成田裕子ブリーダーインタビュー | 福岡県春日市 | カニンヘンダックスフンド、チワワ、トイプードル、ポメラニアン、マルチーズ

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。今回は福岡県春日市にお住いの「成田裕子ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての想いなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
成田裕子ブリーダー
犬舎
福岡県春日市
取扱犬種
カニンヘンダックスフンド、チワワ、トイプードル、ポメラニアン、マルチーズ

成田裕子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

成田裕子ブリーダーの子犬を探す !

    自然の流れで、がむしゃらに続けています

    1atomu

    ―まず始めに、この業界で働き始めたきっかけを教えてください。

    成田ブリーダー:元々、両親がペットショップをやっていたので、小さいころから動物に囲まれて暮らしていたんです。就職して仕事をしながら、自宅がショップの近くだったので、子育ての合間に両親の手伝いを始めました。

    ―実家のお手伝いが今の道につながったわけですね!

    成田ブリーダー:そうですね。そして26歳のころにペットショップの組合がトリミングの学校を開いたので、そこに通ってトリマーの資格を取り、しばらくは母と2人でトリミングをしていました。その後、スタッフを雇ったりして店を切り盛りするようになりました。

    ―両親の跡を継いだのですね。

    成田ブリーダー:跡を継いだというか、自然の流れで、がむしゃらに無我夢中でやってきた結果、今がある感じですね(笑)長くやっているおかげで、昔から来てくれる常連さんや、「やめないでくれ」と言って下さるお客さんもたくさんいるので、そういう方たちのためにも堅実に続けています。

    1atomu

  • お預かりしたワンちゃんは、なるべく早めに飼い主さんと会わせてあげるようにしています

    P1010042

    ―ショップを経営していくにあたって、力を入れている部分を教えてください。

    成田ブリーダー:やはり、お客さんの要望に応えることですね。ショップということもあって、お客さんから相談を受けることも多いのですが、そういう時にしっかりと丁寧に対応することを心がけています。また、うちはショップとトリミングの他にペットホテルもやっているのですが、預かった子はなるべく早めに飼い主さんと会わせてあげるようにしています。

    ―やはり、ワンちゃんも飼い主さんも早く会いたいと思っているでしょうからね!

    成田ブリーダー:そうですね。うちではお預かりしたワンちゃんは自宅でお世話しているので、ショップの営業時間が終了していても、自宅まで迎えに来ていただけるようにしています。それに、ワンちゃんがホテルに慣れていないと、ストレスで血尿が出たりして体調を崩してしまうことがあるんですよ。

    ―心が繊細なワンちゃんも多くいますからね。

    成田ブリーダー:そうですね。なので、そういったことを防ぐため、お迎えは基本早めにできるようにして、うちのペットホテルを新規で利用する方には、試しに一泊から預けてもらって練習していただくように勧めています。それに、ワンちゃんにもホテルという環境に慣れてもらったほうがお世話をしやすいですので、なるべく環境には慣れさせてほしいです。

    P1010042

  • ワンちゃんはもちろん、お客さんのことも大事にしたいです

    22015.4.12もみじベビーベストイン

    ―現在で、どのくらいの種類のワンちゃんをお世話しているのでしょうか?

    成田ブリーダー:ミニチュアダックスや、カニヘンダックスをメインにしています。あとはトイプードルやチワワ、ポメラニアンなども知り合いのブリーダーさんから譲ってもらってやっています。

    ―そうなんですね!では、ダックスをメインにしようと思った理由は何だったのでしょうか?

    成田ブリーダー:昔からミニチュアダックスがずっと欲しかったのですが、中々手に入らなくて、20年くらい前に知り合いのショップからようやく譲ってもらうことができたんです。そこから世間でミニチュアダックスのブームが到来したので、チャンピオン犬と交配し、繁殖させてお世話していました。

    ―最初はミニチュアダックスだったんですね!

    成田ブリーダー:そうですね。そこから5~6年して、イギリスからクリーム色のダックスがうちに来たのですが、この子の体が小さすぎて、ミニチュアダックスのドッグショーに出しても賞が取れなかったんです。そこで、カニヘンダックスにサイズを変更して出場したらなんとチャンピオンになったので、そこから繁殖させていって今に至ります。

    ―サイズを変えただけでチャンピオン犬に!すごいですね!

    成田ブリーダー:もちろんブリーディングに自信はありましたが、自分でも少しびっくりしましたね。そこからお世話を続けていくうちに、ダックスと自分は相性が良いなと感じるようになって、今はメインにしています。

    ―なるほど!では、どのくらいの数のワンちゃんがいるのでしょうか?

    成田ブリーダー:大体20頭前後になりますかね。そのうち、父親になる犬が5~6頭、年齢の高いおばあちゃん犬が3~4頭くらいいます。

    ―少数精鋭でブリーディングしているのですね!

