2016/2/19 16:11:10

大変!フレンチブルドッグがあんなものを食べた!?

    1.愛犬が食糞行動を起こしている!?

     ある日フレンチブルドッグを抱っこしていたところ、お口が異常にくさい。しかもどこかで嗅いだことのある匂い?もしかしてと慌ててペットシーツのところに行くと、ウンチをした痕跡はあるのにウンチがない!
     フレンチブルドッグは大人しく激しい動きをあまりしない子ですが、思わぬところで問題行動を起こしてしまいます。食糞も立派な問題行動の一つとしてあげられます。食糞をしてしまうのは飼い主さんに問題があるかもしれないって知ってましたか?

    2.どうして食糞行動を起こしてしまうの?

    食糞をするのはおなかがすいているから??

     食糞をすることで栄養を補っている、または空腹のため食糞をするとの説がありますが、実は食糞のメカニズムははっきりと明確になっていないのです。仔犬の時は、まだなにも知らない時期ですしなんにでも興味津々の状態です。そして、人と違い、犬は食べることによってそのものの情報を得ようとするのです。
     成犬の時の食糞行動はある程度の仮設があげられていますが、それも正しいかどうかはあいまいです。何かの病気と関連してるのではないかと言われることもありますが、これも明確ではありません。成犬のフレンチブルドッグが突然食糞をするようになってしまった場合、消化器系の部分に疾患がないとは100パーセント言い切れませんので、念のため病院での診察が望ましいでしょう。

    photo by Samantha

    飼い主さんが無意識に食糞という行動を覚えさせている

     成犬になったフレンチブルドッグの食糞行動は、主に飼い主さんの気をひくための行動であるのではないかと言われています。
     例えば、食糞をしてる光景を見て、飼い主さんが悲鳴をあげたりします。もちろん、人にとって食糞なんてありえない行動ですからパニックになってしまうのも仕方がないでしょう。ですが、その飼い主さんの反応を見て、フレンチブルドッグは喜んでいると勘違いしてしまいます。フレンチブルドッグの頭の中では食糞をすることで飼い主さんは喜んでくれると学習してしまうのです。
     飼い主さんは無意識にフレンチブルドッグに報酬を与え、「条件付け」をしてしまっていたのです。条件付けをされたフレンチブルドッグは、喜んでもらいたいがために食糞を繰り返してしまいますので、絶対に悲鳴をあげたり騒いだりしないようにしましょう。食糞を見てパニックになんてならない人なんていませんが、そこは耐えましょう…。

    あの味が・・・

     また、もう一つ理由があげられるのは、一度二度とウンチを食べてしまったことをきっかけに、味に対する嗜好が定着してしまったのではないかと言われます。やたらとウンチを食べたがる、あるいはペットシーツの上に排泄した痕跡はあるものの、毎回ウンチそのものがない場合は、これが原因と言われます。愛犬の好きな食べ物がウンチ、なんて言いたくもないですし、信じたくもないですよね。

    photo by Eduardo Merille

    3.食糞行動をなおさせよう

    飼い主さんが徹底すること!

     仔犬の食糞行動は当たり前のことであるため、取り立て気にする必要はありません。仔犬のときの食糞は成長するとともになおっていることがあるのです。成犬の食糞行動は、上記のように飼い主さんに原因があるかもしれないのです。食糞行動を防ぐためにも、まずは飼い主さんの行動を一度改める必要があります。
     食糞行動をしてしまった場合、騒ぎ立てず、一切無視の行動をとります。この時、叱ることで逆効果になってしまうかもしれませんので、無視することをおすすめします。なぜ逆効果になってしまうかというと、排泄をしたことで叱られていると勘違いしてしまう可能性があるのです。その排泄をした証拠物をなくそうと、フレンチブルドッグが必死に食べる…まさに悪循環とも言えます。
     一番ベストな対策方法は、排泄をしたらすぐにペットシーツのところに向かい、速やかに取ります。食べられる前にとる!また、片付ける際はフレンチブルドッグの注意を引くと良いでしょう。排泄をした直後にスワレ、マテなどの指示を出し、褒めておやつを与えましょう。そうすることで、自然と頭の中でウンチなんかよりいいものがある!と覚えてくれるのです。

    飼い主さんがいないときはどうしたらいいの?

     飼い主さんが不在の時はどうしたらよいのかというと、単純な話です。フレンチブルドッグの行動ニーズを満たせばいい話なのです。行動ニーズとは、その犬が特定の行動をとりたいという自然な欲求なのです。この場合ですと、食べることの欲求を満たします。咬み応えのあるおもちゃや、骨ガムなどを与えることでその欲求を満たします。食糞行動よりも楽しくて面白いことがあると思わせることはとても重要です。食欲だけでなく散歩や運動をしてメリハリのある生活にし、食糞行動を思い起こさせないようにしましょう。 
     

    4.食糞そのものは悪くはないけど・・・

     食糞をそのものに体に悪影響を及ぼすことはありません。ですが、食糞をすることでもちろん口臭が強烈になります。口を開けた瞬間なんともいえない強烈なにおいが襲ってくることは避けられないでしょう。また、寄生虫に感染した他犬のウンチを食べてしまったりすることもあり得るのです。その場合は、犬同士の寄生虫の感染が発生してしまうので、良いこととは言えないでしょう。

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

子犬を探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
毛色
地域
地域選択する
価格
性別
生後
販売
状況
動画

保存した検索条件(子犬)

保存している検索条件はありません

ブリーダーを探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
地域
地域を選択する

メインメニュー

閉じる