小野武次ブリーダーインタビュー | 福岡県遠賀郡 | ポメラニアン、チワワ、キャバリア、ダックスフンド、マルチーズ、プードル

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。今回は福岡県遠賀郡にお住いの「小野武次ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての心構えなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
小野武次ブリーダー
犬舎
福岡県遠賀郡
取扱犬種
ポメラニアン、チワワ、キャバリア、ダックスフンド、マルチーズ、プードル

小野武次ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

小野武次ブリーダーの子犬を探す !

近所に住んでいたブリーダーさんに、ブリーダーとしての楽しみを教わりました

小野ブリーダー1

―まず、この業界で働き始めたきっかけを教えてください。

小野ブリーダー:サラリーマンとして働いていた時、子供のためにシェルティを飼い始めたんですが、その際に近所に住んでいたブリーダーさんのところに通って色々アドバイスを貰っていたんです。そうしているうちに、自然とそのブリーダーさんと親しくなり、交配、出産、売買といった3つの楽しみを教えていただいたのがきっかけですね。

―近所のブリーダーさんの影響がブリーダーを始められた大きな出来事だったんですね!

小野ブリーダー:そうですね。先ほどお話した3つの楽しみの中でも交配、特に親犬から子犬への遺伝といった分野に興味が出て、追及していくうちにその面白さにのめりこんでいき、知らず知らずのうちにお世話するワンちゃんが増えていき、今に至ります。

―そうなんですね!今現在、かなりの種類のワンちゃんをお世話されているんですか?

小野ブリーダー:昔は十数種類のワンちゃんをブリーディングしていましたが、お世話の大変さや売買の難しさもあるので、今はポメラニアン、チワワ、キャバリア、ダックスフンド、マルチーズ、プードルの6つの犬種をお世話しています。

―小型犬をメインにブリーディングをされているのですね!

小野ブリーダー:そうですね。それと、この6つの犬種の他に、最近ではミックス犬のブリーディングもやっています。以前は純血犬ばかりブリーディングしていましたが、世代を重ねると、どうしてもその犬種独特の病気や疾患の問題が出てきてしまうので、別の犬種の血を合わせることによってそういった問題を改善し、より健康なワンちゃんが育成できるように力を入れています。

―飼い主さんとしても、健康なワンちゃんをお迎えしたいですものね!

小野ブリーダー:そうですね。そして、これは私がお世話になっている動物病院の先生も言っていたんですが、実際、純血犬に比べてミックス犬の方が病気に強くなるんですよ。そのほかにも出産の際、純血犬だと出産に時間がかかったり、時には死産してしまったりすることがあるんですが、ミックス犬の場合は死産がほとんどなく、みんな元気に生まれて来てくれますね。

―すごく生命力が強いんですね!

小野ブリーダー:そうですね。しかし、あくまでも病気に強く、疾患が少ないのはF1交配という一番最初に交配させたものだけです。無作為に交配を繰り返したり、ミックス犬同士を交配させたりすると、生まれてきた子犬の体が弱くなったり、逆に病気にかかりやすくなってしまいますので、別の犬種で交配させる際は必ずF1交配のみにしています。

小野ブリーダー1

  • 可愛い、健康、毛が抜けにくい、臭くない、飼いやすいの5Kをモットーにしています

    小野ブリーダー2

    ―なるほど!そのほかで、交配に関して気を付けていることはありますか?

    小野ブリーダー:親犬にてんかんやヘルニアなど、明らかに遺伝的な疾患がある場合、絶対に交配させません。そういった場合、子犬にもその疾患が引き継がれる可能性がありますので。親を変えることで、その疾患を持たずに産ませることも出来ると言うブリーダーもいますが、私は少しでも疾患の可能性を減らしたいので交配させませんね。

    ―疾患を持って生まれたら、飼い主さんはもちろん子犬も辛い思いをしてしまいますものね。

    小野ブリーダー:そうですね。ですので、繁殖は全て自家繁殖にこだわっています。他所から親犬を連れてきた場合、自分で健康状態を確認できないなどの、不安があって怖くなりますが、自分で育成しておけばそういった不安や恐怖もなくなりますし、性格も把握できるので安心して子供を産ませてあげられます。

    ―ワンちゃんの健康に、細心の注意を払っているんですね!

