前川和加子ブリーダーインタビュー | 岐阜県多治見市 | チワワ、トイプードル、シーズー、フレンチブルドッグ

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。今回は岐阜県多治見市にお住いの「前川和加子ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての心構えなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
前川和加子ブリーダー
犬舎
岐阜県多治見市
取扱犬種
チワワ、トイプードル、シーズー、フレンチブルドッグ

前川和加子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

前川和加子ブリーダーの子犬を探す !

    ワンちゃんも飼い主さんも、幸せに生活して貰えるよう心掛けています

    前川ブリーダー3

    ―まず、ブリーダーとしての業歴は、どれくらいになりますか?

    前川ブリーダー:2017年の現在ですと、3年になりますね。しかし、独立する前に知り合いのブリーダーさんのお手伝いもしていたので、その期間を含めると7年くらいになります。

    ―そうなんですね!では、ブリーダーになろうと思ったきっかけというのは、何だったのでしょうか?

    前川ブリーダー:元々、犬も含めた動物全般が好きで、野良猫のお世話などをしていたんですが、無駄吠えしたり、飼い主に噛みついたりといった理由で捨てられたり、保健所に連れていかれたりするワンちゃんが多いという話を聞いたんです。

    ―理不尽な理由で捨てられてしまうワンちゃんは、いまだに多いですよね。

    前川ブリーダー:そうですね。それで、最初は保護活動に力を入れようと思ったんですが、そこでふと立ち止まり、「もっと飼い主さんたちにワンちゃんの性格やしつけのことを理解してもらえれば、捨てられたりするワンちゃんたちを減らせるのではないか」と考え、ブリーダーになろうと決心しました。

    ―飼い主さんたちに、ワンちゃんへの理解を深めてもらおうと思ったんですね!

    前川ブリーダー:その通りです。ワンちゃんたちは犬種によってよく吠えたり、気性が荒かったりと様々な性格の子がいますが、飼い主さんがそういったことを理解していないと、ただ単にうるさい犬、凶暴な犬として見られ、最後は捨てられてしまいます。そういったことを防ぐために、犬種の特徴や基礎知識はもちろん、しつけや接し方などもアドバイスし、ワンちゃんも飼い主さんも幸せに生活してもらえるよう心掛けています。

    ―なるほど!では、ブリーダーをしていく上で、コンセプトにしているところを教えてください。

    前川ブリーダー:身体的にも性格的にも、健やかなワンちゃんを育成することですね。世間の流行によってワンちゃんの小型化が進んだ結果、骨格が弱い子が最近多くなってきているので、そういったことのない健康なワンちゃんを飼い主さんに届けたいと思っています。

    ―健康面に力を入れているんですね!

    前川ブリーダー:そうですね。少数で、一頭一頭にしっかり気を配りながら丁寧に育てています。それと、自分の好きでというか、ペットのお世話の延長として始めた部分がありますので、家庭的な雰囲気を大切にし、家族としてワンちゃんに接するようにしています。

    前川ブリーダー3

  • チワワの外見と性格のギャップが魅力です

    前川ブリーダー2

    ―現在は、どういった種類のワンちゃんをお世話しているんですか?

    前川ブリーダー:チワワ、トイプードル、シーズー、フレンチブルドッグの4犬種になりますが、フレンチブルドッグはあまり表に出しておらず、交配しても生涯に2頭くらいなので、主に出産があるのはチワワ、トイプードル、シーズーの3犬種になりますね。

    ―そうなんですね!少数でお世話しているということでしたが、大体何頭くらいになりますか?

    前川ブリーダー:引退した子も含めて、15頭くらいになりますね。その中でも、トイプードルの数が一番多いのですが、飼い主さんからのお問い合わせが多いのもトイプードルですね。

    ―トイプードルが人気なんですね!

    前川ブリーダー:そうですね。それに、実際に犬舎を訪れる方の中には、アレルギーを持っている方もいますので、そういった方には毛が抜けにくく、アレルギーを発症しにくいトイプードルはおすすめしやすいですね。

    ―なるほど!では、前川ブリーダーいち押しの犬種は、4つのうちどれになりますか?

    前川ブリーダー:チワワになりますね。私が個人的に好きだということもあるんですが、元は番犬として重用されていた犬種なので、可愛い見た目に反して気が強く、その外見と性格のギャップが愛らしいです。また、忠誠心が強いので、一度飼い主だと認めた人にはずっと尽くしてくれるところも魅力だと思っています。

    ―守り神みたいな存在ですね!

    前川ブリーダー:そうですね。ただ、家族でお世話するときには、しっかりとしつけてあげないと、家の中でも敵と味方を作ってしまいますので、飼い主さんにはそういったこともしっかりと説明し、気を付けてお世話してほしいと言っています。

    前川ブリーダー2

  • 1頭1頭の個性を把握し、よりワンちゃんたちが過ごしやすくなるようにしています

    前川ブリーダー1

    ―そうなんですね!では、具体的な飼育環境を教えてください。

    前川ブリーダー:基本室内外で、昼間はケージに入れずに部屋の中を2つに区切って、そこに男の子と女の子を分けて入れて、好きに過ごさせています。それと、晴れた日には男の子と子犬のグループ、女の子と大人のグループに分け、3回ほど庭に放しています。

    ―お庭で運動と、ワンちゃんたちのストレス発散をしているんですね!

    前川ブリーダー:それもありますが、日光浴をさせてワンちゃんの健康を保つことも目的ですね。人間と同じで、ワンちゃんも陽の光を浴びないと不健康になってしまうと思いますので、晴れた日には太陽の下で過ごさせています。

    ―日光浴によって、ワンちゃんの免疫力も上がりますからね!

    前川ブリーダー:そうですね。そのおかげかどうかは分かりませんが、うちのワンちゃんたちが出産する際は、帝王切開をすることが少なく、みんな自然分娩で産まれて来てくれるんですよ。フレンチは少し特殊なので別ですが、チワワ、トイプードル、シーズーの出産で帝王切開したことは、これまで2回くらいしかありません。ですので、出産の際の不安が少なくなっていますね。

    ―そうなんですね!となると、妊婦となったワンちゃんも、晴れた日には庭で過ごしているんですか?

    前川ブリーダー:他のワンちゃんたちと同じように、庭で運動させています。妊婦といっても、やはりある程度の運動は大切だと思うので、部屋の中で安静にさせるのではなく、みんなと一緒にお外に放していますね。

    ―なるほど!では、夜はどのように過ごしているのでしょうか?

    前川ブリーダー:室内に入れ、寝るときにケージへ戻していますが、1人で過ごすのが好きな子もいれば、仲良しな子と一緒にいるのが好きな子もいますので、そういった個性と相性をみてケージに入れています。

    ―ワンちゃんの個性を大切にしているんですね!

    前川ブリーダー:最初に少しお話した通り、ワンちゃんも人と同じく様々な性格の子がいるので、1人1人の個性を把握し、よりワンちゃんたちが過ごしやすくなるようにしています。

    前川ブリーダー1

  • 飼い主さんの不安は、なるべく早く和らげてあげたいです

    前川ブリーダー4

    ―前川ブリーダーの犬舎には、主にどういった方がいらっしゃいますか?

    前川ブリーダー:主にお子さんが自立した方や、ご年配の方がよくいらっしゃいますね。中でも、ワンちゃんを初めて飼うので、ブリーダーに色々とお話を聞きたかったという方が多いです。

    ―そうなんですね!では、訪れる方がワンちゃんを迎える目的は、どういったものになりますか?

    前川ブリーダー:自分の子供として、ワンちゃんをお求めになる方が多いですね。子供がある程度成長したので、その子の兄弟としてワンちゃんを迎えたいという方や、子育てが終わって寂しいので息子、娘として迎えたいという方がほとんどです。

    ―ペットとしてではなく、家族として迎えたい方が多いんですね!

