佐藤 亜紀子ブリーダー|秋田県|ミックス犬、デザイン犬

佐藤 亜紀子ブリーダー|秋田県|ミックス犬、デザイン犬

気になる子犬がどんなブリーダーに育てられているのか気になりませんか?今回は秋田県大館市にお住いの「佐藤亜紀子ブリーダー」にインタビュー。愛情を注ぎながら、徹底した健康管理と多種多様なしつけでお客様に信頼されている佐藤さん。ブリーダーを目指すきっかけは幼少期の経験が大きかったそうです。

ブリーダー情報

ブリーダー名
佐藤 亜紀子ブリーダー
犬舎
秋田県大館市観音堂716-5
取扱犬種
ミックス犬、マルプー、ポメチワ、チワプー、チワマル、ポメプー、チワックス、マルックス、オリジナルデザイン犬(ぺキマルプー、マルプープー)

佐藤 亜紀子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

佐藤 亜紀子ブリーダーの子犬を探す !

幼少期の経験がブリーダーの原点

佐藤 亜紀子ブリーダー

―お忙しいところありがとうございます!本日はよろしくお願いします!

佐藤ブリーダー:よろしくお願いします(^^)

―早速ですが、ブリーダーになるきっかけを教えていただけますでしょうか?

佐藤ブリーダー:私が小学校3年生の頃、お世話をしていた野良犬が赤ちゃんを産んだことでした。5匹くらい生まれたんですけど、真冬の秋田の寒さが想像以上で、とても過酷な状況での子育てだったんです。

幼いながらに毛布を持って毎日食べ物を運び、できることを一生懸命にやって、日々成長していく子犬に夢中になりました。

子犬が離乳してから、子犬を飼ってくれないかと、町内の家々に何度も足を運んでお願いして回りました。そんな小学生の無茶なお願いを聞いてくれるご家庭もありまして、自分の手で届けることができたんですね。お迎えしてくれた方々には可愛がってもらっていて、毎日成長を見に行きました。

それで、その時に子犬を育てることや、新しい家族に迎え入れてもらえる喜びを覚えたんです。

今はもう見かけなくなりましたが、昔は野良犬が多かったんですよ。歩ていると野良犬がついてきて。私は犬がとっても好きだったので、何頭も自分の家で飼いました。

それでも飼いきれないワンちゃんはもちろんいて、どこかの家の軒下で赤ちゃんを産んでるワンちゃんって当時は結構いたんですよ。そういったワンちゃんも、自分なりにお世話していて、それがブリーダーというお仕事の原点になっているのかもしれません(笑)

―やっぱり小さい頃の経験って大きいですもんね。

佐藤ブリーダー:はい。ブリーダーになったのは「純粋に犬が好きだ」という気持ちから始まっていますね。

―幼少期から変わらず、ずっとワンちゃんが好きなんですね。ブリーダーになられてからはどれくらい経ちますか?

佐藤ブリーダー:27年くらいですね。今までは「外のワンちゃんとか野良犬をもらってきて育てる」というのが当たり前だったのですが、18歳くらいの時にポメラニアンを2匹飼いました。そのポメラニアンのワンちゃんを繁殖するところからブリーダー人生が始まりました。

―長きにわたってブリーダーとしての経験を積まれているんですね。ブリーディングする上でのこだわりはどんなことでしょうか?

佐藤ブリーダー:お譲りする子犬は、これから生活していく上で重要な「基本的なしつけ」を済ませてからお渡しします。

しつけのプロが手をかけてしっかりとしつけを済ませているので、初心者様でも安心してお迎えいただけると思います。

私の犬舎でのしつけは、スクールのように性格や性質が固定してきてからの困りごとの改善とは異なって、幼いころから無理のないように性格形成というものを行っています。

具体的には幼いころから人に触れ、人に慣れてもらい、社会性を学ぶ機会を作ります。そうすることにより、穏やかで飼育しやすい性質な子に育ってくれるんですよ。なので攻撃性を持つ子はいません。

幼いころにきちんと基礎ができると、大人しく従順で賢く育てやすい子になるので、お迎えいただいてからも問題が起きづらいんです。その点から考えても、性格が固定される2ヶ月未満にプロの手でしっかりとした愛情をかけて指導していくことは大変効果の高い、価値のあるものだと思っています。

平等に学びの機会を与え、社会性を身につけることで、今後の飼育で発生するであろう問題点の「噛みつき」や「吠え癖」などを未然に防くことができるんです。

―それだけしっかりとしつけをされていると安心ですね!

