2016/5/27 20:03:02

マルチーズだって吠えるんです…吠え癖をしつける前に理解しよう

    1.大人しくても吠える子は吠えるんです

    しつけ、その前に

     マルチーズは、非常に大人しく性格の良い優秀な家庭犬と言われている犬種です。事実、大人しい子が多くまるでぬいぐるみのようと親しまれています。

    ですが、誤解してはいけないのは、マルチーズも意思を持つ動物です。その意思表示の仕方は人がしゃべる事と同じように【吠える】事で示します。
    そもそも犬が吠える行為そのものを、人は【なぜ】【どのような時】に吠えるのか理解していない事が多いです。人は、犬が吠える行為そのものを不愉快に感じる為、ただひたすら吠える行為をやめさせようと躍起になります。

    問題解決に至るまでに、その疑問を理解しようとしなければ根本的な吠え癖を抑える事は出来ません。
    しつける為にも、犬の行動学を理解しなければならないのです。

    photo by kitty.green66

    マルチーズが吠える理由

     マルチーズが吠える理由として行動学的に言うと以下の通りあります。

    ・自己防衛
    ・寂しさ
    ・遊び
    ・警告、注意

    どれも犬にとって当たり前の状況で吠えている為、それを頭ごなしに制御する事は土台無理な話です。ですが、飼い主さんがマルチーズが吠える行為をある程度抑える、または防ぐ事は可能です。

    大人しく吠えにくい犬種と言われているという事は、そういう子もいるわけであり、少なからずしつけさえすれば吠え癖を抑える事が出来るという事がうかがえます。
    まずは、一度に吠える回数を減らす事、刺激に対して反応して吠える機会とその刺激の種類を減らす事で、自然と吠えない静かな時間を長くしていきましょう。

    その為にもマルチーズがどんな状況の時に吠えていて、何を求めているか理解しましょう。

    2.吠える理由、具体的に調べてみよう

    仔犬の頃の社会化不足

     仔犬の時の重要な時期とも言われている社会化期ですが、この時に周囲のものや人、犬に対して馴致が行われなかった場合、成犬になった時に攻撃性や恐れの発達につながります。
    結果として、見慣れないものや人、犬に対して自己防衛として攻撃性を示す事があるのです。

    外界からの刺激を与えてこないという事は、それだけ未知なものが多くなるという事であり、それが敵か味方かどうか判断ができません。
    いくら味方であるという事を伝えてもマルチーズからしたら新たな刺激についていけず吠えるという事は仕方ないのです。

    その為にも、社会化期に環境を整えて充分刺激を与えるように気を付けなければなりません。

    photo by Deidre Woollard

    飼い主さんによる強化学習

     そして、上記に続いて多い理由として飼い主さんが吠える行為そのものを学習させてしまっている事もあります。
    吠えた時に正しく対処してこなかった場合、誤った報酬を与えてきた結果、吠える行為そのものを強化させてしまっているのです。

    この時の報酬は、おやつなどだけでなく、吠えた時に飼い主さんが近づいて声をかけてなだめたり、叱ったりしてしまう事も報酬になり得るのです。
    飼い主さんは吠え続ける行為をやめさせる為に意識的に(あるいは無意識に)行う事が多いです。

    これらの飼い主さんの対応は、吠える事で意識が自分に向けられるマルチーズにとって報酬として作用する為、吠える事を強化してしまうのです。
    仔犬のうちでも成犬のうちでも、この学習は起こり得る事なので充分に注意しなければなりません。寂しさを感じるマルチーズが、飼い主さんの意識を向ける為に呼びかけているといってもいいでしょう。

    photo by tiarescott

    行動ニーズが満たされない

     最後に、これも年齢問わず起こる事なのですが、しつけ云々の問題ではなく、日常の飼い主さんの接し方次第で吠える行動が過剰になる事があります。
    飼育環境で【行動ニーズ】が満たされない場合、マルチーズは些細な刺激に対して興奮しやすくなる傾向があります。マルチーズだけではなく、室内で飼育されている小型犬に多い傾向が見られます。

    空間的自由

    ケージではなく、自由に動き回る事ができる

    探索行動

    外界の自然に触れる事で、新しいものに触れる、においを嗅ぐ、などといった調べる行為そのもの。散歩が当てはまる

    人や犬との触れ合い

    社会的な刺激、遊ぶ事

    環境に対する犬にとって当たり前の行動

    咬む、においをかぐ、なめるなどの全体的な行動。例えば歯がむずがゆい、退屈であったりする時におもちゃのロープを噛んだりして欲求を満たす

    このような【行動ニーズ】が満たされない場合、エネルギーが有り余ってしまいストレスが溜まってしまいます。結果として過剰に吠える事でストレスを発散しようとする為、断続的に吠える事が目立ってしまいます。

    photo by LiteWriting aka Loreen72

    3.マルチーズの吠え癖の効果的なしつけ

     まず、現在の飼育環境を見直してみましょう。上記にある【行動ニーズ】が満たされているかどうか、満たされないまましつけを行っても意味がありません。
    また、吠える事を強化させるような行動をとっているならばすぐに辞めるようにしましょう。この二つを改善してからしつけに取り組みます。

    実際吠えてしまった時に抑える為の有効な方法として、飼い主さんがマルチーズをコントロールする事です。

    吠えた瞬間に「スワレ」などといった命令を出す事で、一時的に意識を飼い主さんに向けるのです。
    犬が断続的に吠える時は、腋を大きく広げて肺に大きく空気を取り込む状態である為、その体勢にさせないようにする事がポイントです。

    ただし、これは日ごろから訓練をしている場合のみです。スワレやフセを教えていない場合は、吠え始めた瞬間に大きな金属音を立てて驚かしてみましょう(音の犯人を飼い主さんだと気づかれないように)。

    吠える=嫌な音が鳴る、と学習させる事で、次第に吠える回数が少なくなっていきます。このような学習方法を嫌悪学習と称します。

    あとは、吠えている時は徹底的に無視をしましょう。ですが、これはマンションなど集合住宅でない環境である必要があります。無視する事は少なからずしばらくは吠え続けるという事ですので、そうなりますとご近所さんとトラブルに発展しかねませんので注意しましょう。

    photo by chadh

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

子犬を探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
毛色
地域
地域選択する
価格
性別
生後
販売
状況
動画

保存した検索条件(子犬)

保存している検索条件はありません

ブリーダーを探す

閉じる

犬種
犬種を選択する
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
地域
地域を選択する

メインメニュー

閉じる