探す

ブリーダーナビガイダンス

おすすめコンテンツ

ラブラドールレトリーバーの子犬を探す

ラブラドールレトリーバーの特徴

ラブラドールレトリーバーはイギリスが原産国の犬種。つぶらな瞳に垂れ耳が特徴。性格は温和でフレンドリーです。成犬時の大きさはオスの体高が56~57cm、メスは54~56cmが標準とされています。

※性格や大きさには個体差があります。

検索結果89

※価格は全て税込みです

並び順

※価格は全て税込みです

ラブラドールレトリーバーの毛色データ

こちらは過去1年間にブリーダーナビで販売されていたラブラドールレトリーバーを、毛色ごとに分けたグラフです。

ラブラドールレトリーバーの毛色比率

※このデータは、2021年10月01日~2022年09月30日にブリーダーナビで販売されたラブラドールレトリーバーを対象としたものです。(n=118)

販売頭数の多い毛色

ラブラドールレトリーバーの毛色は多い順に、「ブラック(黒)(55.1%)」,「イエロー(34.7%)」,「チョコレート(10.2%)」という結果になりました。

ラブラドールレトリーバーの男女比データ

こちらは過去1年間にブリーダーナビで販売されていたラブラドールレトリーバーの男女比をあらわしたグラフです。

ラブラドールレトリーバーの男女比率

※このデータは、2021年10月01日~2022年09月30日にブリーダーナビで販売されたラブラドールレトリーバーを対象としたものです。(n=119)

男の子が52.9%、女の子が47.1%と、男の子の方が多い結果となりました。


一般的に男の子は元気で素直な犬が多く、女の子は比較的落ち着きがあり穏やかな犬が多い傾向にあるといわれています。また排泄方法や習性、避妊・去勢手術など性格以外にも違う部分がいくつかあるので、ライフスタイルに合わせてお迎えする犬の性別を検討するとよいでしょう。ブリーダーさんに相談してみるのもおすすめです。

地域別でラブラドールレトリーバーの子犬を探す

価格別でラブラドールレトリーバーの子犬を探す

月齢別でラブラドールレトリーバーの子犬を探す

毛色別でラブラドールレトリーバーの子犬を探す

性別でラブラドールレトリーバーの子犬を探す

ラブラドールレトリーバーに似ている犬種の子犬を探す

他の人気犬種の子犬を見る

サイズ別で子犬を探す

こだわり条件での検索もお試しください

ブリーダーナビ アワード子犬検索バナー

ブリーダーインタビュー


川原祥孝ブリーダー(千葉県)

川原ブリーダーの詳細ページはこちら

ラブラドールレトリーバーの魅力は?

Q.ラブラドールレトリーバーの魅力について教えてください


頭の良さが『ピカイチ』なところです。

教えたことをすぐに覚える子が多いので、しつけもしやすいかと思います。

ラブラドールレトリーバーを飼う際のコツや気を付けることは?

Q.初めてラブラドールレトリーバーを飼う人が知っておくべき、飼い方のコツを教えてください


個々の性格によって違いはありますが、やんちゃな性格の子は進行方向を確認せず突っ込んで行く子をよく見かけるので、遊んでいる時にケガをしないように注意が必要です。

またラブラドールレトリーバーは、おもちゃでとことん遊ぶ傾向にあります。

大事なものは必ず手の届かない場所に保管していただき、必ず愛犬用のおもちゃを用意することをおすすめします。

ラブラドールレトリーバーの遺伝性疾患や、かかりやすい病気と対策

Q.ラブラドールレトリーバーがかかりやすいといわれている病気や、遺伝子疾患などはありますか


当犬舎では、遺伝性疾患を抱えている子は繁殖を行っていませんが、一般的にラブラドールレトリーバーが発症しやすい病気は下記のようなものがあります。

悪性リンパ腫(リンパ肉腫)、股関節形成不全(股関節形成異常)、外耳炎、胃捻転(胃拡張胃捻転)

Q.川原ブリーダーの犬舎で日頃から気を付けているラブラドールレトリーバーの病気や対策は?