佐藤ブリーダー:27年の積み重ねきた経験や、お客様からの悩みを受けて、自分なりの指導法というものができあがりました。

でも、まずはしっかりと愛情をかけるということですね。生まれたときから必ず毎日触るようにしているので、人を怖がったりするワンちゃんはいないですよ。

―従順で飼育しやすいワンちゃんたちなんですね。

佐藤ブリーダー:そうですね。ショードッグを作っているわけではないので。一般の家庭で可愛がってもらえるように、人に慣れてもらえるようにしています。

―健康面で気をつけていることなどを教えていただけますでしょうか?

佐藤ブリーダー:スタッフの数も多いので、健康チェックはしっかり行えています。

ケージは1匹1ケージにすることで、毎日の排便や排尿を細かくチェックして異常がないか管理できる体制を整えています。

1匹1ケージだと他の子にごはんを食べられてしまうということを防げるので、食欲はあるのか、食いつきはどうかなどもチェックしやすいんです。

病気の対策に関しては、換気と日々の消毒は大切ですね。常に清潔な環境を保てるようにしています。換気扇も特別なものを用意して、空気がこもらないように気をつけています。

皮膚病のチェックも欠かせません。毛がもじゃもじゃしてしまうと皮膚の状態がチェックしづらくなってしまうんです。なので皮膚の状態がチェックしやすいように、毛はトリミングして、シャンプーも定期的に行うようにしています。

他にも遊んでいるときにケガをしていないか、目に細菌が入って目やにが出ていないかなど、そういうことも含めてチェックできるようにしています。


全てのワンちゃんを把握できるように

佐藤 亜紀子ブリーダー

―犬舎やワンちゃんたちはどんな様子ですか?

佐藤ブリーダー:うちのスタッフはとにかく犬が大好きな人達なので、ワンちゃんたちに愛情と手間をかけて育てています。

先ほどの健康面の話にも繋がってくるのですが、ケージの清掃、運動量は足りているか、痛いところはないかなど、全てのワンちゃんのことを把握できるようにしています。

そういった努力もあるので、親犬にあたるワンちゃんたちは、どの子もみんな人懐っこくて良い子に育っています。中にはしつけを専門に行うスタッフもいるので賢くもありますよ。

成犬になってからお譲りするワンちゃんもいるんですけど、セラピー犬として施設や幼稚園で活躍する子もいるくらいお利口さんなんです。

―佐藤さん含めて、スタッフみなさんの愛情にワンちゃんも答えてくれてるんでしょうね。

佐藤ブリーダー:子犬の場合は成犬よりも管理が大変なので、成犬の倍以上の時間と労力をかけています。私にとって子犬は孫のような存在で、子どもより孫の方を可愛がるところあるじゃないですか?(笑)

―そうかもしれません(笑)

佐藤ブリーダー:なので、かなり愛情と手間をかけて育てています(笑)

―ワンちゃんたちの運動はどうされているんですか?

佐藤ブリーダー:頭数が多いので、ドッグランに連れて行くのが難しく、広い犬舎内に室内運動場を作りました。その中で放して遊ばせているんですよ。

気をつけているのは仲良く遊んでくれる組合せと、ケンカを始めてしまう組合せがあって。ワンちゃんもそれぞれに相性があるので、そこには配慮しながら遊ばせています。

―相性もしっかり把握されているんですね。

佐藤ブリーダー:そうですね。動きたくない子もいれば、動き過ぎる子もいて。運動場で遊んでからもケージ内にあるおもちゃで遊ぶ子もいるんですよ。そうすると同じごはんの量を与えていても痩せてしまうんです。

体重も運動量によって変わりますし、フードに関しても100gで300カロリーなのか400カロリーあるものかによって異なりますから。

同じように接していても、痩せてくる子もいれば太ってくる子もいるので、とにかく一頭一頭のチェックは欠かさないようにしています。

―細かく丁寧に管理されているんですね。

佐藤ブリーダー:それが私の仕事だと思っていますし、愛情を注いで健康な子に育てることが、可愛い子を産んでくれることにも繋がるのかなと。お客様からもきちっとやることで信頼してもらえると思っています。


飼育しやすいデザイン犬にも注力

佐藤 亜紀子ブリーダー

―佐藤さんはデザイン犬(ミックス犬)の作出にも取り組まれていますよね?どんなワンちゃんたちなんでしょうか?