    前川ブリーダー:そうですね。息子さんが巣立たれた方は、今度は娘が欲しいということでよく女の子のワンちゃんを迎えられます。逆に、娘さんが巣立たれた方は、息子が欲しかったということで男の子ワンちゃんを迎えられたりします。

    ―飼い主さんによって、求める性別も様々ですね!では、そんな飼い主さんたちのために、何か工夫されていることはありますか?

    前川ブリーダー:アフターフォローに力を入れていて、ワンちゃんをお渡しするとき、飼い主さんの質問に答えることはもちろん、自分自身の持つ知識を全て教えるようにしています。そしてお渡しした後は、メールやLINEなどを使って、飼い主さんから寄せられる相談にすぐ対応するようにしています。

    ―すごく手厚い対応をしてるんですね!

    前川ブリーダー:ワンちゃんを迎えた直後は、飼い主さんにとって一番不安な時期なので、特に気にかけていますね。その中でも、初めてワンちゃんを迎えた方は経験がある方よりも不安が大きくなると思いますので、なるべく早くその不安を和らげてあげたいと思っています。

    ―そうなんですね!そうなると、ワンちゃんを送り出した飼い主さんとは、頻繁にやり取りしているんですか?

    前川ブリーダー:送り出した直後は、悩み相談などで頻繁に連絡が来ますが、1週間、1ヶ月くらい経つと、飼い主さんも慣れ始めて、徐々に連絡が少なくなってきますね。飼い主さんによってはその後も定期的に近況を伝えてくれる方もいますが、連絡が途絶えてしまう方もいますので、そういった方には年始の挨拶と共に「その後どうですか?」とお便りを出したりして、近況を教えてもらっています。

    ―やはり、送り出したワンちゃんが幸せに暮らしているかは気になりますからね。

    前川ブリーダー:そうですね。しかし、飼い主さんの中には、誕生日の時などにお祝いをしましたと写真や動画を送ってくれる方もいますので、それを見ると嬉しいと同時に、幸せに暮らしているんだなぁと思って安心しますね。

    前川ブリーダー4

  • 飼い主さんから貰う「この子を迎えて良かった」というお言葉がやりがいになっています

    前川ブリーダー5

    ―ブリーダーとして活動や、飼い主さんとの交流の中で、やりがいを感じたエピソードなどはありますか?

    前川ブリーダー:以前、犬舎に息子さん以外全員がアレルギー持ちで、その上おばあちゃんが根っからの犬嫌いという家族の方がいらっしゃったとき、不安ながらもトイプードルをお渡ししたんですが、その子がとってもフレンドリーだったので、犬嫌いだったおばあちゃんを犬好きにして、家の雰囲気を明るくしてくれたと感謝されたことがあるんです。その時は「やってて良かった」と思うと同時に、「犬の力ってすごい!」と感動しましたね。

    ―ワンちゃんによって、飼い主さんの家が明るくなるのは嬉しいですよね!

    前川ブリーダー:そうですね。他の飼い主さんからも、「この子を迎えてから毎日が楽しくなった」といったご意見をいただいたりしますので、そういった時は嬉しくなります。

    ―素敵なお話ありがとうございます!最後にブリーダーから犬を買おうと思っている方へメッセージをお願いします!

    前川ブリーダー:ペットではなく、家族を迎え入れる、家族が増えるといった気持ちでワンちゃんを迎えてあげてください。可愛いからと言って安易に迎えるのではなく、家族としてワンちゃんの一生に寄り添う心構えをもってほしいです。

    前川ブリーダー5

編集後記

ペットとしてではなく、家族としてワンちゃんを大切にされている前川ブリーダー。
一つ一つの言葉から、ワンちゃんへの愛と想いが伝わってきて、温かい気持ちになれました!
前川ブリーダー、ご協力ありがとうございました!

前川和加子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

前川和加子ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー

メインメニュー

閉じる