットと同様、ある程度の毛の長さが必要で、毛量の多いトイプードルでないと綺麗に形が作れません。

スカートスタイル

上のバルーンパンツスタイルをアレンジした、まるでスカートのようにフワフワと揺れるカットスタイルです。重ねたスカートのような個性的なシルエットは、見る人に女の子らしいとてもキュートな印象を与えます。

ブーツカット


足先にかけて広がっていくようなシルエットを形作るカットスタイルで、ブーツを履いているように見えることから名づけられました。足を長く見せる効果があり、毛色問わずどんなトイプードルにも似合うスタイルです。他のカット組み合わせることで、雰囲気をガラリと変えることができるのも魅力といえます。

一味違う、セレブなカットスタイル

トイプードルといえば「かわいい」印象ですが、ドッグショーに出陳される場合、一味違うセレブ感溢れるカットスタイルで会場に臨む子もいます。

マイアミカット


昔から存在する、足先としっぽにふんわりと毛を残すプードル向けのカットスタイルです。
セレブ感の中にもかわいらしさがある定番のスタイルで、ちょっと痩せ気味のトイプードルでも挑戦しやすいでしょう。

ただし、胴体などの毛を短く刈るので、日差しが強い季節には適さず、皮膚が弱い子にはおすすめできません。

ラムクリップ

こちらもトイプードル定番のカットスタイルで、「ラム(羊)」という名称からもわかるように、羊のように全体的にふんわりとした雰囲気になります。特に白やクリーム・黒の被毛の子や、マズルが長めな子が似合うカットスタイルです。

足周辺と顔、お尻の毛を刈るのでお手入れがしやすくなりますが、手足に残した毛に草やゴミが絡まりやすいので注意が必要です。

コンチネンタルクリップ

プードルを代表するカットスタイルといえば、この『コンチネンタルクリップ』です。ドッグショーなどに出陳するプードルのスタイルということもあり、かわいさとセレブな雰囲気が同居しています。

顔と足の毛はとても短く刈ることになるので、日差しが強い時期や皮膚が弱い子には不向きです。

トリミングに関する疑問を解決!

トイプードルのような犬種の場合、トリミングサロンでカットをお願いする機会も多いと思いますが、やはり最初の一歩は大変です。
ここでは、これからトリミングをお願いしようと考えている人が抱えているであろう、疑問にお答えします。

プロにお願いするトリミング、値段相場はどのくらい?

トリミングの値段は、店による部分が大きく地域によってもさまざまですが、目安は2~3時間で5,000~1万3,000円
10店舗のサロンで料金表を確認したところ、シャンプー込みのカットコース料金の平均は7,150円でした。

カットの頻度は?

トイプードルのカットは、月に1回の頻度が目安です。クルクルと巻いた特徴的な被毛なので、カットをしないでいると毛玉ができて絡まり、健康にも悪い影響がでてしまいます。

特に冬場は静電気が発生しやすいので毛玉になりやすく、愛犬に洋服を着せている方は注意が必要です。

また、静電気のせいでホコリを吸着してしまうので、毛が汚れやすなります。月1回の被毛のカットに加え、シャンプーもしてあげましょう。

子犬のカットはいつから大丈夫?

トイプードル子犬は、生後4ヶ月頃にトリミングデビューさせるのが一般的なようです。
プードルはトリミングが必要な犬種なので、デビューが遅くなると成犬になってから苦労してしまう可能性があります。

成犬になってからではトリミングやシャンプーに慣れるまで時間がかかるため、子犬のうちにトリミングやシャンプーに慣れさせておくとよいでしょう。

夏は短い方がいいの?

犬種ごとに多少の差はあるものの、犬という動物は基本的に寒さには強いですが、暑さに弱いことが多いです。トイプードルも例外ではないので、夏には暑さへの対策が欠かせません。
その方法の1つがサマーカットです。

夏が近づき、暑い季節になると愛犬の被毛を短くする飼い主さんも多いでしょう。
人間も夏になると薄い服装になるように、ワンちゃんの被毛を短くすることで通気性を良くし、熱がこもるのを緩和することができます。

これだけ聞くと「夏は毛を短くする方がいいんだ」と思いますが、デメリットもあります。
ワンちゃんの皮膚は人間の1/3の薄さしかないといわれており、とてもデリケートです。
被毛にはその皮膚を守る役割もあるため、短くしてしまうと紫外線などの刺激に直接さらされることになります。

つまり、サマーカットは暑さ対策としては有効ですが、皮膚を守るという点ではマイナスに働いてしまいます。
夏には、紫外線だけでなく害虫などの脅威も増加するので、被毛を短くした場合は、外出する際に服を着せてあげるなどの対策も必要です。

オーダーの仕方は?

美容院のオーダーで、上手に説明できなくて困ったという経験をした方もいらっしゃると思います。ワンちゃんも同様で、トリマーさんに愛犬のカットをお願いするときに、どういうオーダーをすればよいのか分からないという飼い主さんも少なくないようです。

では、トリミングサロンではどういう方法でカットをお願いすればよいのでしょうか。

手っ取り早く確実な方法は、イメージするスタイルの写真を見せることです。加えて、「手入れしやすい」「見た目重視」など、言葉で補足すると良いでしょう。

プロのトリマーさんは、ワンちゃんの毛質や量を考慮して、可能な限り要望にそえるようアドバイスをしてくれます。
また、要望を伝える際は、アレルギーなどの情報も合わせて伝えると安心です。

トイプードルの子犬を見てみる