佐藤ブリーダー:家庭犬の理想とする特徴を、より多く備えるような組み合わせを考えてデザインされたワンちゃんです。純血種では補うことができない「性格の良さ」や「体の丈夫さ」など、家庭犬として理想的な特徴を兼ね備えています。

―具体的にはどんな特徴がありますか?

佐藤ブリーダー:大きな長所としては、病気に強いという特徴があります。複数のワンちゃんが交じり合うことで、弱点となる遺伝因子が淘汰されるんですよ。それによって健康的な因子が強化され、遺伝疾患や特定の病気にかかりやすいといった弱点も薄れていきます。なので、デザイン犬には純粋種特有の病気などが少ないんです。

抜け毛や体臭も少ないので、お手入れがしやすいのも特徴です。

―オリジナルのデザイン犬もいらっしゃると伺いました。

佐藤ブリーダー:一番人気のワンちゃんである「ぺキマルプー」です。

―マルプーは有名ですが、ペキマルプーということはペキニーズの血が入っているということでしょうか?

佐藤ブリーダー:はい。マルプーは意外と細身ですらっとしたの体つきですが、ぺキマルプーはお目目がとても大きく、骨密度が高い丸みのある体型をしています。骨折事故などは一度も聞いた事がないくらい丈夫なワンちゃんなんです。

―どんな性格のワンちゃんですか?

佐藤ブリーダー:ペキニーズの血が入っているので穏やかで、性質が安定していますよ。

マイペースで物怖じしない穏やかなタイプで、運動場で走らなくても室内の遊びでも満足してくれます。共働きのご家庭など、長く運動の時間を作ってあげられないご家庭でも飼いやすいと思います。


オリジナルの子犬マニュアルも

佐藤 亜紀子ブリーダー

―見学からお迎えまでの流れについても伺えますでしょうか?

佐藤ブリーダー:見学の時は子犬の健康状態や成長の様子、両親の情報などを詳しく説明しています。そこで気に入っていただけたということであれば売買契約をさせていただきます。

ワンちゃんが小さい頃に見学してもらうことが多いので、引き渡しまでの時間にしっかりとしつけをしながら大切にお預かりしています。それから時期が来たらお渡しという形を取らせていただいています。

―見学時にワンちゃんの情報を詳細にお伝えできるのは、管理が行き届いている証拠ですよね。

佐藤ブリーダー:メールなどでも気になることがあれば連絡してもらっています。

お預かりしている間は、一緒に子育てをしていると思っているので、定期的にお客様にはこういう風に成長していますよという報告も行っています。

お客様のお手元にはワンちゃんがまだいない状態ですけど、写真や動画で様子が分かるように小まめな連絡を心がけています。

―お迎えが待ち遠しくなりますね。

佐藤ブリーダー:もちろんお名前もお客様に付けてもらって、その名前で呼んで育てています。そうするとワンちゃんも名前を覚えてくれるので。お客様の元へ巣立ってからも自分の名前を呼ばれると安心感が生まれるんです。

また、お客様が着ていたTシャツやタオルを送っていただいて、ワンちゃんにその匂いを覚えてもらうようにしています。

―なるほど。

佐藤ブリーダー:すごく小さい子であれば送っていただいたものベッド代わりに敷いたり、少し遊べるくらいの大きさであれば、もらったタオルを結んでおもちゃ代わりにしたり。そうすることでお客様のことを安心できる存在として覚えてもらいます。

―ワンちゃんが新しい環境でも安心して過ごせるようにしているんですね。

佐藤ブリーダー:はい。見学の時もしっかりお客様に抱っこしていただいて、それだけでもワンちゃんは覚えてくれるんですよ。なので、なるべく見学に来ていただいたときは触れ合っていただけるようにしています。

―契約の際にはどんなことをお話しされていますか?

佐藤ブリーダー:まず手作りの資料をお渡ししています。ワンちゃんを飼うのが初めてという方でも分かりやすいように作成したもので、これまでのブリーダーとしての経験を踏まえた子育てマニュアルであったり、お客様から過去にご相談された内容を元にしたQ&A集や、ワンちゃんを初めて迎えてから3日間の過ごし方や注意点などをまとめています。

中でも一番喜んでいただけているのはトイレのしつけ方法でして、いろんな方法があるんですけど、たくさんのワンちゃんを育ててきた経験から一番良かった方法を掲載しています。

―いつでも見ることができるマニュアルのようなものがあるとお客様も安心できますよね。初心者の方は特に分からないことが多いと思いますし。

佐藤ブリーダー:そうですね。みなさんがワンちゃんを飼われた経験があるわけではないですからね。私の経験だけではなく、ブリーダー仲間から聞いた話なども入れ込んでいます。

ワンちゃんを飼ったことのある人にとって当たり前のことでも、初めて飼う人にとっては知らない情報がたくさんあるんですよ。

なので私も漏れのないようにしっかりとお伝えしています。

―お客様がワンちゃんと幸せに暮らしていけることを願ってのことですよね。ブリーダーナビで成約特典としてプレゼントをお送りしていますが、そのほかにプレゼントしているものがあれば教えてください。

佐藤ブリーダー:価格面に関してですと、1回目のワクチンと生体価格に対する消費税は省かせていただいています。

それと保障という形で通常は2万円いただいている「まごころセット」というものがあるのですが、そちらも無料でお付けしています。

「まごころセット」の一部内容ですが、1ヶ月の生命保証や半年以内に先天性の病気などで亡くなってしまった場合の保障をお付けしています。

そのほかにも基本的なことですが、健康面やしつけ面でなにかあればいつでも連絡してもらうようにしています。

あとは、シャンプーとお手入れで綺麗にしてあげてからお渡しすることも行っています。

―健康面やしつけ面での相談にもお答えしているとのことですが、お渡し後のアフターフォローについて詳しく教えてください。

佐藤ブリーダー:生涯にわたって力になれればと思っているので「10歳になってから頻尿になってきたんですよ」などでも大丈夫です。

しつけに関しても、お客様の多くが悩む部分だと思います。育ててきたワンちゃんの性格は把握しているので、その子にあった方法をご提案できるように心掛けています。ですので、どんな相談でもお悩みでもお気軽にご連絡ください。

―不安や悩みをプロの方に相談できるというのは、ブリーダーさんからお迎えする大きなメリットですもんね。

佐藤ブリーダー:これはアフターフォローとは別かもしれませんが、ワンちゃんにとって匂いは重要でして、自分が育ってきた犬舎の匂いはやっぱり安心するんですよ。なので、犬舎の匂いが付いたおもちゃもお渡ししています。

―ワンちゃんが不安にならないようにしているんですね。

佐藤ブリーダー:はい。そのおもちゃじゃないと遊ばないという子も中にはいたりするので(笑)


お客様の心のケアでもできれば

佐藤 亜紀子ブリーダー

―これまでお客様とのやり取りで印象的だったことはありますか?

佐藤ブリーダー:あるお客様のお話ですが、長年飼われていたワンちゃんが亡くなり、とても寂しい思いをされていて。それから新しい家族を迎えることを決意されて探していたんですが、なかなか希望のワンちゃんに巡り合えなかったそうなんです。

そんな時に私の犬舎を偶然訪れてくれまして「やっと出会えた」と嬉しそうに決めていただいたんです。亡くなったワンちゃんにそっくりだったそうで。

ワンちゃんを亡くしてから、新しい家族を探される方はやっぱりこだわりが強いんですよ。前の子に対する想いがありますから。

そのお客様がお決めになられた理由は顔が似ているだけじゃなく、奥様と誕生日が一緒だったからなんです。「これは運命だね」とお話しされていて。

この方に限らず、初めてワンちゃんに会った時や写真で見たときに「前の子とそっくりだ」と驚く方がいらっしゃるんです。まだ私にしか慣れていないはずのワンちゃんが、初対面のお客様の膝にピタッと近寄ったことがあって、「前の子もお父さんの膝が好きだったんですよ」なんて言われることもありました。