    小野ブリーダー:昔は可愛いという理由だけでワンちゃんを選ばれる方が多くいましたが、最近は飼い主さんやお客様も知識を身に着けているため、可愛い、健康、毛が抜けにくい、臭くない、飼いやすいの、5Kがワンちゃん選ぶ際に重要になっています。ですので、私はその5Kをモットーにして、日々ワンちゃんたちのお世話をするようにしています。

    小野ブリーダー2

  • ワンちゃん同士の仲が良く、寝るときはコンビになっています。

    小野ブリーダー3

    ―具体的な飼育環境・管理環境を教えてください。

    小野ブリーダー:ワンちゃんたちに目が届きやすいように、自宅のすぐ近くに犬舎を構えています。13~14年前にペットショップを開いた際、車庫にしていた部分を改造した犬舎で、床を全て水で流して清潔を保てるようにし、朝と昼の1日2回掃除するようにしています。

    ―衛生面に気を使っているんですね!

    小野ブリーダー:そうですね。それと、ガレージを開けるとすぐに運動場に出られるようにもなっているんですが、その運動場もワンちゃんにダニやノミが付かないように床を全面コンクリートにしています。

    ―そうなんですね!運動させる際は、相性でグループ分けをしたりせずに、一斉に放しているんですか?

    小野ブリーダー:一斉に放していますね。うちにいるワンちゃんたちはみんな仲が良く、喧嘩をあまりしないので、相性などで気を使ったりすることはありません。ただ、交配犬にしようと思っている子は少し注意して見ています。

    ―みんなが仲良しなのは素敵ですね!犬舎の中でも、みんな一緒に過ごしているんですか?

    小野ブリーダー:いえ、犬舎の中ですと2頭ずつのコンビに分けてケージに入れています。そうすることで、ワンちゃんたちが不安を感じることなく過ごせますので、無駄吠えが減るんですよ。

    ―やはり、ワンちゃんたちも誰かと一緒にいたほうが安心できますものね。

    小野ブリーダー:そうですね。それに、ワンちゃんたちの中で大体仲良しのコンビが決まっているので、ケージに戻るときは自然と一緒に入っていきます。しかし、たまに4頭くらいのグループで一緒のケージに入ろうとするので、その際はちゃんとコンビに分けてケージに入れていますね。

    小野ブリーダー3

  • ワンちゃんを迎えたことで毎日が楽しくなったというお言葉を貰うのが嬉しいです

    小野ブリーダー4

    ―これまでのブリーダー生活の中で、やりがいを感じたエピソードなどがあれば教えてください。

    小野ブリーダー:うちからワンちゃんを迎えた、飼い主さんからありがとうと言っていただけたり、ワンちゃんを迎えたことで毎日が楽しくなった。というお言葉をもらった時は、やはり嬉しくなりますね。以前いらしてくれたお客様の中には、少し鬱気味な性格の方だったり、病気で体が弱かったりする方もいましたが、うちからワンちゃんを迎えたことによって鬱気味だった性格が明るくなり、病気が治って元気に回復したりしたので、そういったお話を聞いたり、直接お言葉をいただいたりしたときには、「この仕事をやっていて良かった」と思います。

    ―素敵なお話ありがとうございます!それでは最後に、ブリーダーから犬を買おうと思っている方へメッセージをお願いします!

    小野ブリーダー:ワンちゃんを飼いたいと思ったら、まず最初に自分の今の生活環境をしっかりと考え、そのうえで犬種やワンちゃんの性別などを選んでください。小さいお子さんやお年寄りの方と住んでいて、犬を飼い始めてからその人たちが犬アレルギーになり、ワンちゃんを手放さなければならなくなった飼い主さんもいますので、飼う前にはしっかりとそういったことがないかを確認し、ワンちゃんを飼っても大丈夫だと確信してから犬舎にいらしてください。

    小野ブリーダー4

編集後記

可愛い、健康、毛が抜けにくい、臭くない、飼いやすいの5Kをモットーにブリーディングをしている小野ブリーダー。

お話される内容の一つ一つからブリーディングへのこだわりとワンちゃんへの真摯な思いが伝わってきました!

小野ブリーダー、ご協力ありがとうございました!

小野武次ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

小野武次ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー