公開日:2017/5/10

最終更新日:2019/3/6

ポメラニアンのことが詳しくなる!性格・寿命・飼い方などの総まとめ

    ふわふわしていてまるでぬいぐるみのような“ポメラニアン”

    ポメラニアン
    photo by Alexandratx

    愛らしい外見に誰もが魅了されるポメラニアン。その姿から一度は飼ってみたい!と思う方も多いのではないでしょうか。ですが、実際ポメラニアンってどんな犬種でどんな性格なのか詳しく知っている人も少ないかと思います。今以上にポメラニアンのことを大好きになってもらえるように、ポメラニアンについてご紹介させていただきます。

    ポメラニアンについて知りたい!

    ポメラニアンのプロフィールについて

    ポメラニアン

    まずは基本情報としてプロフィールからご紹介させていただきます!


    犬種:ポメラニアン(Pomeranian)
    原産国:ドイツ
    サイズ:超小型犬
    性格:活発で元気、抱っこが大好きで甘えん坊。番犬としても優秀
    体高:18~22cm
    体重:1.8~2.3kg
    寿命:約12~16歳前後


    ポメラニアンは、スピッツ族のうちの1つの犬種でもある「サモエド」が祖先犬とされています。このときは、まだ中型犬以上のサイズでありましたが、毛色はほとんどが白色だったといわれています。

    その後、18世紀頃にイギリス国内に持ち込まれ、イギリスの貴族たちに大変愛好されたそうです。さらに19世紀中頃では小さいタイプが流行して今のポメラニアンが誕生したといわれています。特にビクトリア女王がポメラニアンを大変愛したことから、流行犬種にもなりました。


    【ポメラニアンの性格をもっと知りたい方にオススメ♪】
    飼いやすい?ポメラニアンの性格って?

    ポメラニアンの毛色は?

    ポメラニアン

    ポメラニアンの毛色は、ブラック、チョコレート、ブラック・タン(黒茶)、レッド(明るい茶色)、ブラウン、オレンジ、オレンジ・セーブル(明るさに濃淡のある茶色)、クリーム、ホワイト、ブルー(灰色)、ビーバー(濃いベージュ)、ウルフ・セーブル(灰に黒の差し毛)、パーティ・カラー(混色)などがいます。

    まれに、目の色が青い子やマール色(斑(大理石)模様)などもいるようです。遺伝性疾患が出やすいため、これらの子が生まれることもあるそうです。しかし、ドッグショーでは認められていないタイプでもあり、公認はされていません。それでも、どんな色であってもかわいい子たちなので、お迎えしたら沢山愛情を持って育ててあげたいですね。

    どんな体型でどんな毛質なの?

    ポメラニアンは、下毛がとてもふんわりとしています。特に頸まわりのたてがみのようなカラーや背上にある豊富な被毛で覆われた尾は、とても印象的です。また、フォクシー・ヘッド(キツネのような頭部)と尖った小さな耳、真ん丸とした大きな瞳に鼻筋が短く黒いお鼻が特徴的です。

    毛質については、とても柔らかくて肌触りがよいのですが、非常に抜け毛が多く、被毛がダブルコートなことから小まめなブラッシングと月1~2回のシャンプーが欠かせません。また、個体によって被毛が非常に伸びる子や毛量が多い子もいるので、定期的なトリミングが必要といえるでしょう。

    1 2 3 4

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

メインメニュー

閉じる