垂れ耳の犬種なので、耳の中が蒸れやすく、汚れが溜まりやすい傾向にあります。

そのため耳トラブルを招きやすいので、当犬舎では適度な耳掃除を行い、常に清潔な状態を心掛けていますね。

また定期的なブラッシングをし、皮膚に異常がないかも小まめにチェックを行っていますよ。

それ以外にも、ラブラドールレトリーバーなどの大型犬は股関節の病気を患いやすい傾向にあります。

特に犬の股関節形成不全は遺伝的要因が7割を占めるといわれていますので、繁殖の段階で遺伝性疾患を持っている子がいれば繁殖を行わないようにしています。

Q.ラブラドールレトリーバーをお迎えした飼い主さんができる、病気への予防対策があれば教えてください


垂れ耳の犬種の場合、梅雨から夏にかけて外耳炎の発症が増えるため、いつもより丁寧なケアが必要です。

特に夏場はプールや川、海などに愛犬を連れて行く方も多いかと思います。

そのとき、耳の中に水が入ったりすると外耳炎が起こりやすくなるので注意していただきたいですね。

また食生活の偏りや運動不足による肥満はもちろんのこと、成長期の激しい運動や関節に負担のかかる生活は行わないように注意して欲しいなと思います。

見学から引渡しまで

Q.見学から引渡しまでの平均的な日数はどれくらいですか?


通常ですと、見学からお引き渡しまでの日数は約1ヶ月くらいになります。

Q.過去の引き渡しの最短日数は?


最短記録は、引渡可能時期の56日経過してすぐです。

最短の方はお写真を見て「絶対にこの子をお迎えする」と決めていらっしゃったみたいです。

なので、お迎え可能時期に合わせていらっしゃいました。

Q.逆にお迎えを決めてから引渡しまでの最長記録は?


最長で約2〜3ヶ月ですね。

その方は、どうしても予定した日程にお迎えが難しい事情があったためです。

事情も事情でしたので、2回目のワクチン代とごはん代をご負担していただくことをご了承いただいた上でお預かりさせていただいていました。

もしもご家庭の事情で「この日は難しい」等あれば、日程調整をさせていただきますので、気兼ねなくご相談ください。



川原ブリーダーの詳細ページはこちら

ブリーダーさんに聞く!1問1答

ラブラドールレトリーバーを飼うのに向いている人は?
しっかりと面倒を見てあげられる人。

ラブラドールレトリーバーは毎日のお手入れがとても大切です。

抜け毛や外耳炎などの対策として、小まめなブラッシングや耳掃除が必要だからです。

そのため定期的なシャンプーなどのお手入れができ、しっかりと面倒を見てあげられる人が向いているといえます。
      
ラブラドールレトリーバーを飼うのに向いていない人は?
犬との時間をもてず、金銭的余裕がない人。

全ての犬にいえることですが、飼い主さんのお世話なくして生きていくことができません。

「仕事が忙しい」などの理由で犬との時間をもてない人は、お世話もままならないですし、大型犬を飼うのはちょっと難しいと思います。

またラブラドールレトリバーは大型犬に分類される犬種です。

食費や日用品はもちろんのこと、予防接種や医療費などお金がかかってきます。経済的余裕がない人が飼うのは大変な犬種だと思います。
      
ラブラドールレトリーバーを飼うのに向いている環境は?
専用のスペースが確保できる広さがあること。

大型犬のトイレスペースは、体の大きさの1.5倍が必要といわれています。

そのため、最低でも畳1帖は必要ですし、ケージを合わせるとなると最低でも畳4帖弱以上は必要かなと思います。
      
ラブラドールレトリーバーを飼うのに向いていない環境は?
ひとり暮らしの方が住むようなワンルームや1Kなどの物件。

狭い環境での生活はラブラドールレトリバーにとって大きなストレスになりかねません。

なるべく自宅は広く、のびのびと暮らせる環境が望ましいといえます。

また生活音が響きやすい集合住宅だと、隣近所とのトラブルを招いてしまう恐れもあります。

どうしてもラブラドールレトリバーを飼いたいのであれば、防音対策が取れている一軒家や広めの2LDK以上のマンションなどに引っ越すことをおすすめします。
      

川原ブリーダーの詳細ページはこちら

ラブラドールレトリーバーはどんな犬種?歴史や特徴などを解説

ラブラドールレトリーバーの歴史

大型犬の人気犬種として、安定した人気を誇るラブラドールレトリーバーですが、ここまで人気の理由はどこにあるのでしょうか?

