秋田犬がしやすい病気やケガって?事前に知って万が一に備えよう

秋田犬が気を付ける病気やケガ

秋田犬
photo by aki sato

秋田犬は生まれつき皮膚が弱かったり、大型犬に多く見られる股関節形成不全になりやすかったりする傾向があります。その他にも眼疾患など、気を付ける病気やケガがあるので注意が必要です。なりやすい病気やケガを把握して、異常が見られた場合は動物病院を受診しましょう。

目の病気

失明する恐れがある「ブドウ膜皮膚症候群」

秋田犬
photo by patricia

免疫の異常によって、眼や皮膚に症状が現れる自己免疫疾患で、別名「フォークト・小柳・原田病様症候群」とも呼ばれています。秋田犬で多く見られ、遺伝が関与していると考えられています。


症状

眼の赤みや涙の増加など眼に異常が顕著に現れるため、飼い主は気づきやすいです。皮膚では、鼻や唇、眼の周りなど脱色されて皮膚の色が薄くなる症状があります。

ブドウ膜炎や白内障、緑内障を併発することもあり、進行すると失明する場合があるので早期発見・早期治療が重要です。



予防
遺伝が関係していると言われているため、予防は難しいと考えられます。

治療
眼の治療に加えて、免疫抑制剤を全身投与します。症状が落ち着いたとしても免疫への治療は一生涯行う必要があります。

眼に炎症が起こる「眼瞼内反症」

瞼が内側にめくれ、結膜や角膜に刺激となり炎症が起こる眼疾患です。


症状
瞼が内側にめくれることで、まつ毛や瞼が刺激を与え結膜炎や角膜炎を引き起こします。眼を痒がったり痛がったりする様子が見られ、放っておくと炎症が治りにくくなります。


原因
瞼の変形やケガなどによって眼瞼内反症を発症する場合もありますが、先天的に発症することが一般的です。


予防
先天的に起こる病気なので予防は難しいでしょう。重度になる前に早めの治療が大切です。


治療
瞼を手術で矯正することによって治療できます。症状が軽い場合は、点眼や眼の刺激となっているまつ毛を抜くなどの方法も取られます。

皮膚の病気

秋田犬に多い「マラセチアなどの皮膚病」

秋田犬
photo by esmalen

秋田犬は皮膚が弱い傾向があるので皮膚病には気を付けなければなりません。べたつきがあり、痒がっている様子が見られた場合はマラセチア性皮膚炎を疑いましょう。


症状
赤みや脱毛、痒みなどが症状として現れます。特に脇や指の間などの皮膚が重なり合っている部分に多いです。皮膚症状の他にも、外耳炎もよく見られます。


原因
マラセチアは常在する真菌ですが、適切なスキンケアができていなかったり食事のバランスが偏っていたりするとマラセチアが増殖し皮膚に悪影響を与えます。脂漏症やアトピー性皮膚炎によってマラセチアが増える場合もあります。


予防
スキンケアや食事内容の改善などを行ってマラセチアを増やさないようにしましょう。


治療
マラセチアに効果のある薬用シャンプーや薬浴などでスキンケアを行います。抗真菌薬も用いられることもあります。

子犬を探す