ワンちゃんは必ず、飼い主さんに分かる「しるし」のようなものを持って生まれ変わってくると信じているんです。なのでお客様がワンちゃんと再会を果たす瞬間に立ち合えている気がしていて。

そう思うようになったのは、ハートマークの模様があるワンちゃんを飼っていた時でした。セラピー犬としていろんなボランティア活動をその子と行っていたんですが、10歳の時に病気で亡くなってしまいました。

私もかなり落ち込んでいたのですが、その子とまるっきり同じ模様を持ったワンちゃんが生まれたんですよ。表情や行動も同じで、そういった経験もあって、ワンちゃんは生まれ変わってきてくれるんだと思うようになりました。

―ペットロスから新しい家族をお迎えすることを考える方は少なくないと思います。そういった面でも、ブリーダーとしてたくさんのお客様と関わってきた佐藤さんだからこそ寄り添える部分もありますよね。

佐藤ブリーダー:私自身もワンちゃんを失った時の辛い想いを経験していますので、ペットロスで傷ついているお客様のケアもできればなと思っています。

スタッフにペットロスカウンセラーや​ハートケアアドバイザー​の資格を持った者がおり、精神面からもお客様のサポートできる体制を作っております。

―そういった心のケアもされているんですね。

佐藤ブリーダー:子犬を迎えたくても「やっぱり前のワンちゃんに悪い……」と考えるお客様もいらっしゃるんです。そういう方の心も支えたくて。

愛犬を亡くしてしまい、喪失感で心の行き場を無くしてしまっている方に対し、辛くて苦しい状況を乗り越えて前へ進むための道筋を示して差し上げるのもブリーダーとして大切な仕事なのではないかと。

―ブリーダーとしてのやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

佐藤ブリーダー:自分が育ててきたワンちゃんをお客様にお渡しする瞬間というのはとても感慨深いです。

お客様が喜んでくれることはもちろんなんですけれども、ワンちゃんにとってこれから新しい生活が始まるとともに、そのご家族にとっても新しい1ページの始まりになるので、ワンちゃんと飼い主様のご縁を結ぶお手伝いさせていただくことを嬉しく思っています。

―それでは最後に、これからワンちゃんをお迎えしようと検討している方に向けて、メッセージをいただけますでしょうか?

佐藤ブリーダー:初心者の方でも安心して暮らせるようにという想いから、子犬にはしっかりと指導し、お客様にも豊富な知識と経験を元に、分かりやすく指導方法をお伝えしています。

お迎えいただいたご家族からは「大変飼育しやすい子犬で本当に感謝しています」とお褒めの言葉をいただき、子犬のしつけに関してハイレベルのサービスをご提供できていることを誇りに思っています。

へその緒を結ぶ時から、何度も触れて愛情いっぱいに育てておりますので、とても従順で良い子たちです。

負担のかかるようなしつけは一切せず、子犬は遊びの一環としてストレスなく基本的なしつけを学んでいます。

性格の良いワンちゃんを親犬として厳選し、自信を持って子犬の作出をしていますので、ぜひご縁を持たせていただければ嬉しく思います。

編集後記

ワンちゃんに対してもお客様に対しても真摯に対応されているのが伝わってきました。27年というキャリアを活かされ、どんな悩みにもお答えしてくれるというのは、初めてワンちゃんを飼う方も安心できるのではないでしょうか。徹底した管理とお客様のご要望に応じた多種多様のしつけで、たくさんのお客様の信頼を得ている佐藤さん。ミックス犬が気になっている方は、ぜひ佐藤さんのワンちゃんを一度ご覧になってみてください。
佐藤さん、取材のご協力ありがとうございました!

佐藤 亜紀子ブリーダーの子犬が気になる方はこちら !

佐藤 亜紀子ブリーダーの子犬を探す !

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • LINEで子犬探しを相談できる

    LINEでブリーダーナビがあなたにぴったりの子犬をお探しいたします。気軽にご相談くださいね。

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。