ラブラドールレトリーバーが歩んできた歴史とともに紹介していきます。

 

ラブラドールレトリーバーの基本データ

  • 原産国:イギリス
  • 理想体高:オス56~57cm、メス54~56cm
  • 平均体重:オス27~34㎏、メス25~32㎏

ラブラドールレトリーバーの性格傾向

ラブラドールレトリバーは、穏やかで飼い主に従順な性格をしています。また、介助犬や盲導犬として活躍していることからも分かるように、賢くしつけの覚えが早いので、飼いやすい犬種としても有名です。

ラブラドールレトリーバーの性格について、より詳しく知りたいという方は、下記リンク先のページもご覧ください。

ラブラドールレトリーバーの毛色の種類

ラブラドールレトリーバーの毛色として知られているのは、「黒」「イエロー」「チョコレート」の3つ。

黒はラブラドールレトリーバーの代表的な毛色です。イエローは日本で最も多く見かける毛色で、盲導犬として活躍している姿を街中で見かけた方も多いでしょう。チョコレートはレバーとも呼ばれ、アメリカで最も一般的な毛色ですが、日本ではあまり見かけることはない毛色です。

下記リンク先のページでは、ラブラドールレトリーバー毛色や種類について詳しく解説しています。これからラブラドールレトリーバーの子犬をお迎えしようと考えている方は、こちらの内容も参考にしてみてくださいね。

ラブラドールレトリーバーの歴史と身体的特徴

現在も盲導犬など、人間をサポートしてくれるパートナーとして活躍しているラブラドールレトリーバーですが、実は昔から身近な存在でした。
ここでは、ラブラドールレトリーバーの歴史を、身体的な特徴と合わせてご紹介します。

ラブラドールレトリーバーの起源は?

ラブラドールレトリバーはカナダに起源を持つ鳥猟犬ですが、イギリスに輸出されそこで繁殖した結果、現在は原産国がイギリスになっています。

ラブラドールレトリバーの祖先は、16世紀にイングランドからニューファンドランド島へ持ち込んだ使役犬と島原産のニューファンドランド犬とのミックスです。

当時ニューファンドランド一帯は「ラブラドール」と呼ばれていたため、明確に犬種を区別するため「ラブラドールドッグ」と呼ばれるようになりました。ここに「獲物を回収する」という意味のレトリーバーと言う言葉が加わり、現在のラブラドールレトリーバーと呼ばれるようになったといわれています。

水かき持つ水鳥回収の王

ラブラドールレトリバーは、別名『king of water fowl(水鳥回収の王)』と呼ばれています。

この呼称からも分かるように泳ぎが得意で、撃ち落された水鳥を回収するための狩猟犬として活躍してました。また、小さな船を引くなど漁師の手伝いをするなど、泳ぎが必要な場面でさまざまな活躍をしていたのです。

身体的な特徴にもその名残があり、ラブラドールレトリバーの指の間には、水かきがついているので、機会があれば確認してみてはいかがでしょうか。

アメリカでは圧倒的な人気を誇る犬種

ラブラドールレトリーバーは、アメリカでは圧倒的な人気を誇る犬種で、「アメリカンケネルクラブ(AKC)」が発表した「米国で最も人気のある犬種」では、なんと29年間連続1位という快挙を達成しました。住宅事情から小型犬が好まれる日本とは、好まれる犬種の違いが分かる結果といえるでしょう。

では、なぜラブラドールレトリーバーは、アメリカでここまでの人気を誇るのでしょうか。
もちろん、単純にかわいいという点が挙げられますが、それだけでなく、賢くしつけやすく飼いやすいという点も大きく関係しているのは間違いありません。

それは、盲導犬など多くの使役犬として活躍していることからも分かるように、我々人間にとって頼れるパートナーとして愛されていることが、何よりの証といえるでしょう。

まとめ

人気の大型犬といえば、必ず名前が挙げられるラブラドールレトリーバー。
温厚でおとなしい性格と賢さから、どんなご家庭でも安心して迎えられる点も人気の理由といえるでしょう。

本記事の内容をご覧になり、魅力的なラブラドールレトリーバーの理解をより深めていただければ幸いです。

また、下記ページではラブラドールレトリーバーの飼い方について解説しています。こちらも参考にしてみてくださいね。

ラブラドールレトリーバーの
子犬を見てみる

ラブラドールレトリーバーのお役立ちコンテンツ

Useful content


子犬を探す

閉じる

5件まで保存できます。5件以上保存した場合古いものから削除されます。
保存している検索条件はありません