    成田ブリーダー:そうですね。それに、先ほども言ったようにお店の経営のこともあり、あまり数が多いとお世話が追い付かず、ワンちゃんたちもストレスを感じてしまうのでブリーダーを1/3、お店の経営を2/3といった風に仕事を分配しています。

    ―お店という形をとる以上、お客さんのことも大切にしたいですものね。

    成田ブリーダー:そうですね。うちは特に、昔から来てくれる方が多くいますので、トリミングはスタッフに任せて、接客や電話などのお客様対応は私がやるようにしています。

    22015.4.12もみじベビーベストイン

  • 健康で、オーソドックスなワンちゃんをブリーディングするようにしています

    モコ男の子2

    ―ワンちゃんたちの具体的な飼育環境、管理環境を教えてください。

    成田ブリーダー:繁殖の際にお母さんとなるワンちゃんは、基本的に自宅の2階でお世話しています。しかし、お店を訪れるお客さんの中には交配を希望される方もいるので、その際にすぐに見てもらえるように一部のお母さんと、お父さんとなるワンちゃんはお店に連れていきますね。あとは、トリミングが必要なワンちゃんもお店に連れて行ったりします。

    ―そうなんですね!ちなみに、運動の際はどうしているのでしょうか?

    成田ブリーダー:同じく自宅に12畳ほどの大きいベランダがありますので、そこに放して遊ばせています。その際、やっぱりオスのワンちゃんはマーキングをしてしまいますので、ベランダは水で流せるようにしています。

    ―清潔にしておかないとワンちゃんたちの病気などにつながりますからね。

    成田ブリーダー:そうですね。やはりワンちゃんも一年中健康というわけではないので、病気や健康面には特に気を付けて、一頭一頭の体調の変化に気を配っています。

    ―なるほど!では次に、交配の際に気を付けていることについて教えてください。

    成田ブリーダー:父親と母親の組み合わせに気を使っていますね。両親の血筋が近すぎると遺伝的な問題が発生してしまうので、時には信頼できる知り合いのブリーダーさんの親犬と交配させることもあります。

    モコ男の子2

  • ペットとしてではなく、家族として迎えてあげてほしい

    DSCF0318

    ペディグリーアワードを受賞した成田ブリーダー(写真右側)

    ―先ほどもお話しいただいた通り、長い間ショップを経営されていますが、主にどういったお客さんがいらっしゃいますか?

    成田ブリーダー:家族連れや若いカップルの方が多いですね。常連さんの口コミで来る方や、インターネットのサイトを見て遠方からわざわざ来てくれる方もいます。

    ―すごく情報が拡散されていますね!

    成田ブリーダー:そうですね。中には、お客さんの親戚から話を聞いて福岡に来てくれた方もいました。ただ、以前来たお客さんの中に、ペット禁止のマンションに住んでいるのに衝動的にワンちゃんを飼ってしまい、途中でお世話ができなくなってしまった方がいたので、子犬を送り出す前には、しっかりとその飼い主さんに犬と一緒に生活できる環境なのかどうかを聞くようにしていますね。

    ―せっかく送り出したワンちゃんが不幸になるのは辛いですからね

    成田ブリーダー:もう自分の子供のような感覚ですからね。なので、家族連れの方にも一度全員でお店に来てもらって、しっかりと家族全員の意見を合わせてから迎えてほしいと説明しています。

    ―なるほど。では、ブリーダーとして活動していく中で、やりがいを感じる瞬間というのはありますか?

    成田ブリーダー:自分のお世話したワンちゃんが、ドッグショーで賞を貰った時は「やっていてよかったな」と思いますね。2010年に、自家繁殖したカニヘンダックスの男の子が、ドッグショーでのポイントを最も多く獲得したワンちゃんに贈られる「ペディグリーアワード」という賞を受賞したんですが、その時はブリーダーをやってきて、一番喜びを感じました。

    ―ブリーダーとしての努力が実った瞬間ですからね!

    成田ブリーダー:そうですね。それと、以前うちからワンちゃんを迎えたお客さんから、メールでその子の写真や動画を頂いたりするのですが、そこでお客さんに愛され、生き生きと幸せそうに過ごしている姿をみると、安心すると同時にすごくうれしくなります。

    ―生まれたときからお世話をしている子には、やはり幸せになって欲しいですものね!

    成田ブリーダー:そうですね。あと、たまに里帰りということでお店にワンちゃんを連れて来てくれる方もいらっしゃいます。ただ、長くお店をやっているのでたまにお客さんに言われるまでうちで送り出した子だということに気づかないこともあります(笑)

    ―それだけ歴史があるということですね!それでは最後に、ブリーダーから犬を買おうと思っている方にメッセージをお願いします!

    成田ブリーダー:犬をしっかり愛しているブリーダーから子犬を迎えるようにしてください。ブリーダーの中には衛生面をおろそかにしたり、犬の管理が行き届いてない方もいます。ですので、ブリーダーとじっくりと話し、迎えた後もいろいろと相談できそうな方から迎えるほうが良いと思います。
    あとは、ワンちゃんをペットとしてではなく、家族としてお迎えしてあげてほしいですね。これから一緒に生活するにあたって、ワンちゃんもだんだんと年老いていくので、そういった将来のこともしっかりと考えて、お付き合いしてほしいです。

    DSCF0318

    ペディグリーアワードを受賞した成田ブリーダー(写真右側)

編集後記

地元の人から愛されている成田ブリーダー。新しくワンちゃんを迎えられる、家族の事もしっかりと考えられてその信頼が愛されている所だと感じました。また、ワンちゃんの質も考えられ、こだわりも持たれている成田ブリーダー。そんなブリーダーだからこそ、ワンちゃんを新しく迎える家族の方も安心して、迎えられるのだと思います。お話をさせて戴いて、素晴らしいブリーダー様でした!
成田ブリーダー、ご協力ありがとうございます!

成田裕子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

成田裕子ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー