2016/6/29 14:11:17

実はフレンチブルドッグは抜け毛が多い事、知っていましたか?

    1.毛が短い=抜け毛が少ない?

    フレンチブルドッグは抜け毛が多い犬種

     フレンチブルドッグとマルチーズ、どちらは抜け毛が多いと思われますか?
     マルチーズは毛量も多く、また、サラサラとした毛が長い事が特徴的です。逆に、フレンチブルドッグは短い毛が密集している為、お世辞にもサラサラとした…とは言い難いです。答えは一目瞭然、正解はと言うと…実はフレンチブルドッグなのです。
     
     一見、毛の長いマルチーズの方が、抜け毛が多いように思えるのですが、実際はフレンチブルドッグの短い毛の方が、多く毛が抜ける傾向があります。
     
     この二犬種の大きな違いは、フレンチブルドッグはダブルコート、マルチーズはシングルコートというものなのです。

    ダブルコートとシングルコート

     犬の毛はシングルコートとダブルコートの二つのタイプがあり、犬種によってどちらのコートか異なります。
     では、シングルコートとダブルコートの違いを見ていきましょう。
     
     ・ダブルコートは上毛と下毛を持ち合わせているが、シングルコートは下毛がほぼなく、上毛でおおわれている
     
     ・ダブルコートは換毛期というものがあり、この時期が一番抜ける
     
     ・上毛と下毛がある為、防寒力はダブルコートの方がある
     
     ・シングルコートは延々と毛が伸び続けるが、ダブルコートは一定の長さまでしか伸びない
     
     上記のように、ダブルコートとシングルコートには大きな違いがある事が伺えます。
     短毛で抜け毛がないからブラッシングは必要ないだろう…というのは犬を飼った事がない人によくある勘違いです。
     
     それはもちろんフレンチブルドッグにも該当する事ですので、毎日ブラッシングするよう心がける必要があります。

    換毛期にご注意を!

    photo by Tomas Cuba

     上記で少し触れましたが、ダブルコートであるフレンチブルドッグには換毛期があります。
     
     ダブルコートには下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)があるのですが、主にこの下毛が防寒の役割を持ちます。
     春から夏にかけて、防寒の役割がある下毛が抜け、そしてまた、寒くなる秋ごろから下毛が生えてきます。この時期の事を換毛期と言います。
     
     この繰り返しである為、毎年換毛期の時期になると抜け毛対策で追われるという飼い主さんがたくさんいらっしゃるでしょう。特に春から夏にかけての時期はとてつもない量である為、驚かれるかと思われます。

    2.フレンチブルドッグの抜け毛対策!

    まずは適切な道具を用意しよう

     さて、抜け毛対策に一番良いのはやはり適度なブラッシングです。
     長毛種の子の場合、必要な道具はスリッカーブラシやピンブラシなどで行えばよいのですが、フレンチブルドッグのような短毛種にこの二つのブラシを使用しても良いのでしょうか。
     
     実際、この二つは長毛に適したブラシである為、フレンチブルドッグにブラッシングをしてもあまり効果は得られません。むしろ、皮膚を傷つけてしまう恐れがあるのでオススメは出来ません。
     
     短毛に適した道具は以下の二つです。
     
     【ラバーブラシ】
     柔らかいラバー質のブラシ。その吸着性で死んだ毛を取り除く事が出来る
     
     【獣毛ブラシ】
     艶出しの効果がある。マッサージの効果も得られるので最後に整える時にやると良い
     
     ラバーブラシは、まさに短毛の為のブラシと言っても過言ではないでしょう。

    ブラッシングをする際の流れ

     1.まず、ラバーブラシで全体を撫でるようにブラッシングしていきます
     
     2.片手で皮膚を伸ばすようにし、毛並みに沿っていきましょう
     
     3.ラバーブラシは吸着性に優れている為、力を入れなくても割と簡単に毛やホコリなどを取り除けます
     
     4.最後に獣毛ブラシで全体を整えて終了です
     
     
     ~注意点~
     ・ラバーブラシは、毛をただ除去するのみしか役割がありません。生え際から毛を美しくする事も難しい為、毛の美しさを出す事は出来ません。
     その為、最後は必ず獣毛ブラシで整えるようにしましょう。
     
     ・ラバーの吸着で毛を取り除くので、あまり使用しすぎると毛を痛めてしまう恐れがあります。ブラッシングは5分ほどで充分ですので注意しましょう。

    3.更に抜け毛を抑えるポイントとは!?

    こまめなシャンプーも必要だったり

     長毛種と比べて、シャンプーをする必要があまりないように思うかもしれませんが、フレンチブルドッグも定期的に、最低月に一度はシャンプーする必要があります。
     
     また、シャンプーをする事である程度抜け毛の対策をする事が出来るのです。
     ラバーブラシなどで根元まで除去できなかった毛を、シャンプーならば、根元から泡立てて洗う事で除去する事が出来ます。
     
     毛穴の汚れも取れるので、死んだ毛と汚れが一緒に洗い流せます。においや汚れを落とすだけでなく、全体的に毛も流せるのですっきりするでしょう。

    ファーミネーター

     ファーミネーターと言えば、ブラッシングにおいて抜け毛対策に非常に有効的な道具として有名です。
     通常のブラシと違って【刃】で抜け毛を絡ませて除去させます。抜け毛や細い毛などが刃に絡みやすい為、ごっそり抜ける事が出来ます。
     
     しかし、このファーミネーターは皮膚や毛を痛めやすい為、使用する際は充分に注意する必要があります。
     もしも使用する際は、換毛期の時だけなどにして毎日使用しないようにしましょう。

    最終兵器…

     ・毎日ブラッシングは面倒だ
     
     ・ブラッシングにそこまで時間かけられない
     
     ・あまりブラッシング得意でない…
     
     そんな方には、いっそのこと洋服を着せてしまうのも手です。また、毎日ブラッシングをしても毛は抜けてしまうものです。
     どうしても毛が気になってしまうという方には、服を着させる事で毛が空中に飛んだりしないようにする事が出来ます。
     
     ですが、抜け毛そのものをなくすような効果はありませんので、出来る事なら週に3回はブラッシングする時間を設けるようにして下さい。

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

子犬を探す

閉じる

保存している検索条件はありません

メインメニュー

閉じる