愛犬の散歩はいつから?回数や時間、必要なしつけやグッズについても

愛犬との散歩の必要性

散歩中の犬
photo by pasja1000

飼い主さんの多くは「ワンちゃんには散歩が必要」と、漠然と散歩の必要性を感じているものの、その理由を知らない方もいるのではないでしょうか? 中には「散歩はしていない」という方もいるかもしれません。
体の大きさや犬種によって必要な時間や距離は異なりますが、総じて言えるのはワンちゃんを飼ったのなら毎日の散歩は欠かせないということです。

なぜワンちゃんには散歩が必要なのか

では、なぜ散歩は必要なのでしょうか?
いくつか理由はありますが、最も大きな理由は「健康のため」です。
散歩は、ワンちゃんの肥満を防止し健康な体を作るための運動であり、ストレス解消のための時間でもあります。また、日光を浴びることでビタミンDの生成やホルモンの分泌などが促されるという側面もあり、散歩は目に見えない部分でもワンちゃんの健康維持に役立っています。

このほかにも、飼い主とのコミュニケーションの一環として、社会と接するという意味でも、ワンちゃんにとって散歩は必要なのです。

愛犬の散歩はいつから始められる?

散歩中の犬
photo by HeungSoon

初心者の方が子犬を飼い始めて、楽しみであると同時に悩みでもあるのが、散歩を始める時期ではないでしょうか? では、ワンちゃんを家族に迎えて、散歩を始めるのはいつ頃が最適なのか確認していきましょう!

基本はワクチン接種終了から2週間後

ワンちゃんの散歩はワクチン接種を終えて、獣医さんから許可が下りたら可能になります。

狂犬病などの重大な感染症の免疫が出来上がっていない子犬は、家の外でほかのワンちゃんや動物などに接触すると、病気に抵抗することができません。そのため、子犬が散歩デビューするには、ワクチンプログラムが終了して、感染症に対する免疫力がついてからになります。

子犬へのワクチンは、一般的に2回、免疫のでき方によっては3回行われることになります。
1回目のワクチンは生後1~2ヶ月半頃に行います。2回目はそこから1ヶ月後くらいに接種するため、お散歩デビューは早くても生後3~4ヶ月頃。これは大型犬でも小型犬でも大きな違いはありません。場合によっては3回目のワクチン接種もあるため、遅くなるとこれよりさらに1ヶ月ほど後になるでしょう。

ワンちゃんのワクチン接種に関して、下記の記事でも解説しているので参考にしてみてください。
犬の健康管理には何が必要?アプリやチェックシート、健康診断を解説

散歩の回数や時間、散歩コースはどうすればいい?

ワンちゃんには散歩が必要とはいえ、全ての犬種が同じ回数、同じ時間を散歩させるわけではありません。
1日に必要な運動量はワンちゃんの体の大きさや犬種によって異なるため、愛犬によって調整する必要があります。

では、体のサイズによる散歩の時間や距離は、どのくらいの違いがあるのでしょうか?

小型犬~大型犬まで、体格の違いによる散歩の目安

ワンちゃんに必要な散歩時間や距離は、サイズや年齢によって異なります。
体の大きいワンちゃんや若いワンちゃん、運動が好きな犬種ほど長い時間・距離が必要になり、より多くの運動量を確保しなくてはなりません。
ただし、子犬の頃に成犬と同じだけの散歩をさせると、逆に健康を害してしまうかもしれません。散歩デビューしたばかりなら、まずは5~10分程度から始めていくと良いでしょう。

・小型犬
 トイプードル、ミニチュアダックスフンド、ビションフリーゼ、パグ など
骨格が小さく筋肉量が少ない小型犬は、それほどの運動量を必要としません。特に小さなチワワなどの超小型犬の場合、長時間の運動は体に負担をかけてしまいます。
20~30分程度、1日1、2回散歩すれば十分でしょう。

・中型犬
 柴犬、コーギー、ビーグル、ボーダーコリー など
中型犬は小型犬よりも運動量が必要になるので、1日2回、1回30分以上を目安に散歩するといいでしょう。ただし、運動好きな犬種の場合、歩くだけではストレスの発散にならないので、週に1回程度ドッグランで思い切り走らせてあげるといいかもしれません。

・大型犬
 シベリアンハスキー、ラブラドールレトリバー、ダルメシアン、秋田犬 など
大型犬の場合、1回あたり60分程度の時間をかけた散歩が1日2回必要です。長い距離を歩くことを意識して、たまに走らせるようにするといいでしょう。
ただし、大型犬は成長する前に過度な運動をさせると、股関節形成不全などの障害を抱える危険があるので、1歳頃までは注意してあげてください。

毎日の散歩コース同じ方がいい?変えた方がいい?

お散歩は「量」だけでなく「質」にも気を遣いたいところです。
1日2回の散歩を毎日欠かさずしていれば仕方ないことですが、毎日の散歩はワンパターンになりがちです。いつも同じ内容では飼い主もワンちゃんも飽きてしまいます。
愛犬とのお散歩を楽しく満足度を上げるためにも、何通りかの散歩コースを作り、日によって使い分けるといいでしょう。例えば、人の多い大通りを歩いたり、自然の多い公園を選んだり。同じコースであっても、ルートを変えたり逆回りするなど、少しの工夫だけでも違ってきます。

子犬を探す

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。