門前裕司ブリーダーインタビュー | 福岡県三井郡 | ウェルシュコーギーペンブローク、チワワ、トイプードル、豆柴

新しく家族に迎える子犬が、どんなブリーダーに育てられたのか知りたくないですか?ここではブリーダーナビで特に人気の優良ブリーダーを厳選してご紹介します。今回は福岡県三井郡にお住いの「門前裕司ブリーダー」にスポットをあて、インタビューをしました。犬種の魅力や特徴、ブリーダーとしての心構えなど必見です!

ブリーダー情報

ブリーダー名
門前裕司ブリーダー
犬舎
福岡県三井郡
取扱犬種
ウェルシュコーギーペンブローク、チワワ、トイプードル、豆柴

門前裕司ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

門前裕司ブリーダーの子犬を探す !

    子犬が産まれる瞬間に感動し、ブリーダーになろうと決心しました

    門前ブリーダー1

    ―まず始めに、この業界で働き始めたきっかけを教えてください。

    門前ブリーダー:小さいときからずっと犬と一緒に過ごしてきており、結婚して家庭を持ってからも、自分の子供のためにコーギーをペットとして飼っていました。そのコーギーが女の子だったので、子供の教育というか、命の尊さを知ってもらうために一度出産の場面を見せてあげようと思い、子犬を産ませてみたのです。その子犬が産まれる瞬間を見た際に、子供も私もとても感動し、その時から本格的にブリーダーを目指そうと決心して今に至ります。

    ―新しい子犬の誕生に心を打たれたのですね!では、ブリーダーとして活動するにあたってのコンセプトや、特に力を入れている部分はどこですか?

    門前ブリーダー:現在はコーギーをメインに繁殖させているのですが、特に力を入れている部分は、家庭でもお世話しやすく、性格の穏やかなコーギーを育てるよう努力しています。一般的にコーギーは元気が良く、ヤンチャでしつけにくいイメージがありますが、私の犬舎のコーギーは誰でも接しやすく、安心してお世話してもらえる子になるよう心掛けています。

    門前ブリーダー1

  • コーギーは家庭的で、接しやすいところが魅力です

    門前ブリーダー2

    ―コーギーがメインという事ですが、それ以外だと現在どのような犬種のお世話をされているんですか?

    門前ブリーダー:チワワ、プードル、豆柴の3犬種をお世話しています。

    ―コーギー以外ですと、小型犬をメインでされているのですね!全て含めるとどれくらいの数になるんですか?

    門前ブリーダー:親犬のみで大体60頭くらいになります。そのうち23頭はコーギーとなっていますね。子犬は時期によって数が全然違ってきますが、多いときだと20~30頭くらいをお世話しています。

    ―そうなんですね!となると、やはりお客さんや飼い主さんからのお問い合わせが多いのもコーギーになるのですか?

    門前ブリーダー:ほとんどコーギーになっています。というのも、コーギーを育成しているブリーダー自体数が少なく、現在コーギーを飼いたいと思ってペットショップに行っても、中々扱っていないんですよ。さらに、以前からコーギーを飼っていた方なんかは、またコーギーを迎えたいという方が多いですので、ネットでうちのことを知って、わざわざ犬舎まで訪れてくれます。

    ―そうなんですね!では、門前ブリーダーが考えるコーギーの魅力を教えて下さい。

    門前ブリーダー:家庭的で、接しやすいところが魅力だと思っています。コーギーは本来、従順で人懐っこい性格の犬です。そして、活動的な性格なので、お子さんがいる家庭ですと友達や兄弟のように過ごすことができます。また、公園などに一緒に遊びに行ってもいきなり他の人に噛みついたりするようなこともないので安心して遊ばせることができます。

    ―まさに家族の一員としてお付き合いできるのですね!

    門前ブリーダー:そうですね。ペットというより、お子さんの弟や妹のような感じで接することができると思います。

    門前ブリーダー2

  • スタンダードに近い、しっかりとしたコーギーを育てることを目的にしています

    門前ブリーダー3

    ―HPなど拝見させていただきまして、これまでにドッグショーや展覧会に出場し、数々の賞を受賞しているとのことでしたが、ドッグショーや展覧会に出る目的や意義を教えてください。

    門前ブリーダー:自分のブリーディングの指標にするために出場しています。自分では「良い犬を育てた」と思っていても、それがその犬種のスタンダードからかけ離れている場合もあります。ドッグショーでは「いかにその犬種のスタンダードに沿って育成しているか」が審査の対象となりますので、そこでジャッジを受けてよりスタンダードに近い、しっかりとしたコーギーを育てることを目的にしています。

    ―自分のブリーディングに対する答え合わせをしている感じですね。

    門前ブリーダー:ドッグショーの審査は、見た目はもちろんですが、性格も重要な審査対象となりますので、私はチャンピオンになる犬は家庭で飼うのに最適な犬という証明になっていると考えています。なので、一般の方にペットとして可愛がって貰える犬を育てるためにも、ドッグショーに出ることは大切だと思っています。

    ―なるほど!では、これまでブリーダーとして活動してきた中で、やりがいを感じた瞬間などはありますか?

    門前ブリーダー:犬舎から送り出した子が、新しい飼い主さんに可愛がられて、幸せに暮らしているのが分かると嬉しいです。以前、中学生や高校生のお子さんがいるご家庭で、反抗期のため親子の会話があまりないという飼い主さんがおられたのですが、うちからワンちゃんを迎えたことで共通の話題ができて、家の中が明るくなったというお話をいただいた時は本当に嬉しくなりました。

    ―送り出したワンちゃんが、家族としてお迎えされるという事ですからね!

    門前ブリーダー:私は飼い主さんの家庭や生活を明るくするのが、送り出したワンちゃんの仕事だと思っているので、先ほどのような話を聞くと嬉しくなると同時に「ちゃんと仕事をしているな」と思って安心しています。なので、送り出したワンちゃんにはペットとしてではなく、本当の家族の一員として飼い主さんの心の支えになってくれたら本望です。

    ―素敵なお話ありがとうございます!それでは最後に、ブリーダーから犬を買おうと思っている方へメッセージをお願いします。

    門前ブリーダー:ワンちゃんを一度迎えると10~15年は一緒に過ごすことになりますので、迎える前にはワンちゃんの性格をしっかり見極めてください。特に、母親の性格は子犬に引き継がれますので、ただ単に「可愛いから」という理由で子犬だけを見るのではなく、母親の方にも目を向けてワンちゃんを選んでほしいです。

    門前ブリーダー3

編集後記

コーギーを愛し、ワンちゃんの性格を重視する門前ブリーダー。
飼い主さんとワンちゃんの幸せな生活を第一に考える、素晴らしいブリーダーでした!
門前ブリーダー、ご協力ありがとうございました!

門前裕司ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

門前裕司ブリーダーの子犬を探す !

その他のブリーダーインタビュー